レッドアイズ ネタバレ 最終回10話 あらすじと感想!全ては解決したかに!?
スポンサーリンク

レッドアイズ ネタバレ 最終回10話 あらすじ

美保の死に隠された本当の真実とは何なのでしょうか。

そして、響介は復讐してしまうのでしょうか。

仲間の存在が支えてくれるのか。

今回は「レッドアイズ監視捜査班」10話(最終回)のあらすじと感想をご紹介します。

レッドアイズ 監視捜査班 10話(最終回)あらすじストーリー

・逃走

響介(亀梨和也)は、どうしても受け入れる事が出来ずに

小牧と話しをしようとしましたが、小牧は銃で撃たれてしまいました。

響介が撃ったとなり、警察から追われる身になってしまいますが、今捕まるわけにはいきません。

挟み撃ちになってしまいましたが、湊川(シシドカフカ)助けられて

何とか逃げ出す事ができました。

 

湊川は最初から、響介がやったとは思っていなかったのです。

それは全員一緒でしたが、響介はこれからも警察に追われる事になります。

でも、一つ分からないのは美保がどうして狙われる事になってしまったのかです。

・狙い

B2ファイルに何か隠されていると思っている由梨(松下奈緒)は

刑事部長のパソコンからデータを抜き取って調べる事にしました。

これだけ、何度も鳥羽達に狙われているB2ファイルの中身は

相当ばれたくない警察の機密情報です。

 

由梨は、響介の事を絶対に信じていると伝えましたが、

響介は今隠れ家に言っていました。

真弓(TAK)の情報も知る事ができましたが、

中東の特殊部隊に居た事が分かりました。

下関大臣と鳥羽の繋がりが見つかりましたが、

鳥羽の妻・梓が当時教師をしていた学校でいじめがある事を知ります。

 

首謀者は、下関大臣の息子・悟でありましたが、

事実を伝えた梓が逆に恨みを買って、悟に暴行を受けます。

しかし、すぐに悟は逮捕されたのですが、

証拠が何もかももみ消されて起訴されることはなかったのです。

でも、梓は受け入れる事が出来ずに自殺してしまいました。

 

それが鳥羽の恨みの種でしたが、どうして響介を狙っていたのかまでは分かりません。

その頃病院に真弓が現れて小牧を再度連れ去られていたのですが、

小牧は、昔情報を売る事をしていました。

美保の情報も鳥羽に売っていたのです。

鳥羽は下関大臣が会見を行うので、そこで協力してほしい事があると

響介に頼みましたが、どうしてここまで響介に執拗にこだわるのでしょうか。

 

響介は、次の日に真弓たちの元へ行きましたが、

真弓は昔PTSDと判断されて安定剤を飲んでいる事を響介は知っています。

湊川は、響介たちの乗っている車を追います。

・真相

堂々と大臣の居る病院に忍び込み、大臣と成人を迎えて

お義父さんの秘書になった悟を狙っています。

刑事部長も拉致されてしまいます。

そこで、内部から情報を漏らしていた人物も分かりました。

 

SPは何の役にも立ちませんでしたが、

響介は何をしようとしているのか分かっているので、

罪を十分に犯しているのに守ろうとしています。

急に車は停まり、真弓と戦っていましたが、

助けに入った湊川も響介もスタンガンで眠らされてしまいます。

 

とある場所に連れてこられている湊川と小牧は意識朦朧としています。

劇場の檀上に座らされている悟と刑事部長ですが、

二人の映像をあげるためにカメラが設置されていました。

鳥羽が現れて刑事部長と悟に妻の写真を見せて何か知っているかと、

妻を殺害したのは誰ですかと聞きました。

 

悟の頭に銃を突き付けて、真相を聞こうとしましたが

顔の形が変わるくらいに殴っただけだと言い、鳥羽を怒らせてしまいました。

その為、頭を銃で撃ち抜かれて、死亡しましたが、次は刑事部長に的が移りました。

大臣の息子・悟を守るために梓のあらぬ記事を作り上げて、

週刊誌に掲載した際に、梓の事を面白おかしくSNSに拡散されてしまったのです。

湊川が標的に!

自分の個人情報まで載ってしまい、苦しくなった梓は

一人で薬を服用して自殺しましたが、鳥羽は次は湊川の番だと言い始めたのです。

この事件に関係しているわけではないと思いますが、

小牧は恨みは晴らしたのにどうしてこんなことをするのかと。

美保を手にかけた時に、自分の気持ちに正直になる事を解放したのです、

響介は美保を殺されて復讐したいと心から思っているはずです。

 

そこで、復讐心をかりたたせる事で、自分に対して鬼となった響介に

自分を殺させる事を想像するだけでゾクゾクしていたと気持ちの悪い事を言い出しました。

美保を殺害した理由は、梓の記事を書いたのは美保だったからだと述べました。

美保は、上司にこの記事を書くように言われた時一度は断ったのです。

 

しかし、県警の上層部からの命令なので響介の今後に

関わってくるのではないかと承諾してしまったのです。

何度も何度も刺し殺し、鳥羽は美保は自分に殺されるために

生まれてきたと言いましたが、鳥羽を殺害しようとしている響介に

美保の昔の動画を見せました。

 

そこには、美保が響介に妊娠を伝える動画が流れてきました。

美保の携帯の中にあった動画を小牧はずっと持っていたのです。

由梨は、どんなに残酷な世界でも、

どんなにつらくても今は踏みとどまらないといけない時だと話しました。

美保の事を考えるだけで涙が出てきてしまい、

本当に返してほしいのに帰ってこない命になってしまったのです。

新たな謎

響介は警察官として鳥羽を逮捕する事ができました。

鳥羽の思い通りにはならなかったのです。

しかし、悟と刑事部長は亡くなってしまいましたが、由利は翌日妹の所に会いに行きました。

大事な人を失わせてしまってごめんねと話しました。

 

KSBCも解散になってしまい、不正が発覚している事件に関しては

再捜査をする事になってしまいました。

探偵に戻った響介たちは、また一緒に居られる幸せをかみしめていました。

通常生活にもどったと思われたその時、

由梨の妹が鳥羽のマークが描かれたチャームを持っている映像が流れます。

終わりは始まり。

果たしてどういう意味なのでしょうか。

スポンサーリンク

レッドアイズ  最終回10話の感想

これからどうなっていくのでしょうか。

もう分かりませんが、どうしても最後の映像が頭から離れる事が無くて。

そして鳥羽が言った見ているからなという言葉が気になります。

支えてくれたのは先生だから、罪を犯すというのは違う。

それは分かっているけど、何もかもに絶望してしまった時に

助けてくれた人が自分の恩人になってしまう事も分かります。

でも、その気持ちに打ち勝ち響介も由梨も生きています。

きっと、支えが大きくてと由梨も響介も思い出を大事にしているのです。

全員がそうなれればいいのですが、奪われてしまったものや人は二度と帰ってきません。

悟や刑事部長の事を大事に思っている人もいたはずです。

復讐は復讐しか生まないというのは本当だと思いますが、

これからどんなストーリー展開になっていくのでしょうか。

最終回のはずが最終回になりませんでした。

映画化かな。

スポンサーリンク