東京タラレバ娘  9話のネタバレ あらすじと感想!倫子の優しさが染みる!
スポンサーリンク

東京タラレバ娘 9話のネタバレ あらすじ

引用元:https://www.ntv.co.jp/tarareba/index.html

小雪の不倫の行く末と倫子とKEYの展開から目が離せません。

丸井は小雪の飲み屋に、奥さんがいないことを告げに行き、小雪も自分の父親がぎっくり腰でいないことを理由にして丸井について話す。

まさかの丸井の自宅にいくことになる小雪は、彼の家の生活感を奥様が選んだであろうカーテンや食器類、家具等に目がいってしまう。

小雪の中で小さな葛藤があった、家にいくのはルール違反と言い聞かせていたからだ。しかしそんなもやもやを、丸井は小雪の眼鏡をはずして自分だけをみるようにときふせてしまいます。

愛し合った翌朝の目覚めに丸井の携帯がなる。奥さんが帝王切開する連絡だった。丸井は急にうろたえ始めて、おろおろと行かなきゃと言い出す。

https://twitter.com/yukonamichan/status/842137877182013443?s=20

丸井はそそくさと洋服を着替えて、小雪にはゆっくり着替えてもいいからと鍵をポストにいれておいてほしいことだけ伝えると急いで出かけてしまった。

埋め合わせをするつもりだったのかその夜、小雪にまた会いたいと連絡をする丸井だった。小雪は淡々と奥さんの容態や、子供が男の子か女の子かなど質問を丸井になげかける。

子供は可愛いかなどの問に対しても、申し訳ない気持ちが一切ない様子で丸井は父親としての意気揚々とした感じで話を返す。小雪はそうした会話を通していく中で丸井との関係を断つことを決めてその場で別れを言い渡す。

それに対して子供のように嫌だという丸井の姿はみっともなかった。

一方で、KEYは月命日に花をささげにいってる彼女の7回忌でその時彼女の父親からは、娘のことは忘れて自分の人生を生きるように言われる。

KEYは彼女のために何かしてあげられていたのかと自問自答を今まで生きていく中でくりかえしていてKEYは、いつになく酒を飲んで、酒にのまれて酔いつぶれてしまいます。

道端で泥酔しているKEYの横をるんるん気分で通りかかる倫子で、これから彼氏の早坂さんのところに行く予定だったのです。

しかし、泥酔して倒れているKEYを見て心配をしてかけよります。いつもの冷静沈着なKEYではなく弱弱しく弱音をはくKEYを見て、倫子は話をずっと聞いてあげます。

KEYも、今まで一人で抱え込んでいた思いを倫子にぶつけます。倫子のことをKEYは、結婚した彼女に性格が似ていてタラレバの人だったので重ねているところもあった。

倫子はその彼女の気持ちを代弁してKEYに気持ちを伝えてあげます。感謝しかないと伝えます。

スポンサーリンク

東京タラレバ娘 9話のネタバレ 感想

https://twitter.com/__rndx/status/1313745878595760128?s=20

小雪の恋愛がメインの話で、不倫をする人の気がしれないと思っていましたが小雪を見るとほんとに不倫はしてもむなしいだけということを今回の話を見て実感しました。

どんなにもりあがっている二人でも、奥さんに何かあったら奥さん優先になるし、子供が生まれたら子供を可愛く思わない親はいない、不倫相手は都合のいい相手でしかないのだということを見ていて感じました。

小雪も子供のことを誇らしげに話す丸井を見て気持ちがさめて別れを宣言してよかったと感じました。

小雪にも幸せになってもらいたいので、丸井との縁がきれてよかったです。

KEYの過去についても今回少しふれて、自分の心の中に生き続ける彼女と、彼女の父親に急に自分の人生を生きるように言われたことで、感情の糸がきれてしまうことにも驚きました。

いなくなった彼女への想いがKEYの心を成り立たせていたのにその支えが失われたかのようにくずれてしまうとは思ってもいませんでした。

るんるん気分で彼氏の家に向かおうとしていた倫子だが、KEYの弱さにふれて傍にいて話をきいてあげることをしてしまうことで早坂さんとの恋愛にひびがはいってしまうのではないかと心配です。

倫子の気持ちがKEYにかたむいてしまって、温かいやさしさで包んでくれた早坂さんをふってしまうのではないかと気になってしまいます。

ペンネーム:しん~30代女性~

スポンサーリンク