ウチカレのネタバレ 最終回10話の あらすじと感想!2人が選ぶ未来は一体?!
スポンサーリンク

ウチカレのネタバレ 最終回10話の あらすじと感想!

https://twitter.com/uchikare_ntv/status/1372185722459877379?s=20

2人に、プロポーズされモテ期到来の碧

大切な人に気づいた空

2人が選ぶ未来は一体何なのでしょう。

今回は「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」10話(最終回)の

あらすじストーリーと感想をご紹介していきたいと思います。

ウチの娘は、彼氏が出来ない!10話(最終回)のあらすじ 

風雅(豊川悦司)は、碧(菅野美穂)に長期の仕事が

沖縄で決まったので一緒に来ないかと誘います。

とても、嬉しそうにしていた碧。

でも、告白された返事もしてないのに、どうして誘ってきたのでしょうか。

 

家に帰って空に報告しますが、次の日に漱石が

編集長と共に家にやってきてNY転勤の話しをしました。

漱石からもNYに一緒に行かないかと言われて、嬉しさ倍増!

もう、誰からも誘われる事はないと思っていたのに、

モテ期到来かと思っていましたが、

行くには空と離れないと行けないことを思い知ります。

 

空は一緒について行かないので、碧だけいっておいでと、少し突き放しました。

そして、空が一緒に行かないならと色々考えていましたが、

その頃、ゴンちゃんのお店に風雅が行きました。

何かと喧嘩を売る風雅の態度に、ゴンちゃんは痺れをきらし、殴ってしまいます。

碧は自分の気持ちに気づかない!

空もその現場にいて泣いてやめて欲しいと懇願しますが、

ゴンちゃんは思いの丈を風雅に伝えます。

俺が、碧を守っていくといい、風雅は二度と近づくなと話しました。

風雅は何故か殴られているのに笑っているのです。

その理由が空だけには分かっていました。

 

殴った事を電話で知りましたが、風雅の事を心配する碧に、

少し気持ちは風雅にあるのかもしれないと思いましたが違いました。

まだ碧は自分の気持ちに気付いていなかったのです。

 

光との漫画製作も終盤になってきた空。

光の事が大事だと気づき始めている空は、前に抱きついてから、

あまり会うことが出来ていませんでした。

 

それも、なぜなのか分からなくて空は、戸惑っていましたが、

不意に空は、ある思いを抱いていることを思い知りました。

わたる先生に会い、カフェで別れ話をしている2人。

こんなにも、話が合うのに別れてしまうんですね。

語り合う二人

2人はこのまま上手くいくのかと思っていましたが光のことを

好きな事をきちんと伝えて2人は笑顔で別れました。

空は、ちゃんと最初はわたるのことが大好きで付き合えた事に

凄く感動していたし、新しい経験をしたと嬉しい笑顔で2人で語り合っていました。

 

いつかまた会ったときに昔の話が出来たらいいですね。

そして、碧に戻りましょう。

家で1人で考えていました。

誰と一緒に行くべきなのか。

その時、ゴンちゃんが家にうなぎ焼きを持ってやってきました。

 

一緒に食べないのかと聞きましたが、配達の途中に寄っただけだからと帰っていきました。

碧は、風雅の事、漱石のことを全部考えました。

漱石は病院に入院した時に、3ヶ月待って欲しいと伝えていました。

だけど、3ヶ月待っても漱石はNYに行ってしまう。

 

離れてしまう事を考えていましたが、予想以上に寂しくはならなかったのです。

でも、オワコンだと思っていた碧に漱石が泣いて

気持ちを伝えてくれた事や、自分をこれからも必要だと

必要な存在だと思わせてくれた事に感謝していました。

2人はお互いを忘れたくなくて抱き合いました。

 

気持ちは両思いにはならずに、終わってしまいましたが、

2人は友達のように、戦友のように抱き合い、

今から2人とも頑張っていこうと誓い合いました。

 

次に残っているのは風雅だけ

パンを買いに出た碧は、風雅がいるおもちゃ屋さんの前を通り、

一緒に話しをすることにしましたが、そこでは結論は出ませんでした。

 

でも、家に帰り空と話していると風雅は、

もしかしたらゴンちゃんと碧をくっつける為に

一芝居うったのではないかと空は、言い出します。

そんな事ないと碧は言いますが、空は、前に風雅と

旅行に言った時に話した事があると言いました。

 

そんな事を言うとは思えなかった空でしたが、

碧は目をつぶって誰と一緒にいたいのか想像してみました。

すると、碧の先をスタスタ歩く女の子が居ました。

やっぱり、空と一緒にいたいのです。

 

これからも空も一緒に居たくて、泣きながら話します。

翌日、風雅に沖縄には行けない事を話しました。

寂しそうにしていましたが、空は、嬉しいのか子供に

帰ったようにブランコを全力で漕いでいます。

風雅も碧もその光景を見て幸せそうにしています。

 

最後に別れる時に空は、風雅が撮った自分の写真が欲しいと言い出します。

風雅の写真も撮りたいといい、碧は3人で撮ろうと話しました。

みんな笑顔で過ごし、別れる事ができました。

光との漫画もコンテストで賞を貰うことが出来て、2人はとても幸せそうでした。

 

家に帰り光、碧、空の3人で喜びの舞をまいました。

話はハッピーエンドで終了しました。

スポンサーリンク

ウチカレ 最終回10話の感想!碧は結局空を選んじゃう

https://twitter.com/uchikare_ntv/status/1372185284171886596?s=20

ゴンちゃんとは一緒にいなかった。

碧は結局、空を選びました。

それだけ、血は繋がっていなくても、母親と娘になっていたんですね。

子供と一緒にいることがすごく幸せで、そっちを選んだ碧は凄く楽しそうなのです。

その光景を見ていると筆者もとても幸せな気分になりましたが、

やっぱり母親が笑っていてくれると嬉しいです。

それに、母親も子供が幸せなら嬉しいです。

碧は、付き合うことができるなら幸せではなくて

誰かに必要とされて小説を書いていきたかった。

風雅が覚えていてくれたことも、嬉しかったし、

漱石が必要としてくれたことや今までの事を

評価してくれた事もすごく嬉しかったはずです。

だからそれだけで、満たされたので碧も幸せになっていて良かったです。

ゴンちゃんは、恋愛関係ではなく碧と空を守っていく

守護神みたいな存在なのかもしれません。

この先どうなっていくのかは分かりませんが、

いつまでも2人が幸せでいて欲しいです。

スポンサーリンク