ウチカレ/ウチの娘は彼氏が出来ない 1話のネタバレ あらすじ 感想!親子の恋の勝負の結末・・・
スポンサーリンク

ウチカレ/ウチの娘は彼氏が出来ない 1話のネタバレ あらすじ

 

東京でありながら下町っぽい親しみのある町、すずらん町。

 

この物語の主人公は水無瀬空。彼女は私立大学に通いながらも根っからのオタク気質を持ち日々コミケに行ったりアニメを観る生活。

 

母の碧はかつて恋愛小説の女王として一世を風靡した小説家でシングルマザーです。

 

そんな二人ですが、時にケンカしながら友達母娘として仲良く日々生活しています。

 

しかしある日碧のもとに担当編集である小西が訪れ、担当が変わることを告げられます。

 

新しく担当になったのは若手のイケメン、橘漱石。

 

そして初のミステリー小説「アンビリカルコード」が失敗に終わってしまい打ち切りになつた事を告げられます。

 

漱石に変わり、また恋愛小説で一発人気を取り戻してもらう様崖っぷちの状況になってしまいました。

 

書くにも、自分が恋愛できてない事を問題に思っている碧ですがそんな碧の事を空は碧の幼なじみの居酒屋のゴンちゃんに相談していました。

 

ゴンちゃんも独身ですが、特に浮いた話はなし。

 

また空は大学の華やかな人間とは特に関わりなく、ひっそりと生きていますがある日ゼミの同級生で

 

みんなに人気者のモテモテ男・入野光に声をかけられ食事に誘われます。

 

他の同級生からも、空のことを「あいつ可愛いんじゃない?」噂しれながらも当日になるの空は馴染めず帰ってしまいます。

 

しかし空はある日外で歩いてると落とし物をしてしまい、素敵な男性に拾ってもらう事になります。

 

その場だけで終わってしまいましたが何だか気になる様子。

 

また漱石も言い寄られている女性が社内におり、彼女からのアプローチを受けながらもイマイチ気が乗らない雰囲気。

 

また、小西からは碧の事を見限る様な事を言われても諦めず碧に電話をかけ励ます様子。

 

彼も碧の事が気になってる様です。そして碧は恋愛作品をなんとか作ろうと四苦八苦しますが、

 

全然筆がのらずしかも四十肩になってしまう始末で全く進まず悩んでます。

 

空とケンカしたり仲直りしたりの碧ですが、空から「小説の為に恋をする」と碧の為に宣言。

 

また、ある日碧は気分転換にマッサージに行くことに決めます。

女性のマッサージ師からここからの仕上げは、最近入ってきた方に変わると言われ碧が振り返ると

 

そこには目も覚める様なイケメンがいて驚く碧。

 

それは空が道端で偶然会った素敵な男性と同一人物でした。

 

そして彼のかっこいいだけではない、飾らないそのいでたちに一発で心を奪われてしまいました。

 

図らずとも、空と碧の親子の恋の勝負の火蓋が切って落とされました。

スポンサーリンク

ウチカレ/ウチの娘は彼氏が出来ない 1話のネタバレ 感想

浜辺美波さんと菅野美穂さんが親子役なんて、男性からしたらこんなにいい事ないなと思います。

また菅野さんの演じる碧ですが、恋多く凄い無邪気で可愛い女性ですがぴったりの役だと思います。

逆に浜辺さんはまさかのめちゃくちゃオタクな役で、逆にイメージに全くない役柄でこちらはこちらで凄い新鮮に感じます。

この相反する感じが相乗効果をもたらして面白いドラマになると期待しています。

碧は昔から無邪気で天真爛漫、ゴンちゃんとすごくお似合いな感じがしますがまずはこの恋がどうなるか見ものです。

空は空で光に気にかけられながらも、マッサージ師の彼のことが気になってるからこれからどうなるか見守りたいと思います。

そしてその光ですが、ここに岡田健史くんを持ってくるなんて

なんて豪華なドラマなんだとキャストだけでも期待が膨らんでしまいます。

普段大学でチヤホヤされている彼ががこれから空のことを気になって

どうアプローチしてくるのかを観たいですし、

空の事を好きになってしまうと思うのでその恋の結末がどうなるのか。

空も恋愛すると言ってるので、最終的には光の方に行くかなと思います。

さすがに年上過ぎますし、親子愛を描きながら恋愛模様の行方を楽しませて頂きます!
ペンネーム:かものはあまさん~30代男性~

 

スポンサーリンク