天国と地獄サイコな二人 9話 ネタバレ あらすじと感想!
スポンサーリンク

天国と地獄サイコな二人 9話 ネタバレ あらすじを紹介

朔也とやっとの事で再会出来ると思っていたのに。

警察に追われる二人。

河原は次第に二人の秘密に近づいてきていました。

今回は、「天国と地獄」9話のあらすじストーリーと感想をご紹介します。

 

天国と地獄 9話のあらすじストーリー

 

入れ替わろうとした日高(高橋一生)と彩子(綾瀬はるか)でした。

戻る事に成功しましたが、入れ替わったのは

守る為だったんでしょと言いましたが、潔く日高は逮捕されようとしました。

しかし、彩子は主犯を東朔也を逮捕しに福岡まで向かうので日高も一緒に来ないかと誘います。

 

そこに、河原(北村一輝)がやってきますが、日高は急所を殴り逃げましたが、彩子は日高の後を追いました。

途中で、見失ってしまったと見せかけますが、後で合流し二人は仲の良い掛け合いを見せますが、日高は何か言いたそうにしていました。

 

陸(柄本佑)に電話をして、今から奄美に向かう事を聞き出して船に二人で乗る事にしましたが、八巻(溝端淳平)に逃げる事を手伝うように言いました。

八巻にアリバイを作る事と、日高のカードを使って逃げる方向を別の場所にしてほしいとお願いしますが、途中で検問が開かれていました。

 

日高の身分証を見せてほしいと言いましたが、捜査一課のバッジを見せて何とか乗り切る事に成功し、二人は元の体に戻った事を嬉しそうにしていました。

河原は、八巻の居場所を知りおとりをさせられているのではないかと一発で見破りましたが、奄美に向かい二人を逮捕して戻ると宣言。

 

捜査本部では、日高の居る場所は松島だとカードの履歴を追っていましたが、彩子は八巻に一度連絡を入れましたが、河原はその頃彩子の家を勝手に捜査していました。

そこで、証拠の品を発見しましたが、奄美に向かっている事もばれてしまいましたが、日高が運転を変わろうかというと、まだ信用しきれていないので任せないと言いました。

 

陸と一緒に居る朔也は、弟の事を話して自慢としか言いようがないと褒めていました。

日高は、彩子に朔也と再会したのはコ・アースのビルで清掃をしていた朔也とばったり会ったのですが、最初は全然気づきもしなかったのです。

 

しかし、いい人だと思って次第に朔也と日高は仲良くなって、ある日朔也が奥さんと喧嘩したので話を聞いていると最後に朔也の手にほくろがあるのを見つけたのです。

そこで、飲んでいたお酒の瓶についていたDNAと歯、自分の髪の毛を照合して兄弟である事が判明しました。

 

落ち着いて話がしたかったので奄美大島に行かないかと日高は誘いましたが、一度は断りましたが、また思い直して一緒に行く事にしました。

どこかで気付いてほしかったのです。

船を待っていると痛みが出てしまい奄美には行けないのかと涙を浮かべましたが、

日高は正確には兄は行こうとしなかったのではなく

いけなかったのだと理由を話そうとした時警察に見つかってしまったのです。

 

必死で逃げる彩子と日高は、船に乗る事に成功しましたが、そこでまた話を聞くことにしました。

奄美に行く前日に朔也から電話があり、奥さんが倒れたので

行けなくなったと連絡が入っていたのです。

奄美の旅行が終わって帰ると朔也は、仕事も辞めていてアパートも引き払っていたのです。

よくよく話を聞くと、朔也の父は旅行に行く前に亡くなっていて認知症を患っている父を介護しながら必死で仕事もやっていました。

 

やっとの事で再会できたら、朔也は名前を変えて新しい人生を生きようとしていたのに、がんになっていたのです。

日高は、自分がお金を出すから治療をしないかと言いましたが、清掃をした家で漫画を見つけて、その中の主人公である「クウシュウゴウ」になりたいと言い出したのです。

最初は、止めました。

でも、朔也は死んだ方がいいと思っている人達が居る事を日高に話します。

 

最初は納得せず、やめようと説得しますが、朔也の目をみて本気である事を痛感します。

リストまで作っていた朔也でしたが、日高はやらないだろうと思っていたら朔也は殺しを始めてしまったのです。

 

日高の嫌な予感は当たってしまいましたが、今まで幸せな人生を送ってきたことに、朔也に申し訳なく思った日高は事件現場に置かれた証拠隠滅の道具をみてしまったのです。

朔也は日高への共犯を願っていたのです。

 

生まれるのは15分違えば自分が朔也の立場になったかもしれないのに、そう思ったら逃がしてあげる事を選択してしまったのです。

殺害された田所とは何も接点はありませんでしたが、彩子はなぜかいろんな証拠から日高を追い詰めていたのです。

 

日高は、必死に両方の人生を生きて、朔也は一度の殺人では満足しておらずに殺人を繰り返そうとしているので止めようとしました。

朔也、田所や今まで殺していた人に傷つけられようと復讐していい事になりませんが、日高は一緒の道を歩んでしまっている事を後悔していました。

 

それでも、どうしても兄を逃がしてあげたいと思い、最終的は一番日高が可哀想でしたが、船でやっと朔也に再会する事が出来たのです。

 

でも、彩子は朔也を怒りの目で見ていました。

急に殴り、朔也はクウシュウゴウじゃないし、守ってくれる人がいるのに大事にしてくれる人がいるのに、殺人を犯して日高を苦しめた事が許せなかったのです。

 

朔也は、彩子に日高だけは守ってほしいと懇願しましたが、なら初めからこんなことをするなと泣いていました。

正真正銘のサイコパスと朔也を怒っていましたが、久米を殺害しようとした日、家の前に日高が居た事で一度諦めようやめようとしたのです。

 

でも、やめられずに息子を殺害しに行ってしまい、発作が起きて薬を飲もうとした時に乳歯を落としてしまい、やっぱり共犯にしてしまいました。

彩子は、これからどうしていけばいいのか考えていましたが、次の日の朝に陸はもうすぐ船が奄美に着くとき港に警察が来ているのを発見してしまいます。

 

朔也も船の中で発作が起きてしまい船医を呼ぶことにしましたが、朔也はもう心臓が止まってしまっていました。

陸は必死に心臓マッサージを試みていましたが、船の中で死亡してしまいました。

日高は、自分が逮捕されようとしていましたが、彩子は嫌がり陸に朔也をお願いして河原の前に現れたのです。

 

彩子を助ける為に、日高は逃げましたが、彩子に逮捕させようと必死だったのです。

自分が全部罪をかぶるつもりで、どうしても彩子に逮捕してほしかったのです。

ひそかに、二人の間には愛が生まれていたのかもしれません。

彩子は、絶対に助けるからと日高に伝えましたが、彩子も河原に捕まってしまいました。

スポンサーリンク

天国と地獄サイコな二人 9話 感想を紹介

朔也は、自分勝手です。

最後には、日高を傷つけてしまって、共犯にまでしてしまいました。

彩子の言っている事は正解で、どれだけ辛い人生を生きて来ていても命を奪う事は許されないのです。

相手が、どれだけの事をしてもです。

それも、矛盾していると思いましたが、でもそうできているのです。

そして、今まで別々の人生を送ってきて日高が幸せだったからと言って朔也が日高を追い詰めていい事にもなりません。

最後も、自分が主犯だったと言わないといけないのに船の中で死んでしまうなんて。

どう考えても最後まで責任が取れないならやるべきではなかったです。

最後の最後で、また弟に迷惑をかけて、もう社会に出られなくなってしまいます。

共犯である事や、証拠を隠避してしまった事には変わりないので、何か罪はあるでしょうが。

彩子も逮捕するなんて河原こそサイコパスなのかと思いました。

何で、今逮捕しないといけないのか。

八巻も何を言いたいのかは分かりませんが携帯を壊したと思っていたのに電源が着いた事で何かいい方向に向けばいいのですが。
まだ何も予想出来ません。

彩子が日高を助ける事が出来るのでしょうか。

スポンサーリンク