天国と地獄サイコな二人 3話の感想とSNSの声!~強烈ですご過ぎた第3話~
スポンサーリンク

天国と地獄サイコな二人 3話の感想

 

今週は溝端淳平の動きが滑稽で面白ろかったです。

いちいち捜査の流れを高橋一生に話したり、手袋を入れ替えたり、

最後まで手袋の入れ替えを試みたり日高と彩子の入れ替わりに

気づいてる事を彩子の日高にバラしそうになったり‥

 

前回までは殺しか日高の仕業かどうかわからなかったけど、

今回の2コ目の殺人は彩子になった日高の仕業で

それを彩子に動画を送ったのは1コ目の殺しも日高が犯人なのか?

自分が捕まらない為に入れ替わったのか?

そこまで分かってるんなら日高は凄いな〜さすがと思う!どうなんだろー?
でも今回は謎だらけ、、、柄本祐は何で赤い字の4を消してるの?
血の付いたカッパを見つけてしまうし‥

 

日高が奄美行った時の写真も見つけたり、殺人に使ったのと同じ石見つけたり、

結局、奄美大島で何が分かったのか?

次はパスポート準備してどこに行こうとしてたのか
次回も見たくなった〜

スポンサーリンク

天国と地獄サイコな二人 3話の口コミやSNSの声

 

・今日3話から見たが、案の定さっぱり分からない
ドラマ途中、高橋一生に「首を洗って待っていろ!」綾瀬はるかの台詞が印象的だった。

・望月の落ち着き方、人生何度目だよ…と思うと、
あの人格は日高ではなく【殺人鬼】の何かなんじゃないかと思えてくる。
手袋が必ずペアで存在し見つかったように、
いつか元々の日高の人格を持った誰かが現れるんじゃないかな。
ただ、それは何となく八巻が「退場」した後な気がするけど。

・八巻が味方についてくれたことで、「とりあえず自分の殺人の容疑を晴らす、戻った後日高を逮捕する」という目的を持つことができて今回ようやく刑事としての彩子らしさが戻ってきたのに、その3話最後で戻っても戻らずとも地獄な状況を作り出すの、鬼ですよね本当…………

・3話目も面白く観ていました!色々と入れ替わりの秘密にも迫ってきたし、
2人の入れ替わりの真相を唯一知っているバディの
八巻くん(溝端淳平くん)も頑張っていましたが…まさか!?のラストで、
次回もどうなっちゃうの~

・わからん! わからんぞ!
入れ替わりのアレコレは2話でやったし、
あの映像が本物なら、強い謎解きの引っ張りも3話で消えたことになる
となると軸はどこだ!?なにを描く物語なんだ!?わからん! わからんぞ!

・手袋がセーフでホッとした後に落とされた…!
日高さんはなんだかんだで殺人犯じゃないのだと思っていたけれど、
動画が送られてきてしまってどうなるの。
望月さんの身体でも殺人しちゃったらさ?、ダメじゃないですか!
陸さんも気になるし本当に今後の展開が気になります。

天国と地獄サイコな二人 次回第4話のあらすじ

淳平君が必死に八巻の身の安全を心配しているの、笑える!淳平君と谷さんの捜査一課目線と彩子日高の怖さを伝えるの、面白かった~!

警視庁に新たな事件が舞い込んだのが日高(中身望月)の見た映像の殺人と決まった訳じゃないし、望月(中身は日高)がクラブで殴ってたのはもしかしたら人形かもしれないし、佑殿は目つき鋭いし八巻は踏切側とか道路脇とかはらはらさせるんじゃねぇよな #天国と地獄 3話でありました。

真犯人考察(第3話時点)
科捜研の人:現時点では何もないが後半急激に疑惑が高まりそう(今回の手袋の件(バクテリアの混入)はきっかけ)
日高の部下(男):後半になるほど存在感が増す
リクの同僚:後半まで怪しさがどんどん増す

日高(高橋一生)がまた猟奇殺人を犯した。人の命が無残に奪われ、その行為に自分の体を使われたことに彩子(綾瀬はるか)は言葉を失う。
翌朝、日高<彩子>は河原(北村一輝)の事情聴取を受けるが、その様子を冷静に見つめる彩子<日高>。聴取後、彩子<日高>と日高<彩子>がやり取りする様子を目撃した河原は、その光景に違和感を覚え、疑惑の目を向ける。
後日、彩子<日高>が捜査本部専用の情報のデータベース化を買って出てきた。一体その目的は?
一方、陸(柄本佑)もまた、彩子の家で発見した“血の付いた防護服”のことで頭を悩ませていた。
証拠不十分で解放された日高<彩子>だったが、コ・アース社では、会社の信頼が失墜しかかっていることを案じた秘書の樹里(中村ゆり)に詰め寄られ、おまけに、頼みの綱だった八巻(溝端淳平)は殺人鬼の彩子<日高>を恐れ、これ以上協力できないと言い出す。
今のままでは自分が殺人犯になってしまうことに絶望的な気分になる彩子。

そんな中、2人に疑いを向けた河原が、事件の目撃者情報をつかんだ様子で…。

スポンサーリンク