知ってるワイフ 6話のあらすじ予想と見どころ!元春が初心に返りとった行動とは?!
スポンサーリンク

知ってるワイフ 6話のあらすじ予想

知ってるワイフの第6話は、展開がすごいです!

まず、最初に簡単にまとめますと、澪と津山の交際を応援し、

妻である沙也佳を大切にしようと決心した元春でした。

しかし仕事帰りの夜、母親の久恵が失踪し途方に暮れている澪に

元春は遭遇し一緒に探すことになます。

もっと具体的に詳しく書いていきます。

 

自分自身のせいで建石澪(広瀬アリス)との

結婚生活があまりうまくいかなくなったとやっと

気づいた剣崎元春 (大倉忠義)は、

親友の津山千晴(松下洸平)と澪の距離が

どんどん縮まっていくのを見ていられませんでした。

 

そして、小池良治(生瀬勝久)に大号泣をしながらも、

「もう一度、過去を変えたい!!!」と懇願するのです。

「覆水盆に返らず、あとの祭りだ。

この心の痛みはお前がこの人生で引き受けるのだ!!!」と言われてしまうのでした。

https://twitter.com/kantele/status/1359713773955776513?s=20

そして自身自身の今までの愚かさに気づいた元春は、

現在の妻、沙也佳(瀧本美織)との円満な結婚生活を目指し、

朝から掃除をして朝食を用意することになります。

新婚時代みたいだと喜んでいる沙也佳は、

今夜は大事なお話があるから早く帰って来て欲しいんだよね、と頼むのでした。

 

一方、澪は津山とコーヒーショップでモーニングデートをして楽しんでいました。

二人を目撃した篠原恭介(末澤誠也) は

銀行に出社やいなやデートをしていたのでは?と話題にします。

澪が否定していると元春は助け舟を出し話題を切り替えました。

 

その頃、ジョギングしていた沙也佳は、

スケートボードに乗った男とぶつかりそうになるのでした。

その男は、剣崎家にも配達している

フラワーショップの店員として勤めている上原邦光(小関裕太)だったのでした。

昼休みに、元春は澪に津山はいい奴だし、2人の交際を応援するよと告げるのです。

https://twitter.com/1126ryu_hey/status/1359703338955100161?s=20

でもそれは、今の人生を充実したものにしようとする、

元春なりの決意でした。また、翌日は澪の父の命日だと知った元春は、

法事に行けなかったかつての自分を反省し、

津山に法事の準備を手伝うようアドバイスするのです。

 

そのため、元春は津山の残業を肩代わりすることになり、

沙也佳に遅くなるとメールをします。がっかりする沙也佳は、

翌日こそ早く帰ってきて欲しいと頼みます。

そしてその翌日、監査で帰りが少し遅くなった元春は家路を急いでいたが、

道でしゃがみこんでいる澪を発見します。

 

元春が声をかけると、澪は泣き出してしまいます。

澪の母、久恵(片平なぎさ)がいなくなってしまったというのです。

一日中、思い当たる場所はすべて探したが見つからず、

「戻ってこなかったらどうしよう…」と途方に暮れる澪。

沙也佳のことが気になりつつ、久恵を一緒に捜すことになる元春でした。

https://twitter.com/WifeShitteru/status/1359699760462979073?s=20

「結婚生活、こんなはずじゃなかった!あの頃に戻って人生をやり直したい!」と

日々嘆く恐妻家の主人公が、ある日突然過去にタイムスリップして、

妻を入れ替えてしまうところから始まる物語です。

結婚生活5年目、夫も妻も相手への気遣いができなくなっていく頃、

唯一の共通の思いは「なんでこの人と結婚してしまったのだろう」。

 

そんな誰もが抱える結婚生活の不満と後悔をリアルかつコミカルに描きながら、

「あの日、あの時に戻りたい」という悲痛な願いがかなってしまい、

奇跡の人生を手に入れた主人公を通して、

“自分にとって大切な人とはどんな人なのか?”

“誰かと人生を生きていくとはどういうことなのか?”

そんな夫婦の普遍的ともいえるテーマを第6話も追求していきます。

 

SNSなどコミュニケーションツールが発達し

誰とでもつながれる今の時代だからこそ、

身近な人へ大切な思いを伝えたくなるハートフルストーリーです。

結婚している人もそうで無い人も是非見てもらいたいドラマです。

スポンサーリンク

知ってるワイフ 6話の見どころ

ここ最近のドラマで一番の良作と思います。

これからどんな展開になるのか、とても楽しみです!

特に私は澪の思い、モンスター化を自分と重ねてしまい、毎回泣きながら観ています。

 

でも元春の思いにもグッときて、更に涙を誘われる感じでボロボロです^^;。

過去に戻れるなら戻りたーいと、

津山主任みたいな人に出会いなおしたい!と思いながら観ているけど…。

覆水盆に返らず…私自身にも言われてる気がして、

現実に向き合わないとなと考えさせられています!

 

普段の何気ない態度や会話がいかに大切なのかに気づかされます。

あんなに好きで結婚して初めはなんでもいい合える関係で

笑顔で溢れる家庭を作ろうと誓い合ったのに。

でも裏返せば澪も素直に向き合っていなかった結果だと思います。

夫婦はお互いのことを感謝の気持ちで見ないと

成り立たないことを気づかせてくれる結末になって欲しいです。

 

リアルに本当に大切なものは近すぎて見えないことに

私も気づき妻にもっと優しくしようと思いました。

そして何と言っても澪ちゃんが可愛すぎる!

広瀬アリスちゃんがこんなにかわいいんだ、

すっごい好感持てます!どっちに転んでも幸せになって!と思います。

スポンサーリンク