天国と地獄サイコな二人 8話 ネタバレ あらすじと感想!
スポンサーリンク

天国と地獄サイコな二人 8話 ネタバレ あらすじ

朔也が犯人の「クウシュウゴウ」という事が判明しました。

 

しかし、どこにいるのかは分からず、警察も必死で探していました。

 

そして、朔也がどうして殺人を犯そうと思ったのかも理由も分かるはず!?

 

今回は「天国と地獄」8話のあらすじストーリーと感想をご紹介していきたいと思います。

「天国と地獄」8話のあらすじストーリー

 

犯人が日高(高橋一生)の双子の兄だということがわかりました。

 

しかし、日高も何度も会っていると言うわけではなく父親を経済的に

苦しくさせていた人を殺害していているように思います。

 

事件の現場は証拠がたくさん残っているので日高は兄をかばうために事件現場に足を運んでいた。

 

そして兄の殺害の証拠をきれいに消し去っていたのが日高だったんです。

 

そうできるのであれば全ての辻褄が合います。

 

陸(柄本佑)は、師匠の手にほくろがあるのを確認します。

 

それは日高の兄であることを示し今までの殺人を犯してきたのは師匠だと言うことです。

 

東朔也は、師匠であり二卵性なので全然似てはいませんが、

どうしてここまで殺人を犯そうと自分で決めたのでしょうか。

 

彩子(綾瀬はるか)に新しい犠牲者が出たと八巻(溝端淳平)が電話をしました。

 

彩子は誰が殺されたのかと聞きましたが、八巻と一緒に

張り込みをしていた久米さんの息子さんが殺害されました。

 

リストにない人が殺害されたことに対し、日高も少し怒っているような感じでした。

 

日高が病院に行ったときにはすでに兄の姿はありません。

 

陸への頼み事と言うのは病院を抜け出させて欲しいと言うことだったのだと思います。

 

でも陸はすでに師匠が犯人だとわかっているので、

このまま1人で行動させるのは無理だと思っていました。

 

日高はどうしても兄を助けたかっただけなのです。

 

長く生き別れになっていたからこそ間違った考えを

正すのではなく止めようとしていたのだと思います。

 

でも止めきれず兄が逮捕されるのを見るのも嫌な日高は、

証拠隠すと言う間違った行動に出ていました。

 

ゲソコンが出た事により、犯人が割り込むことができそうなので警察は嬉しそうです。

 

朔也は、陸と一緒にご飯を食べながらテレビのニュースで

殺人をしりましたが動じることなく普通にご飯を食べていました。

 

日高は彩子の元を訪ねて来ました。

 

八巻と彩子が裏で連絡を取り合っていることをすでに日高は気づいていました。

 

ここに日高がやってきた理由は、コ・アースの社長を辞任しておいてほしいとの事でした。

 

もし兄が逮捕されたとき自分が会社の社長のままだとマスコミは色々調べます。

 

朔也にすごく会いたかった日高でしたが、実際に会ってみると

15分日高が生まれるのが早ければ朔也はこんな人生を送らなかったと日高を責めます。

 

証拠隠蔽こんなことをしていてもためになると思いません。

 

罪の意識なのか、申し訳ないと思っているのか日高が何を考えているのかははっきりとは分かりません。

 

でも彩子は日高がこんな思いをするのではなく良心が

あるからこそ止めたいのではないかと問い詰めました。

 

日高は、これ以上誤魔化しきれと思ったのか、

事件現場で発見された足跡と犯人が着ていたものがわかったのです。

 

どうしても、日高は兄を逮捕させたくないのか死んだように見せかけています。

 

警察は必死に捜索をしていますが、少しの時間を稼ぐために日高は無茶と思える行動をとったのです。

 

もうすぐ満月、その後は新月が待っています。

 

でも日高は兄が、歯を殺人現場に忘れた事は知りません。

 

まずそれだけが今回の欠点です。

 

少しの時間を稼いでいければ良い。

 

そんな、甘い考えでは警察はごまかせません。

 

朔也が、のの息子を殺害しようとした理由がわかりました。

 

久米の会社で一定時期警備員として働いていたことがわかりましたが、

そこで久米の息子と一緒に仕事をしていたのです。

 

なので接点が見えてきましたが殺害しようとした理由は、久米の息子が

仕事中に会社のオートロックを全て外したのです。

 

それを注意しましたが誰に口答えをしていると言うことで聞き入れてもらえませんでした。

 

そして数日後オートロックが解除されている誰かが気づいたのか

分かりませんがそこから窃盗犯が侵入してしまいました。

 

犯人を、逮捕することができましたが、オートロックを外した張本人が、

社長の息子だと言うことがわかれば世間体が良くありません。

 

そして、朔也さんが解雇と言うことになったのです。

 

現場には、昨夜の乳歯が落ちており、初めて朔也に会ったとき乳歯を交換しあいました。

 

それを、いまだにちゃんと持っていたと言うことです。

 

今日、日高が空を見上げ何かに気付き走り出しました。

 

会社には、警察がやってきていました。

 

陸と、朔也は一緒に福岡にやってきていました。

 

初めて、会った場所に行き、ここから全てが間違ったと陸に話しました。

スポンサーリンク

天国と地獄サイコな二人 8話 感想

兄の事を、必死に助けようとしていたと言うのは理解できました。

それは、兄の為にはなりません

だけど朔也がこれまでの人生を生きてきてもう生きたくないいと思うほど
人はどん底に落ちたこともあったと思います。

でも必死に頑張って警備員になって、久米の会社で、
働いていたのにも関わらず罪なすりつけようとした事は、あり得ません。

自分が最低なことをしたと言うのは何とも思っていなかった。

お父さんは息子が可愛すぎたのか自分の会社が汚点を追うのが
嫌だったのかそれだけで犠牲にしていい人はいません。

彩子もその気持ちに気付いているから、日高の事を説得しようとしたけど、
朔也は何もかも嫌になると弟である日高に当たったのでしょうか。

日高は、申し訳ないと思ったのか、証拠を隠して、
犯人がばれそうになったらはぐらかして、自分に警察の目が向くように仕向けていた。

でも、これ以上は迷惑をかけられないと思ったのか日高は
また入れ替われるように彩子を呼び出しました。

もう、それしか方法が無いのです。

彩子も疑われているかもしれないのすが、
河原が間違った行動に出そうなので、今後の展開が読めません。

スポンサーリンク