ウチカレ/ウチの娘は彼氏が出来ない 6話のネタバレ あらすじと感想!マジっ!空は碧さんと血が繋がっていない
スポンサーリンク

ウチカレ/ウチの娘は彼氏が出来ない 6話のネタバレ あらすじ

碧と空の血が繋がっていない!?

 

疑惑が出てきた先週ですが、6話ではハッキリ分かっちゃいます。

 

今まで秘密にしていた事が空に分かってしまいそうになりパニックになる碧。

 

それでは、早速「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」6話についてご紹介していきます!

 

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」6話のあらすじストーリー

 

漱石(川上洋平)は、破局したショックでドライブしようと思ったのか熱があるのに車を運転してしまいました。

 

40度の熱があり、意識朦朧とした漱石は車線を外れ事故しそうになりました。

 

なんとか、事故は免れましたが、その時、碧(菅野美穂)から電話が鳴りました。

 

漱石の雰囲気が違うと感じた碧は、編集長に頼み迎えに行ってもらいました。

 

病院に運んできてもらった漱石の元に、碧が急いでやってきました。

 

碧は、漱石の落ち着いた顔を見て安心したのかキスしそうになりましたが、漱石が止めました。

 

今は、碧の新しい小説も企画が通り力を入れていかないといけません。

 

漱石は、3か月先までとりあえず待ってほしいと漱石に言われると、碧は、あっさり分かったと受け入れてしまったのです。

 

碧のあっさりした性格に、漱石はあんぐりしてしまいましたが、体調が戻り、碧と打ち合わせをする為に家に向かいました。

 

しかし、碧は約束を既に忘れて、近くのカフェで小説執筆に没頭していました。

 

空(浜辺美波)と話す機会が出来て、話していると付き合うのは待っていると漱石は空に話しました。

 

沙織(福原遥)と別れた漱石は、傷心していましたが、沙織が俊一郎(中村雅俊)と付き合っている事に驚きました。

 

その頃、漱石が来ている事を知らずおだやに居た碧でしたが、漱石が来る日だという事に気付き急いで家に帰りました。

 

しかし、漱石は待ち疲れてしまい帰ってしまいました。

 

空が帰ってきて、碧が漱石に会えなかった事を知り、落ち込んでいると悟りました。

 

後日、空は光と話をしていましたが、血液型の話になり光は疑問を抱いていました。

 

O型からはAB型は絶対に生まれる事はないと、知っていた光は、ゴンちゃん(沢村一樹)に空と碧の血液型を聞きに行きました。

 

俊一郎さんは、光(岡田健史)が何を考えているのかが、すぐに分かり光と話す事にしました。

 

話しが終わり、家に帰った空は漫画の主人公の血液型を調べていて自分が母親と血が繋がっていない疑惑を光に率直にぶつけました。

 

空が、自分の血液型を疑い家の中を探していました。

 

そして、碧がカギをかけている引き出しの中から碧の母子手帳が出てきてO型である事が分かりました。

 

空は、本当に自分がAB型なのか今から調べてこようと思っていると光に話しました。

 

その頃、碧は空の行動に気付いて本当は血が繋がっていない事を空に知られてしまうと、碧もゴンちゃんもパニックになります。

 

空も調べに行くと言ったものの本当は、調べるのが怖くて、空は病院の前まで来て涙を流しながら光に想いをぶつけました。

 

碧は何も空には言わずに、ずっと生活してきていましたが、本当の事をはっきり空に言うべきなのかと迷っていました。

 

光に電話をして碧は、空の事を頼むとお願いしましたが、碧は、不安に押しつぶされそうになりゴンちゃんに不安を話しながら泣いていました。

 

やっと、血液型を調べる決断をした空は、自分の血液型がやはりAB型である事を知り、碧とは血が繋がっていない事を突き付けられました。

 

碧は本当の事を言うべきなのは分かっていたけど、空がどこかに行ってしまうのではないかと思って不安になっています。

 

病院の後、光と公園に向かい話をしていましたが、碧は、あの人他人?っと光に聞きました。

 

でも、光は「そんな言い方したら、お母さんが可哀想だ」と言いました。

 

どんな状況で空と一緒に碧がいる事になったのか分かりませんが、たとえ血が繋がっていなくても空の事を愛している事には変わりません。

 

空も、こんなに碧の事が好きで愛しているのに、血が繋がっていない事をどうして知らないといけなかったのか不安なのです。

 

光はどんな状況でも、何があっても空の傍に絶対いると安心させてくれました。

 

喪失してしまっている碧に、元気をつけさせようとゴンちゃんはご飯を作っていました。

 

しかし、碧の顔には笑顔はなく食欲もなく、これからどうなるのか分からない先行き不安の生活に少しだけでも食べないと不安な事を考えてしまいます。

 

今まで絆を深めてきた碧と空は、何があっても傍に居る事が出来そうです。

 

空は、彼氏とのデートをしていましたが、光の安心感を求めて急に光の元を訪れました。

 

家に帰る事が出来ない空は、光の家に泊まる事にしましたが、このまま家に帰らないままという事は出来ません。

 

碧は、空が離れて行ってしまっている事に涙を流しながら空の好きなものを眺めていました。

 

悩んでもどうしようもない事も分かっているけど、今は空はこれ以上の事実を受け入れる事が出来ず、光に話をさんざん聞いてもらって寝てしまいました。 

スポンサーリンク

ウチカレ/ウチの娘は彼氏が出来ない 6話の感想

やっぱり、空は碧さんと血が繋がっていない事を知りました。

 

でも、何か事情があっても、空の事をここまで愛して育ててきてくれた事に感謝はしないといけません。

 

育児は並大抵の事ではなく、何も自分の事も出来なくなり、子供たち中心の生活になり、次第に自分の事も構えなくなっていきます。

 

それでも、苦労しても、苦戦しても空の事をここまで育ててくれて愛してくれたのです。

 

どんな事情があろうとそれだけは忘れてはいけません。

 

でも、空の気持ちも分かります。

 

空はこんなにも絆が深くて愛している碧と血が繋がっていない事を急に知らされてどう受け止めていけばいいのか分かりません。

 

それにこれからどうやって母親として接していいのかも分からなくなっているはずです。

 

だけど、二人ならこれから先どんなことがあっても乗り越えていけそうな気がしています。

 

最初に起こった漱石との出来事が終盤の衝撃で薄れてしまいましたが、漱石も3か月先まで待ってはやりすぎ。

 

好きなのに、冷めていっちゃいませんか。

 

今回は、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」の6話についてご紹介しました。

スポンサーリンク