レンアイ漫画家 1話 考察|あらすじ予想と見どころ!コンビが織りなす不器用な恋愛模様!
スポンサーリンク

鈴木亮平が民法ドラマの初主演を務められるこの作品!

凸凹コンビが織りなす不器用な恋愛模様や、

人付き合いが苦手になっていった背景等が描かれるのが楽しみです。

 

それでは、早速「レンアイ漫画家」1話の考察と

あらすじ展開予想をご紹介していきたいと思います。

レンアイ漫画家 1話のあらすじ予想

久遠あいこ(吉岡里帆)は、葬儀屋(あかり葬祭)で働く29歳。

ある日の葬儀であいこが担当する事になったのは、刈部純(白石隼也)でした。

 

純はあいことは親しく高校時代の初恋の相手でもあるのですが、純には子供が居ました。

急に父親を亡くし一人になってしまったレン(岩田琉聖)でしたが、

あいこが働く先の先輩からレンの面倒を見てあげればいいのではないかと提案されます。

 

母親もいなかったため純はシングルファザーとして育ててきたのかもしれませんが、

葬儀には、怪しい人物が来ていたのです。

 

葬儀には似つかわしくないパーカー姿で、純の葬儀に

集まった人達から白い目で見られる男は刈部清一郎(鈴木亮平)だったのです。

 

純の兄である清一郎は、本来レンを育てていくには

血が繋がっている人の方がいいので、引き取るのかもしれないと思っていましたが、

あいこと挨拶を交わしているとレンの姿が消えてしまいました。

 

レンを探していると高所に居たのですが、

あいこはその姿を見て昔の事を思い出していました。

あいこは高校時代に、純に何度も何度も告白をしても玉砕してしまい、

もうあきらめかけた時に交際してもらっていたのです。

そんなことを幼いレンに話、思わずあいこは涙目になっていましたが、

レンは心優しくハンカチを渡そうとしました。

 

落ちそうになったレンを清一郎がキャッチしましたが、

そんな姿に驚いていたあいこに向かって清一郎は何を思ったのか

大声で「レンアイしろ!」と詰め寄りました。

 

そんな清一郎に、驚いたあいこは突き飛ばしその場を去ろうとしますが、

頭を地面に打ってしまいうずくまる清一郎でしたが、一体何者なのでしょうか。

あいこは、ケガをさせてしまった事が原因となってしまい解雇。

 

職探しを一生懸命していますが、見つからず自宅に

戻ろうとするあいこの目の前に不審な男がやってきます。

 

その男は、出版社の向後達也(片岡愛之助)でしたが、

あいこに仕事をぜひお願いしたいと言い出しました。

 

達也についていくととんでもない豪邸にたどり着いたのですが、

そこに居たのは清一郎だったのです。

 

清一郎の正体は、天才漫画家でありヒット作品を

何度も作り上げてきた正体不明の少女漫画家なのです。

 

今度の漫画のネタにする為に疑似恋愛をしてみてと

言われたあいこでしたが、むちゃぶり恋愛は成就する事があるのでしょうか。

 

不器用で人付き合いの苦手な清一郎が、

あいこに接してどう変わっていくのかも見どころの一つです。

スポンサーリンク

レンアイ漫画家の見どころ予想展開を紹介

レンアイに臆病な二人

 

夢も抱く事も無く、お金も持っていない久遠あいこは、

裏表はない性格なので、誰かを疑う事は何も知りません。

 

騙されているのも分からずに、ダメ男をほいほいと呼んでしまうお人よし女子で、

運命の人に出会う事も無くもう30歳手前です。

 

同じく清一郎も人付き合いが苦手てあり外に出る事も全くと言っていいほどない。

天才漫画家ではありますが自分が恋愛したことは

ゼロに等しいほどでしたが、なぜ急にあいこをターゲットにしたのかは分かりません。

 

清一郎のせいで解雇になってしまいあいこは清一郎の事を

恨んでいるのかと思いきやそういう訳ではなく、

疑似恋愛体験を指示されても嫌がる事はありません。

 

お互いが自然になってくれば、本当の恋愛に発展していくのかもしれませんが、

発展していくのかしないのかは二人の気持ち次第。

 

でも、恋愛のミッションはすぐに出せるのに、

どうして清一郎は恋愛をしないのでしょうか。

 

過去に何かあるのかもしれませんが、

一体二人は最後にどんな結末を迎えるのかが楽しみで仕方ありません。

ライバルの存在と三角関係??

清一郎は、刈部まりやとして活動していますが、

まりやの事を正体を知らずにライバル視しているのが同じく少女漫画家の金條可憐であります。

 

一人娘を溺愛していますが、常に最先端の受けるネタを探している努力家でもあります。

展開予想としては、可憐がまりやの正体を知り、

ぶつかりながらも次第に近づいていく姿を想像しています。

 

そして、可憐と清一郎だけではなくあいこの周りにいる男性たちにも注目です。

早瀬剛は初めてのあいこの疑似恋愛の相手であり、

本当に恋をしているのかとあいこが錯覚するほどやさしく接してくれています。

 

疑似恋愛が本物の恋愛になってしまうかもしれませんが、あいこの周りにはもう一人います。

あいこが行きつけにしているカフェの店員・二階堂藤悟で、聞き上手な彼は

あいこの相談相手ですが、次第にあいこに対しての気持ちがはっきりしてくる可能性も

 

ポジティブですが、二階堂の存在が次第に清一郎とあいこの関係を

乱していく存在になる可能性もあります。

大きく二点に分かれて紹介しましたが、まだまだ魅力があるこの作品をぜひお見逃しなく。

 

今回は「レンアイ漫画家」1話の考察とあらすじ展開予想をご紹介しました。

「レンアイ漫画家」1話の見逃し配信はこちらをクリック>

スポンサーリンク