知ってるワイフ 5話のネタバレ あらすじと感想!元春、人生の選択肢を間違う!
スポンサーリンク

知ってるワイフ 5話のネタバレ あらすじ

建石澪の頭に触れている姿を、妻の沙也佳に目撃されてしまった剣崎元春。
元春は、頭に埃が付いていたと慌てて誤魔化す。疑いの眼差しで見つめる沙也佳の姿を見て
澪が本店の営業部から異動して来た事を伝える。澪の名字を聞いた瞬間、沙也佳の脳裏には
夫の車に澪の名札が落ちていた事が思い浮かぶ。

沙也佳は笑顔を浮かべ、
いつも夫がお世話になっていると挨拶をする。
澪がいなくなった後、沙也佳は名札の人物が女性だった事を問いただす。
嫉妬する沙也佳を気にしながらも、元春は何事もなかったように相手をする。
それがかえって、沙也佳に疑問を残す事になってしまう。

澪は慌てて銀行を飛び出し、元春に触れられた事を思い出し、
胸の高鳴りを感じていた。
そんな中、携帯が鳴り、同僚からメッセージが届く。

澪は、職場の飲み会に参加出来ない事を伝える。
そして、友達になった木田なぎさの店に向かい、
1人考え込むように酒を飲んでいた。
仕事を終えた、なぎさと楽しく飲む中、津山の件について聞かれる。

他にキュンとする人がいないなら、
津山とお付き合いをしなきゃとなぎさに言われ、
澪の脳裏に元春の姿が浮かぶ。
その頃、沙也佳は自分の家でチェロを弾いている中、元春に澪の事について質問責めをする。
そして、誤解の原因になるから、もう車に乗せない事を元春に約束させるのだった。

翌朝、謎の男性との夢で目覚めた澪は、母が用意した朝食に手をつけず、
時間が無いからと慌てて出勤して行く。お取引先に津山千晴と澪が向う中、
銀行に澪の母久恵が急に訪ねて来る。久恵は元春に声をかけ、
うちの婿がいつもお世話になってと行員達に挨拶をする。

それを聞き、課長さんは沙也佳のお母さんだと勘違いをしてしまう。
元春が慌てて久恵の元に駆け寄ると、
久恵は朝食を食べていたら元春の事を思い出し、
弁当を作ってきてくれていた。課長や支店長が挨拶する中、
元春は母は予定があるとその場から連れて行く。

 

澪が取引を終えると、ヘルパーから母がいなくなったと連絡が入る。
津山は仕事を引き受け、すぐに母の事を探すようにと伝える。
澪が必死に探す中、コンビニで元春といる姿を見つける。
澪は元春に感謝を伝えた後、1人仕事する津山の元に行き、
交際する旨を伝えるのだった。

https://twitter.com/1211Alice_/status/1357079373401059328?s=20

その事は、すぐになぎさ夫婦や元春に報告され、
元春は複雑な想いを感じていた。
そして、皆んなでキャンプに行く事となり、沙也佳も同行する。
皆んなでバーベキューする中、澪から津山の良い点が話され、
元春は悲しい表情を浮かべていた。

皆んなが寝静まる中、澪が体調を崩してしまう。
元春は澪が服用している薬を購入しに車を飛ばし、薬局へ向かう。
元春が戻ると澪の姿は無く、津山に連れられて病院へと向かっていた。
治療を終え、津山は澪を連れて皆んなの元へと戻る。

澪のシートベルトを緩めようとしていた津山の姿を見て、
元春はキスしていると勘違いしてしまう。
元春の頭の中は澪の事でいっぱいになり、人生をやり直す為、
2010年の500円玉を手にタイムスリップしようとする。

しかし、料金所は無くなっており、元春は戻る方法を教えてもらう為、
小池良治の元へと向かう。
涙ながらに澪に対する想いを話す元春だったが、
小池の口からは何も告げられる事は無かった。

スポンサーリンク

知ってるワイフ 5話の感想

あんなにも澪と別れたがっていた元春でしたが津山と澪の関係を知り、

初めて自分の気持ちに気づく事となりました。

本当に大切な物は、失って初めて気づく事があります。

失ってしまったものの大きさに元春は、やっと気づく事が出来ました。

澪への想いが溢れ、再び澪との人生をやり直そうとする元春でしたが、

時すでに遅し、もう人生をやり直す事は出来なくなっていました。

何故、あの時、このような人生を選択してしまったのかと

元春の中で、後悔が生まれたと思います。

涙ながらに澪に対する想いを話す元春の姿を見ていたら、

何とか戻れる方法はないのだろうかと思ってしまいました。

小池は戻れる方法について、何も語ろうとはしませんでしたが、

実際には何か方法があるのではないかと思ってしまいました。

澪との関係を取り戻せなくなってしまった元春。職場や外で、

幸せそうな津山と澪の姿を見なければいけないのは、

とても酷な感じがします。

今後、元春は澪の事を諦め、沙也佳との人生を歩んでいくのだろうか。

元春が、果たしてどのような決断を下すのか気になります。

結局、幸せを掴む為に新たな人生をやり直した元春に待っていたのは、

澪に対する後悔しかなかったように感じます。
ペンネーム:ナッツさん~30代女性~

スポンサーリンク