天国と地獄サイコな二人 7話のネタバレ あらすじと感想!東朔也って一体なんの関わりがあるのか?
スポンサーリンク

天国と地獄サイコな二人 7話のネタバレ あらすじ

https://twitter.com/tengoku_tbs/status/1365982237603233799?s=20

「天国と地獄」クウシュウゴウ・東朔也とはどんな関わりがあるのでしょうか。

 

そして、日高がしている事は東朔也を助ける事なのか。

 

東朔也とは一体どんなつながりがあるのかを調べていきます。

 

今回は「天国と地獄」7話のあらすじストーリーと感想をご紹介していきたいと思います。

 

「天国と地獄」7話のあらすじストーリー

 

日高(高橋一生)は、警察で「東朔也」という名前を検索していました。

 

死亡届けの所を調べていましたが、その頃一人の犠牲者が出ていました。

 

彩子(綾瀬はるか)は陸(柄本佑)と、一緒にクウシュウゴウの捜索を進めていましたが、日高は警察で八王子火災のニュースを見ていました。

 

身元が一人判明したという事でしたが、その中に「東朔也」が居ないのか調べに来ていました。

 

日高も遺体の手をよく見ていましたが、手にほくろがあるという証言は本当なのかもしれませんが、日高は「まだ生きてんのかよ」とつぶやきました。

 

彩子は、クウシュウゴウを探している間に、日高が持っていた漫画をしっかり見ていました。

 

その漫画の中で「クウシュウゴウ」という名前を黒幕からもらっていました。

 

クウシュウゴウ(φ)の意味は「そんな人はいないよ」という意味で、日高もどうしていいのか分からずに数字がいつも書いてある歩道橋にやってきていました。

 

彩子は、揺さぶりをかける為に、話をしていましたが、二人は月の話をしていました。

 

彩子は「東朔也」という男は誰と日高に聞きましたが、返してきた答えはいつでも彩子を逮捕出来るという、いつもの言葉だけです。

 

日高が去った後に、携帯に日高のお父さんから電話がかかってきました。

 

記憶を失くしたと日高の妹から聞き、手紙の事も知っているので、一度話が出来ないかと父に言われて日高の地元に彩子は行ってみる事にしました。

 

日高は、ロッカーに預けていたものを取り出す為に、ロッカーにやってきていましたが、荷物が取り出されている事を気付きました。

 

「東朔也」は、すい臓がんを患っており、飲んでいる薬もあると日高は言いました。

 

陸は張り込みが終わり、日高は家に帰ってきて証拠品を持って帰ってしまいましたが、陸も頭の中が混乱してしまっていました。

 

陸は、師匠が数字を消している時に、偶然に出会いました。

 

それを、陸は不思議に思いもしかすると「クウシュウゴウ」の正体は師匠なのではないかと思っているのです。

 

「東朔也」がよく来ていたお店を河原(北村一輝)は聞き込みに行きましたが、何も情報は出てこなくて、その店に陸は師匠に連れてきてもらったのです。

 

師匠に久しぶりに会うと手にやけどをしたと右手に包帯を巻いていましたが、陸は疑っていました。

 

絶対に師匠は自分の事を話そうとはしないのです。

 

彩子は、日高の地元に帰ってきており、お父さんに話を聞く事が出来ました。

 

「東朔也」というのは日高の双子の兄で、二卵性なので顔は似ていないのです。

 

お父さんも日高とは血のつながりはなく義理の父親という事でした。

 

手紙も、朔也くんから貰って東の家とお母さんが離婚するときに長男だけはおいて行けと言われてしまい離れ離れになってしまいました。

 

東の家はバブルが崩壊するまでは、お金もある家だったのですが、バブル崩壊と同時に犠牲者・四方忠良に騙されてしまったのです。

 

その時に、東に朔也を育てていきたいのでと申し出に行きましたが否定されて追い返されてしまいました。

 

朔也はひと月ほどした時に手紙を日高の学校の靴箱に入れに来ていたのです。

 

日高は初めて朔也と会う事が出来て、二人は日高の抜けた歯を探していると、朔也も今歯が抜けたと話していました。

 

同じ日に二人の歯が抜けて運命を感じたのか、お母さんも二人が初めて会ってる姿を見て泣いていました。

 

日高は朔也を、お兄ちゃんとして自分から名乗り出る事はなく帰って行ってしまいました。

 

お母さんは追いかけて朔也を一緒に育てていきたいと話しましたが朔也は、東京に行く前にどうしても弟に会ってみたかったと話しました。

 

とてもいいお兄ちゃんに育っていた事を知ってお母さんは涙を浮かべていました。

 

それ以降、日高は朔也と会う事はなかったと言いましたが、もしかすると東京に出てきた時に会う事があったのかもしれません。

 

しばらくして、日高は朔也が入院しているかもしれない病院をソーシャルワーカーから聞き出す事が出来ました。

 

日高は病院の前まで来て、警察から電話がかかってきて、久米の息子が殺害された事を知りました。

 

日高が来た病院には陸と師匠が居ましたが、師匠はベッドで眠っていました。

 

いつもの殺害現場よりもきれいではなく荒らされた状態で、犯人の血紋まで出てしまいました。

 

もうごまかす事が出来ないと日高も悟りました。

 

陸も師匠を怪しいと思っていたので、包帯を取り右手を確認しましたが。

 

そこで、7話終了してしまいました。

スポンサーリンク

天国と地獄サイコな二人 7話の感想

朔也はお兄ちゃんだったのですね。

朔也が東京に先に出て来ていて、日高がどこかで双子の兄がいる事を思い出したのか二人は再会していたという事になります。

そして、日高が事件現場を掃除しているのか、いつもより今回は乱雑な事件現場でした。

リストにない人間を犠牲者に選んでいる事も日高はどうしていいのか分からなかったのか何に雄たけびを上げているのかは分かりませんでした。

しかし、今回の事も含めて日高の兄・朔也が犯人と見て間違いは無いのかもしれません。

朔也は、父親がダメになってしまったのも自分がお金に困るようになってしまったのも、リストに載っている人達が原因である事を示しています。

母親の元で暮らしていけていれば朔也もこんな大人にはならなかったのかも知れないと日高は間違った手助けをしているのかもしれません。

でも、兄をここまで傷つけられていたら誰でもそうなってしまうのかもしれませんがこれは間違った事です。

そして、一体朔也は今どこに行ってしまったのでしょうか。

復讐を終えた後朔也は死んでしまおうと思っているのかもしれないと思い、必死に日高は探しているのかもしれません。

りんさん:20代女性~

謎のアズマサクヤ 日高〔彩子〕が探していた
陸は赤い数字を消す事を何故か頼まれていた
彩子〔日高〕は謎を解く為に日高の実家に行き、
父親から日高の出生を聞く 父親は日高の母の再婚相手
日高は二卵性の双子の弟で、
母親が家を出る時に日高だけを連れてきた
兄のサクヤは父親の事業の失敗で苦労していた
日高自身もサクヤを探して警察の死亡欄を閲覧したり、
身元の分からない病人を探して病院を回っていた
そんな時 違和感を感じていた陸は仕事を教えてもらった師匠に会いに行く
一緒に食事した後 師匠はひどい腹痛で病院に運ばれる
そこへ現れたのが日高
そんな時 河原もアズマサクヤにたどり着いていた
何も知らない彩子はアズマサクヤを探して秘書に聞く
そして、また殺人事件の現場にいた日高だけどその殺人は
日高が望んでなかったみたいな所で次回になった
まだまだ謎だらけでどうなるのかな?
それぞれの人がそれぞれの方法で1人の人に向かっていくが、
最後の謎が残っている どうして殺人をしないといけなかったのか?
アズマサクヤと日高は本当に殺人に関わってるのか?なぜ、彩子と日高は入れ替わったのか?
後半に入ってきた 天国と地獄 これからまだまだ楽しみです!
美奈さん:40代女性~
スポンサーリンク