死との約束 ドラマの見逃し動画 無料視聴方法は?無料配信サイト情報をいち早く!

死との約束 ドラマの見逃し動画 無料視聴方法は?

ドラマ「死との約束」の見逃し動画を無料視聴するにはFODプレミアムがおすすめです!

FODプレミアム「死との約束」のほかフジテレビ系列のドラマを独占配信しているそうです。

今ならFODプレミアムは初回2週間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません。

FODプレミアムの特徴

・「死との約束」のほかフジレビ系の動画が豊富!

・過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の独占タイトルを配信

・FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題で15万冊以上のコミックも楽しめる!

・毎月8日にはドラマ以外にも映画も無料で見れます

・会員限定で合計で最大1200ポイント(1200円分)プレゼント

「死との約束」ドラマ 見逃し配信状況を他の無料動画配信情報と比較

配信サービス名 配信状況 無料期間
FODプレミアム 2週間今すぐ視聴>
Hulu 2週間今すぐ視聴>
Paravi 2週間今すぐ視聴>
U-NEXT 31日間今すぐ視聴>
dTV 31日間今すぐ視聴>
TSUTAYATV&DISCAS 30日間今すぐ視聴>

「死との約束」を快適に無料視聴するにはFODプレミアムがおすすめです!

\全話を独占配信中/

2週間の間に解約すれば無料

FODプレミアムの登録方法と解約手続きの方法

登録方法は簡単5ステップ

①FODプレミアムにアクセス

②今すぐはじめるをタップ

③アカウントの新規登録(お持ちのメアドでOK)

④購入内容を確認し、「購入内容を確定する」をタップ(クレジットやその他)

⑤登録完了画面がでたらOK!

たった3分程度で簡単完了!

FODプレミアムから確認メールがあなたの登録したメールアドレスに届くので、

そのURLをクリックすれば登録完了!

※支払い情報の登録をしても無料トライアル中に解約すれば

料金は発生しませんので安心して下さい

解約方法も簡単4ステップで完了

① FODプレミアム公式サイトへログイン⇒「マイページ」

②「メニュー」をタップ

③月額コースの確認・解約をタップ

④この月額コースを解約するをタップ

⑤解約するをタップ⇒解約完了

「ご解約が終了しました」と画面に表示されればOK!

FODプレミアムの概要
主な項目 詳細表示
無料期間 14日間
無料期間中の解約 可能です
月間の料金 976円税込(税込み)無料期間終了後
ダウンロード ありません
見放題の作品数 動画本数40,000本以上
雑誌冊数130誌以上
独占配信 フジテレビ系ドラマ
\全話を独占配信中/
2週間の間に解約すれば無料
FODプレミアムでは以下の作品も配信中!
◆ルパンの娘2
◆監察医朝顔2
◆さくらの親子丼3
◆SUITS/スーツ2
◆DIVER(ダイバー)特殊潜入班
◆コンフィデンスマンJP
◆リッチマン、プアウーマン
◆ディア・シスター
◆アンサング・シンデレラ
◆令和版 東京ラブストーリー
◆スーツ
◆教場
◆のだめカンタービレ
◆昼顔
◆ライアーゲーム
※動画共有サイトのDailymotion、Pandora、9tsuなどは
動画が無許可でアップロードされて違法サイトですのでおすすめできません!なぜならウィルスに感染する恐れがあるので視聴するなら
安心安全な公式動画配信サービスのご利用を推奨します。

死との約束 ドラマいつから?あらすじや放送日/キャスト出演者を紹介

死との約束の放送日やキャスト出演者

放送月日 2021年3月6日
放送曜日/時間 土曜日/21:00
原作/脚本 アガサ・クリスティー/三谷幸喜
キャスト 。野村萬斎

。松坂慶子

。山本耕史

。シルビア・グラブ

。市原隼人

。堀田真由

。原菜乃華

。比嘉愛未

。坪倉由幸(我が家)

。鈴木京香

主題歌
放送局 フジテレビ系

死との約束のあらすじ

「分からないのか、こうなったらもう殺すしかないんだっ」。名探偵・勝呂武尊(野村萬斎)は休暇で訪れていた熊野古道のホテルで、その場に似つかわしくない物騒な言葉を耳にする。事件はこの時、すでに動き始めていた・・・。 翌日、朝食をとるためにホテルのラウンジに向かうと、そこで医学書を読んでいた医師の沙羅絹子(比嘉愛未)の姿を目にし、声をかける。沙羅は勝呂のことを新聞で見て知っていたため、二人はすぐに打ち解ける。そこに、本堂家の夫人(松坂慶子)、次男の主水(市原隼人)、長女の鏡子(堀田真由)、次女の絢奈(原菜乃華)がやってくる。どこか異様な雰囲気をかもしだす夫人は、やってくるなりホテルのスタッフをどなりつけ、子どもたちにはあれこれと命令し始める。さらに遅れて、長男の礼一郎(山本耕史)と妻の凪子(シルビア・グラブ)もやってくる。夫人の言動は、まるで一家の独裁者のようで、子供たちはみな完全に彼女の支配下に置かれていた。その風変りな家族の様子に、勝呂はあっけにとられてしまう。一家と古くからのつきあいがあるという男・十文字幸太(坪倉由幸)によると、主である本堂氏が、家族が一生遊んで暮らしていけるほどの十分なお金を残して死んだため、本堂家は家族全員で日本中を旅しているのだという。

死との約束 ドラマ 感想

"昭和レトロな雰囲気が漂うミステリードラマでした。
お金持ちの一族の兄弟同士のトラブルは、よくドラマで見る題材かと思ったのですが、これは一味違いました。
この家族は、母親に支配されており、母親は気に入らないことがあるとすぐに子供を怒鳴る。子供同士はみんな暗い表情で、母親の言いなりになっていました。そのやりとりを見ていると、こちらまで支配されてしまうような、圧迫されるような気持ちになりました。
関係者全員をフロアに集め、消去法で犯人を絞っていくシーンが非常に面白かったです。長くて見ごたえがありました。
犯人は思いもよらない人物で、全く想像できなかったので驚かされました。
殺人事件が起こったとはいえ、最後はどこか開放的でホッとした気持ちになりました。この事件をきっかけに、兄弟達もこれまでと違った生き方ができるのではないかと思いました。
この作品で勝呂という男は軽快でいつもふざけているように描かれていましたが、ラストシーンは全く別の顔を見せました。その表情が、何とも哀しかったです。悲しいところは悲しく描き、楽しいところは徹底的にコミカルに描く。そんなメリハリのあるドラマでした。
☆さかもとしょうこ☆さん:30代女性
野村萬斎さんが探偵・勝呂を演じた「死との約束」。昭和30年代の設定で衣裳や建物も統一されていて雰囲気抜群でした。一家の独裁者の母が殺害され、旅行で一緒にいた家族たちに容疑が掛かりましたが、勝呂の昔の知り合いが犯人だったので見ごたえがありました。彼女の過去と被害者が意外なつながりを見せて驚きました。それぞれに家族をかばい嘘をついている設定は”オリエンタル急行”っぽいなぁとも感じました。今回もみんなで示し合わせた犯罪?とも思いましたが、それを上回る裏設定があり最後まで面白く見てしまいました。被害者を松坂慶子さんが演じていましたが、かなり口が悪く性格も歪んでいたのでいつもの清楚な役だけでなくこんな役もされるのだなぁと思いました。熊野古道の風景が美しく行ってみたくなりました。旅先なのに勝呂のことを知っている人が多く、とても得意そうな感じが可愛く感じました。自分に自身があっても人から褒められるのは嬉しいモノなのでしょうね。ラストは勝呂なりの配慮があり、犯人や被害者の死を事件にしなかったのでロマンチックだなぁと思いました。
おうじとうさぎとハートさん:40代女性
名探偵勝呂武尊の休暇中に起きた事件。被害者となった夫人が心臓病を患っていた事から、初めは病死の可能性が疑われました。しかし、さすが名探偵勝呂です。夫人の腕に注射針で刺された痕があった事に気がつきます。探偵の洞察力の凄さに感心してしまいました。この被害者である夫人は家族を束縛し、服従させているという素顔がありました。家族の誰かが犯行に及んでもおかしくない状況の中、様々な人物を疑いの目で見ていました。皆んな怪しく見えてきて、一体誰が犯人なのかと勝呂の推理に耳を傾ける中、意外な人物の名が挙がって驚きました。名誉や権力も兼ね備えた代議士の上杉が、何故この様な犯行に及んだのか疑問に感じました。一見すると接点の無さそうな夫人と上杉。囚人と看守という関係性があった事に驚きました。夫人が人を服従させる事に快感を覚えていなければ、今回の悲劇は起こらなかったと思います。人を支配する事は、そんなに楽しいものなのだろうか。夫人の考えは理解出来ず、もっと人に優しく接していれば、人生が違ったものになっていたのではないかと感じました。

ラビゴリットラビーター:30代女性

勝呂って優しい。上杉代議士を追い詰めといて、最後にポツンと一人にする。真綿でクビを締めるようでもあり、観念しなさいとじんわり諭す親心のようでもある。事故死として公表するなんて人情探偵・勝呂、運動神経は残念だがいいヤツ。探偵頼みの警察の捜査ってどうなんだろうという気持ちに蓋をして、1930年なら『有り』かなと。怪人二十面相もいただろうしなんでも有りに着地w。本堂夫人に圧倒された。資産家らしく充分なお金があって旅行三昧なのは羨ましい反面、働く楽しさを知らない子供たちは可哀想でもある。昭和初期のモダンな衣装、レトロなバス、ノスタルジックな洋館、どれも素晴らしい。中でも美しいステンドグラスに目が釘付けでセリフ入ってこなかったw(黒井戸のときもw)。熊野古道・八咫烏・天狗伝説という日本の神秘的な景色と、アガサクリスティーの『全員容疑者』的ミステリーワールドが見事に融合していた。キャスティングも文句なし。これだから三谷幸喜はやめられない。

konnofumikoさん:50代女性~

三谷監督と野村萬斎さんが主演という事で、これは面白いだろうと思って見ました。そしたら本当に良かったです。アガサクリスティなので堅苦しい感じかなと思ったのですが、三谷流なのか少し軽やかに感じました。本堂夫人の明らかな独裁ぶりや、子供達のオドオドした感じがオーバーだからでしょうか。演技が繊細さよりも大胆な感じがしたので、軽やかに感じたのかもしれません。
あと、野村萬斎さんの勝呂のしゃべり方が独特過ぎるせいか、笑えて軽さを感じたのかもしれません。

しかし、ストーリーは緻密に計算されて繊細でした。穂波から扇子をもらったのはこういう意味だったのか、誰も本堂夫人を探しに行かないのは夫人が死んだのを知ってるからかと、なるほどなと思いました。伏線かなと思っていた事が伏線ではなく、こういう意味だったんだと気づきもしない所が伏線だったので、三谷監督に一本取られた気持ちです。最後はハッピーエンドとは言えないところも考えさせられました。

酒場大好きみっちゃんさん:30代女性~