リモラブ 2話のネタバレ あらすじと感想!人に嫌われることなんて気にしない
スポンサーリンク

リモラブ 2話のネタバレ あらすじ

SNSで「檸檬」に恋をしてしまった美々。

感染予防のためにと人に嫌われることなんて気にしないで厳しいことを言い続ける産業医の仕事から解放されるのが「檸檬」とメールをやり取りするひと時。

起きてからの5分、寝る前の5分、休憩中の5分。美々にとって久しぶりにときめく時間がその5分だった。

そんな「檸檬」が誰なのかを必死に考える美々。

鐘木パルプコーポレーションといヒントの中でてっきり新人看護師の八木原が「檸檬」だと思った美々は思い切って八木原に私が「草モチ」だと告げるが八木原は「檸檬」ではなく恥ずかしい思いをする。

SNSでの出会いなんて今は当たり前だと自分に言い聞かせる美々。

それから5ヶ月「檸檬」と「草モチ」のやり取りはずっと変わらず順調に続いていた。

そんな時に青林から、なんだか意味深な食事の誘われ方をする。「まさか、キャベツの青林が檸檬?」「まさかねー」「青林だけは絶対にイヤ…」と思っていたら偶然に青林と我孫子が一緒に居るところに出くわしなんとなく2人が付き合っていることに気がつく。

と言いわけで青林が檸檬かも説はここでたち消える。そんな中、美々は「檸檬」とのSNSのやり取りの中にあった尿酸値ををふと思いだす。

その尿酸値を手がかりにすれば、鐘木パルプコーポレーションの中の「檸檬」が誰なのかを探せるはず。そう思った美々は一心不乱に、尿酸値をチェックする。

そんな美々の姿を見て部下の八木原も手伝ってくれ膨大な健康診断の結果から該当する人を探す美々。

該当者は営業部の岬に人事部の朝鳴部長人事部の五文字になぜか週に2回くる嘱託医の深杉先生の4人。特別健康指導をしますと言って4人を健康管理室に集めて「檸檬」を探す。

「檸檬」交わしたやり取りの内容から探るもののこの4人に該当者はなかった。
青林が意味深に美々を食事に誘ったのは実は同僚の五文字ためだった。

五文字は美々に好意を抱いていてそんな五文字のために美々を誘っていたのだった。

そんなことには全く気がつかない美々、居酒屋「おと」に誘われるものの断ることにする。

そんな美々だったがもしかしてもしかしたら朝鳴部長が「檸檬」?と思い、いや「檸檬」だ!間違いない!と思い確かめに突撃をする。

息子のタモツと居酒屋「おと」で食事をしている朝鳴部長に美々が突撃!私が「草モチ」です!「草モチ」です。あっけに取られて少し引き攣り気味の朝鳴部長。でま朝鳴部長は「檸檬」ではなく…

スポンサーリンク

リモラブ 2話のネタバレ 感想

https://twitter.com/2Ol5O5O2/status/1318883266280108032?s=20

第1話ではあまり見ることが出来なかった、美々先生の可愛いところかたくさん見れて嬉しかったです。

控えめなのか、めちゃくちゃ積極的なのか、わからないところが乙女心を上手く表現していて、
キュンとしながらクスッと笑ってしまうシーンが続出。

人事部の朝鳴部長、青林と五文字のイケメン三銃士も素敵で癒されまくりのドラマです。
今どきな内容だけどドラマドラマしてなくて、すっと入っていけるから来週も楽しみです。
檸檬が誰なのか、五文字の恋はどうなるのか?青林と我孫子の関係は?なんてワクワクしちゃいます。

それと新人看護師の八木原くんがいい仕事してると思います。
恋愛ベタな美々先生にアドバイスしてあげるところも、栞ちゃんとラブラブなところも素敵です。

バカップルって鼻につくのかなぁと思っていたけど、可愛い2人だとなんだかほっこりしちゃうから不思議です。
八木原くんと栞ちゃんのこれからも、かなり楽しみです。
これから美々先生がどんな気持ちになるのか、檸檬と早く出会って欲しいような

このまま出会わずに今の距離感を保っていて欲しいようなちょっぴり複雑なら気分ですが、
毎週水曜日が楽しみです。

どうなる美々先生、どうなる草モチ。来週が待ち遠しいです
~性別年齢:女性40代 ~

スポンサーリンク