リモラブ 1話のネタバレ あらすじと感想!大桜美々の新たな恋!?
スポンサーリンク

リモラブ 1話のネタバレ あらすじ

 

結婚適齢期?な主人公の波留演じる大桜美々。

ちゃんとした仕事、ちゃんとした見た目の出来る系の主人公。少し変わっているところと言えば、男性を食べ物に例えてしまうところ。

自分の理想からしても完璧ではなかった交際相手の男性から、他に好きな人が出来たとフラれるシーンからこのドラマは始まる。

すれ違う男性を、何気なく色々な食べ物に例えていくけど、美々が理想だと思う人には、そう簡単に出会える訳もなく、気がつけば一人で居ることが、寂しいなんて思わない、一人が楽ちんで恋愛が少し億劫な独身女性が完成していた。

大企業の「鐘木パルプコーポレーション」で、産業医として働く美々。美し過ぎる産業医とウワサをされるが、美々のドSなところを全面に惜しみなく出してしまう性格と、産業医として、このコロナ禍に徹底した感染予防対策に取り組む姿を見て、

やがて陰で健康管理室の独裁者と呼ばれるようになる。マスクの着用や手指の消毒の徹底はもちろん、今までの当たり前のひとつひとつが、今までと同じではダメだと細かく突っ込む美々。

残業していて美々に注意をされた人事部の、朝鳴部長やその部下、青林や五文字から、もちろん彼氏は居ないだろうと言われてしまう。そんな毎日を過ごす美々だったが、

自粛生活の中で「一人が楽ちん、一人で平気」と思っていた気持ちに変化が…。そんな時、精神科医の富近先生が、ストレス発散出来ると、対戦型のオンラインゲームを教えてくれる。

ゲームなんてあんまり興味はないけど、試しにとやってみる美々。やっぱりつまんないと思ってたところに、知らない人からSNSでメッセージが届く。何気ない会話のやり取り。

そんなやり取りをするうちに、そのSNSの人「檸檬」さんに美々は恋をしてしまう。SNSでやり取りをしているうちに、美々が惹かれた「檸檬」が、鐘木パルプコーポレーションにいる事がわかり、

美々こと「草モチ」?「草モチ」こと美々?が、恋する「檸檬」は一体誰なのかを、知りたいけど知るのが怖い恋愛ベタな美々を、健康管理室の部下である新人看護師の八木原が、優しく時には厳しくアドバイスしながら応援してくれる。

八木原には最愛のかわいい彼女「栞」がいて、第1話の中でも、ちょいちょいリモートでいちゃいちゃするバカップルぶりを披露してくれる。

「檸檬」は誰なの?男性を上からしか見ていなかった美々の恋は果たして実るのか?そんな気持ちになる第1話。健康管理室の独裁者の恋の相手は一体誰なのか…

スポンサーリンク

リモラブ 1話のネタバレ 感想

波留が演じる主人公の大桜美々。
自分にはない美しさと頭の良さがある美々は正直少し鼻につくと感じたけど第1話で美々がそんなにイケてない彼氏からフラれるところから始まったのでスッと見始められた気がする。
今コロナの話題がふんだんに織り交ぜられていてリアルタイム感もあるドラマ。頭が良くて美人でも恋愛が得意じゃないところに好感を持てた。
コロナをかなり取り入れてあったので正直第1話の前半はあんまり面白くないように感じてしまったけど、SNSで「草モチ」としてやり取りを始めた美々の姿がとても可愛くて、
観てるうちに気がつけは自然に笑顔になっちゃうドラマになりました。

主人公の美々を演じる波留さんだけじゃなく、
出演者も豪華で見応えあるドラマだと感じました。

ラブコメディーって書いてあるけど、そうかなぁ?と思いながら見始めましたが、
しっかりラブコメディーでした。美人で頭のいい主人公がとても滑稽な動きをしたり、
心な中で言う独り言にとても共感できました。

既婚者の私ですが、久しぶりに笑いながら胸キュン出来るドラマに出会えてすごく嬉しいです。

これからの「檸檬」と「草モチ」のやり取りが楽しみ。もっとキュンキュンしたいです。
~ 女性: 40代 ~

スポンサーリンク