天国と地獄 最終回10話 ネタバレ あらすじと感想!最後に意外な結末!
スポンサーリンク

天国と地獄 最終回10話 ネタバレ あらすじ

東が亡くなってしまい、日高が無実である事を

証言してくれる人がいなくなってしまいました。

彩子も逮捕されてしまいました。

これからどうなっていくのでしょうか。

今回は「天国と地獄」10話(最終回)のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います。

天国と地獄 10話(最終回)のあらすじストーリー

・逮捕

 

河原(北村一輝)は彩子(綾瀬はるか)に犯人隠匿の罪の疑いがあると手錠をかけました。

日高(高橋一生)も逮捕されてしまいましたが、

八巻(溝端淳平)が上司に何かを話していました。

東の検視が始まり、立ち会っていた陸(柄本佑)ですが

河原に色々東の事を聞かれていました。

 

東京に帰った彩子でしたが、上司に詰め寄られていましたが、

凶器を上司の前に出し、今まで少し弱気だったのに言い返すほど性格が変わりました。

 

何で手錠をかけられて逮捕されないといけないのかと

問い詰められていましたが、証拠がなかったので

始末書のみで許してやると言われました。

ひやひやしていましたが、何とか事が収まったので

今度は日高の罪を晴らす事をしないといけません。

陸から連絡が入ってきて河原は東の事をやたら聞くので日高よりも東に疑いをかけています。

・日高の取り調べ

取り調べが始まり、日高は何か言いたいことがあると刑事に伝えました。

連続殺人の主犯は東と考えていたのに、

日高が取り調べで自供したと報告されたのです。

取り調べをさせてほしいと彩子は言いましたが、

河原が取り調べをやりたいと主張し始めました。

 

上司はやってないのに、やったと言う理由はないと

河原に取り調べと送致を行わせると決めましたが、彩子は一行に納得しませんでした。

この時間を使って何かできないかと考えましたが、

どうして日高は自分がやったなんて自供したのでしょうか。

 

日高は、自分が全て罪をかぶり彩子と入れ替わった時に

撮った動画を調べられる事も無くなると彩子の事も考えていたのです。

東の事も必死に守っているのですから、あり得ます。

取調室に河原がやってきて冷静に話していますが、

河原は笑顔で日高に詰め寄りますが、彩子は絶対にすべての罪は被らせないと言いました。

 

兄に三人の死を最後にプレゼントしたと話し始めましたが、

陸は東の亡くなったベッドの下にSDカードが落ちているのを見つけました。

大事に持っていましたが、何のSDカードなのでしょうか。

 

陸は亡くなってしまった東と一緒に居ますが、

SDカードは東の物なのか分かりませんでした。

新田に会いに行き、彩子は東が主犯だと証明したいと

言われ新田はもう一度調べなおすと気合が入りなおしました。

 

東の遺体も解剖しなおすと連れていかれる事になりましたが、

彩子が頑張っているんだと嬉しそうに外を眺める陸。

東に家にがさ入れに入った彩子たちですが、

家のすぐ近くに防犯カメラに気付きましたが、取り調べでの自供はスラスラ行っていました。

 

走って、取調室にやってきた彩子に河原は取り調べ確認は明日にしたと言いました。

・白状

 

河原は最初から日高はやっていないと分かっていたのです。

彩子が少しでも腹をくくって処分されるつもりで

居れば自分だけで罪をかぶる事をやめさせることが

出来るのではないかと言われてしまいました。

 

一行に証拠は出てきません。

 

河原が何かたくらんでいるのではないかと考えていた上司ですが、

やっぱり河原は日高は協力者を守っているという事。

ちゃんと話さないといけない真実を話そうとしていない事に河原は怒っているのです。

 

彩子もSDカードの話を調書で見て探し始めましたが、

なかったので陸に電話して行方知らないかと聞きました。

以心伝心したかのように陸は嬉しくなりましたが、

SDカードを持っていると話さなかったのです。

 

ちょっとした嫉妬心なのかもしれませんが、

ちゃんと話さないといけない時が必ずやってきます。

陸は、次の日の朝SDカードを海に捨ててしまいました。

彩子は日高の元へ向かい話をします。

 

入れ替わった時の証拠は全て破棄したから、

ちゃんと証言してほしいとお願いしに来ましたが、

日高はちゃんと話す事はしませんでした。

 

結局全ての罪を自分が被ろうとした時に河原は

聞きたい事があると協力者がいるはずだと日高に言い始めました。

 

証拠品を彩子ノ家で見つけたと言い、写真まで見せました。

彩子は入れ替わった時の事は何一つ言わず、彩子も自分の口から協力していた時の事を言わない。

これは本当に正義の心なのでしょうか。

・自供

 

東が言っていたパン屋さんを見つけた新田ですが、

彩子はパン屋の近くにあるネットカフェに行き東が来ていないか調べていました。

たしかに何度かネットカフェに来ていたことが確認取れました。

 

日高は供述調書にサインしようとしていましたが、

彩子はこんな事認めたくないと警察に向かおうとした時、

鹿児島県警から連絡が入りました。

 

そこには、動画が添付されていました。

その映像を見た彩子は警察に走りました。

日高の無実が証明されるかもしれません。

 

上司に黙って今から見てろと止められて、

八巻は彩子から動画が送られていましたが乱入はしませんでした。

聴取が終わると思った時に東朔也の生い立ちをきかされていました。

 

彩子は、送致される前に間に合い、日高に取り調べを始めました。

そして、東が残した記録を見ました。

その記録には、三人の殺害自供をしている東の動画が入っていました。

今までされた事の復讐をして、最後に自分が

亡くなってしまう事を予想して動画残したのです。

 

陸がちゃんと話してくれたことで、殺人の罪は免れました。

日高が守ろうとしたものは、ちゃんと守ることができました。

兄弟愛がこんなに強いからこそ、2人は庇いあっていたのです。

 

東は、最後の最後まで弟を守ろうと本当は一緒にいたいと思っていたはずです。

だから、最後はどうしても日高を守って欲しい。

弟にだけはこれだけ迷惑をかけたのだから、これ以上苦しめたくない。

 

自分が兄だったからと苦しい思いをして欲しくないと思って

動画を残してそのままなくなりました。

日高は、涙を流しながら彩子の言葉を聞いていました。

証拠隠滅などで実刑は免れませんでした。

だけど、日高は清々しい顔でした。

 

彩子は、警察学校に行くことになりました。

ハッピーエンドなのか分かりませんが、

2人は笑顔で本当に最後に会って別れることができました。

スポンサーリンク

天国と地獄 最終回10話の感想

東はずっと1人で苦しんでいました。

やり直そうと父が亡くなってからやり直そうと本当に思っていたのに、

その時にはもう遅くて自分が今度はなくなってしまう。

それなら、今までは復讐しようと思わなかったのだから、

だからこそもう最後だとわかったら復讐心を止めることが出来ませんでした。

弟を巻き込む事は本当はしたくなかったはずです。

だけど複雑な心子気持ちだったんだと思います。

一緒に暮らすことができていたなら、すごく幸せな人生を送れたと思います。

お母さんも手放したくはなかったはずです。

彩子に出会って何もかもゼロに戻ったんです。

今から新しい人生を笑顔で2人とも過ごしていけるといいなと心から思いました。

スポンサーリンク