リモラブ  最終回のネタバレ あらすじと感想のまとめ!最後に二人は・・・
スポンサーリンク

リモラブ 最終回のネタバレ あらすじ

ふたご座流星群を一緒に観に行き、互いの気持ちを近づけるはずだった美々と青林。

しかし、気持ちにズレが生じ、美々の家で喧嘩別れとなってしまう。

その後、青林から電話もSNSも来ない事に美々は、苛立っていた。

そんな中、檸檬2からメッセージが届いている事に気が付いた美々は、出勤した際に五文字に話し掛ける。

五文字が言おうとしていた、びっくりニュースとは、産業医を業務委託にするという話だった。

2人が話しているところに青林が出勤して来て、挨拶を交わす。

3人でエレベーターに乗るが、どこかぎこちない様子の美々と青林の姿に五文字は違和感を感じる。人事部で産業医の業務委託の件について話し合われる中美々の悪口に耐えられなくなった青林は社員達を注意する。

その後、岬に引き連れられ、社員達は美々に対して謝罪をする。

美々が気にする様子を見せない中、岬は本題だと産業医の業務委託の件について署名活動を始めた事を報告する。

大桜美々先生を守る会のネーミングを青林が付けたと知り、美々は青林の優しさに胸が締め付けられる。

そして、仕事終わりに青林に会い、無神経だった事を謝罪する。仲直りした2人は、クリスマスに思い出の屋台のラーメン屋に行く事を約束する。

美々の家で一緒に過ごす中、再び2人の気持ちにズレが生じてしまうのだった。

一方、朝鳴は息子の気持ちを考え、富近に別れを告げるが、父の辛そうな姿が息子の心を締め付ける。

気持ちのすれ違いで悩む青林に五文字は、美々と間に何も無い事を伝えて2人の恋を応援するのだった。

朝鳴との件に落ち込む富近だったが、息子の許しが出たとクリスマスを3人で過ごせる事になる。

八木原は栞に会い、2人にとって最善の方法を共に考えようとプロポーズをし、承諾してもらうのだった。

クリスマス当日、署名活動や今の現状が追い風となり、産業医の業務委託の件は撤回される。

五文字は、美々に大切な人が出来たと嘘をつき青林との恋を応援する姿勢を示すのだった。

青林からラーメン屋が閉店したという連絡だけ入り、美々は自宅で寂しい時間を過ごす。

その後、青林からメッセージが届き、2人は思っている事を正直に伝え合う。

美々が自分の気持ちを延々と語る中、青林が抱きしめにきたよとメッセージを送り、美々の自宅にやって来る。

青林が買って来たクリスマスケーキならぬ草餅を食べようとする中、美々は、プレゼントを催促する。何も用意をしていなかった青林は、キスのプレゼントを贈るのだった。

スポンサーリンク

リモラブ 最終回のネタバレ 感想

ペンネーム: ナッツ 性別女性: 年齢30代
青林と楽しい時間を過ごす中、結婚願望が強くなっていた美々。
しかし、プロポーズを待ち望んでいたキャンプをきっかけに喧嘩となってしまいました。
好きだからこそ相手の事も理解したいし、自分の事も理解して欲しい。美々が、そう考えるのも当然です。美々と青林の場合は、互いに少し遠慮があり、言いたい事が言い合えてなかったような気がします。
互いの気持ちを理解するには、自分の気持ちを言葉にして、相手に伝える事が大切だなと思いました。
美々と青林にすれ違いが生じる中で、2人のサポート役に徹した五文字。美々を心配する姿から、
まだ美々に対する想いが残っているのだなと感じます。
それにも関わらず辛い気持ちを押し殺して、2人の恋を応援しようとする姿勢は、本当に素晴らしいと思います。
五文字の前にも素敵な女性が現れる事を願いたいです。
五文字の気持ちを考え、美々と青林には必ず幸せになって欲しいなと思いました。
そうならなければ、五文字が何の為に身を引いたのかわかりません。
ゆっくりと関係が進んでいる2人なので、結婚への道のりは、まだ先になりそうです。
互いにきちんと理解し合った中で、結婚した方が良いと思うので、
焦らずじっくりと2人の仲を深めて行って欲しいなと思いました。
スポンサーリンク