知ってるワイフ 3話のネタバレ あらすじと感想!元春の動揺した訳とは・・・
スポンサーリンク

知ってるワイフ 3話のネタバレ あらすじ

職場の仲間達との飲み会の際、元妻澪がバイクに引かれそうになり、思わず呼び捨てで名前を呼んでしまった剣崎元春。

元春に抱きしめられた澪は、何かを伝えようとするが口を濁して同僚達の元へと向かって行く。

帰宅した澪は、今日の元春との出来事を思い出しながら何度も同じ男性の夢を見る事に頭を悩ませるのだった。

 

翌日、あおい銀行では、巧妙化する振り込め詐欺について、行員達にマニュアルを渡して注意を促していた。

津山千晴は澪が落とした名札を渡した際に食事に誘う。

しかし、澪は、母の世話がある為、後日行く事を約束するのだった。

元春は車を運転中、澪が自転車で転ぶ姿を目撃する。

澪の元へ駆けつけると手や足に怪我をしており、公園で手当てを行う。

澪は、振り込め詐欺など銀行内で、不審者を見つけた際の対処方法について元春に質問する。

刺激しないように他の行員に伝えるように言われた澪は、側にいた際は瞬きなど合図を送る事を提案する。

 

元春は相手にせず、澪を自宅近くのコンビニまで送り届ける。

度々繋がる澪との縁に疑問を感じた元春は、偶然見かけた小池良治に話を聞きに行く。

すると、人生を変えても繋がりのある人間達との縁は切れない事を伝えられる。

 

沙也佳は、大学でチェロの講師をしており、生徒から同級生の活躍を聞かされて複雑な気持ちでいた。

澪と食事に行った津山の話で、澪が自立したがっていた事を知った元春は自分と結婚しない方が、

澪の為だったと感じる。

そして、過去に戻った事が間違いでは無かった事を実感するのだった。

銀行の窓口に、振り込め詐欺に遭っていると思われる女性が現れる。

女性の担当をした澪は不審に感じ元春に合図を送って助けを求める。

 

2人の活躍により詐欺は未然に防ぐ事に成功する。

澪と思い出の店で食事する事になった元春は当時の事を懐かしむ中で澪の本当の望みを知る事となる。

 

澪は働いて自立する事が望みでは無く結婚して専業主婦となっても夫が笑顔でいてくれる事を望んでいた。

その言葉を聞いた元春は澪の望みを自分が壊していた事に気がつくのだった。

澪は元春に送られた際、過去にあった事がないかを尋ねる。

元春が笑って否定をする中、澪の母が姿を現して元春に笑顔で抱きつく。

澪が職場の上司だと説明するが母は人生が変わる前の出来事を

知っているかのように元春を自分の家の婿だと話すのだった。

澪は困惑し、元春は動揺する気持ちを必死に鎮めようとしていた。

スポンサーリンク

知ってるワイフ 3話の感想

過去へと戻り、新たな妻沙也佳と共に幸せな生活を送っていた元春。
しかし、目の前に元妻の澪が現れてからというもの、
気にしないようにしていても、つい気にかけてしまいます。口では澪の事をモンスターなどと貶していましたが、
心の底では澪に対する愛情が消えていないように思えました。離れても離れても、磁石のように引き寄せられ澪と元春。
2人は、過去を変えたとしても繋がる運命にあるのだと痛感しました。
人生をやり直した事で澪に対して、いかに自分が無関心であったかに気付かされた元春。

出来る事なら、モンスター化となった澪がいる世界に戻り、
今までの事を謝罪して欲しいなと思いました。
この事が出来ていたなら、過去に戻ってくる必要がなかったかもしれません。

元春と結婚した事で、運命が変わってしまったもう1人の人物の沙也佳。
元春と結婚して幸せな生活を送っているように見えましたが、
音楽に対する未練があるように感じられました。

元春は澪に気を取られていますが、今の妻である沙也佳に対しても、
きちんと向き合って欲しいなと思いました。

大丈夫だと思って放置し過ぎると今度は、
沙也佳がモンスター化してしまう恐れがあります。
澪と同じ想いをさせないで欲しいなと思いました。

ペンネーム:ナッツ~30代女性~

スポンサーリンク