レッドアイズ ネタバレ 9話 あらすじと感想!小牧からとんでもない言葉が!
スポンサーリンク

レッドアイズ ネタバレ 9話のあらすじ

遂に美保を殺害した犯人が明らかに?!

しかし、その正体は響介たちが予想している人ではなかったのです。

そして、鳥羽はどんな方法で操り人形を作っているのでしょうか。

今回は「レッドアイズ監視捜査班」9話の

あらすじと感想をご紹介していきたいと思います。

レッドアイズ 監視捜査班 9話のあらすじ

黒幕がやってきた!

 

鳥羽(高嶋政伸)が警察にやってきて、捜査一課との合同で捜査を進める事になりました。

急に取調室に通されてマークの事を聞きましたがとぼけています。

同じマークがクリニックにもありますが、

蠣崎(忍成修吾)が患者であった事を伝えられました。

数年前に患者として半年間見ていましたが、

カルテを持参して警察までやってきたのです。

 

由梨(松下奈緒)は、鳥羽に右腕を見せてほしいと願い

美保の殺人を起こしたのは右腕に傷のある人物ですので、見せてほしいと言いました。

同じ傷があり、響介(亀梨和也)は取調室に乗り込んでいきましたが、

美保を知っていますかと聞き、容疑者と同じ傷だと話しました。

 

そっくりではありますが、自分ではないと言っていますが、

疑いを深めた響介に自宅とクリニックの鍵を渡して調べていいと強気にでました。

傷だけを見るならば鳥羽が確実に犯人ですが、

冷静に湊川(シシドカフカ)と一緒に捜査を始めました。

鳥羽の過去と洗脳の仕方

 

傷は35年前に自宅で寝ていると父親に切りつけられ、

会社の経営に失敗した父親が無理心中をしようとしましたが、

必死で鳥羽は父親から逃げました。

翌日家に帰ると両親は、遺体となって発見されました。

 

由梨の目をじっと見て、蠣崎の話を始めました。

もし、今一人で真っ白な部屋に立ちすくみ、

そこに蠣崎が目の前にいると思ってください。

思い切りの心の中にある蠣崎への罵詈雑言を浴びせた後に、

蠣崎を自分で殺害するように誘導しましたが、

その頃、蠣崎が病院で何者かに銃を貰って自殺しました。

 

犯行の仕方は、チャールズマンソンという過去に居たカルト集団の教祖に似ています。

憎い相手を想像の中で殺害しろと命令して、

罪の意識にさいなまれた所に自分を解放しなさいという言葉をかけます。

響介と湊川の捜査

 

クリニックに着き捜査を始める湊川と響介。

響介は物音がしたので、音がした方向に歩いていくと

いくつもの部屋がありました。

音の正体は、窓が開いていてブラインドが風で揺れていましたが、

部屋の中には誰かが居たかのような痕跡があります。

 

そしてもう一つ、小さなロッカーのようなところに

タオルに包まれたナイフが保管されていました。

ナイフには、血痕が大量についていますが、

美保の殺害に使われていたものであることが判明しました。

しかし、ナイフの柄の部分には驚きの人物の指紋がついていたのです。

裏切り者

 

柄の部分についていた指紋は、小牧の指紋と一致しましたが、

コーヒーを買いに行くと言って出て行ってから連絡を取る事が出来ません。

監視カメラの映像を見てみると、

小牧は警察から出てから一台の駐車してあった車に乗り込みました。

 

助手席には、真弓(TAK)が居ました。

どうして、小牧がこんな人物と一緒に居るのかは最初は分かりましたが、

KSBCに急に小牧からURLのついたメールが送られてきました。

 

そこには、真弓が映っていて、湊みらい総合医療センターのシステムを乗っ取りました。

病院内の防犯カメラはオフラインになっていて

病院内の防犯カメラを見る事が出来ませんでしたが、

小牧から来たURLにアクセスすると防犯カメラを見る事ができました。

要求は、ブルブラッドリストです。

 

外務大臣が現在手術室に入っていますが、ブルーブラッドリストを

大手3社の新聞社に載せる事でした。

しかし、刑事部長はブルーブラッドリストは絶対に公表しない上に

リストの方が大事だと言い大臣の為にも公表しないと言いました。

病院のセキュリティは、外部から叩くと破りにくいですが

内部にも内通者が居たら破るのは簡単です。

 

リストの中には大臣に関する事も情報が載っているからこそ

リストは公表するべきではないと判断したのです。

響介は犯人が乗っていた該当車両に追いつきましたが、

犯人も上に居て小牧は犯人から必死に逃げていました。

 

銃を持っていたのですが、犯人は格闘経験があり

制圧するのは難しいのですが、どうして小牧はこんなにも逃げ回っているのでしょうか。

別に逃げようとしているわけではなく、湊川は撃たれてしまいましたが、

なぜ響介と一緒に来なかったのでしょうか。

 

響介はシステム復旧のパスワードが分かったかもしれないと

入力すると外部からの攻撃も止まったとシステム管理部から連絡が入りました。

狙い

鳥羽は証拠不十分で帰る事ができましたが、

妹の事も知っていると聞かされ由梨は心配になり

連絡を取りましたが、電話には出ません。

折り返しの連絡が入りましたが、病院に居ると聞かされました。

 

響介の携帯に小牧からメッセージが入り山下ふ頭の二番倉庫まで来てほしい、

一人でと書いてありました。

美保が殺害された場所でもありますが、小牧が操られているだけならば、

脅されて入れてきているだけなのかもしれませんが、響介は違いました。

 

何か狙いがあって、自分をこの場所に呼び出しているのではないかと思っています。

事件の現場には小牧が居ましたが、いつもと雰囲気が違います。

システムジャックははめられてやったことなのかと聞かれましたが、

小牧は謝るばかりでしたが、自分の意思でやった事なんだと。

 

先生の願いは絶対で、やるしかなかったと言いましたが、

本当の事ってどういうことなのでしょうか。

急に服を脱ぎだして手にはあのマークがついていて

美保を殺害したのも自分だったと話し始めて右手には傷もありました。

 

鳥羽と同じ傷があり、響介はくだらない冗談だと話しましたが、

美保が持っていた事件当時の小さな袋まで持っていたのです。

中には血の付いたプレゼントが入っていて、メッセージカードには

来年は3人でパーティーしようねと書いてありました。

 

響介は、小牧に銃を向けて撃とうとしましたが、みんなが止めます。

小牧は撃たれてしまいますが、響介は事件現場から一人で逃げています。

鳥羽は地獄を楽しめと言いました。

スポンサーリンク

レッドアイズ ネタバレ 9話の感想!

どうして、響介が撃ったとなるのでしょうか。

銃を構えていても他の人物が撃ったのかもしれないと思わないのでしょうか。

ブルーブラッドリストもいつまでも後悔が引き延ばされているのできになります。

真弓はいつまで経っても捕まることがない上に、

どうして鳥羽と一緒の傷が小牧にもあったのでしょうか。

身代わりになる為にわざわざ作った傷なのではないかと予想していますが。

皆さんはどう思いますか。

鳥羽が美保を殺害した犯人だと筆者は思っているのですが、

小牧はどうしても美保を殺害した犯人を響介に教えたかったのだと感じています。

何らかの関係で知り合いになりマークをつけるまで洗脳されてしまった。

息子なのかもしれないとまで予想しましたが、

本当にそうならどうしてナイフに鳥羽の指紋が付いていなかったのか。

誰かが意図的にあの場所にナイフを置いたのですから、

小牧は脅されて身代わりになるように言われて指紋を着けたとしか考える事ができません。

鳥羽はどうして、そこまで響介を苦しめようとしているのかも分かりませんが、

過去に何かの事件で関わりを持ったのか。

それともひそかに美保に気持ちがあったのか。

ストーカーで、美保に交際を迫って振られたから彼氏であった響介を恨み、

憎しみを増長させて居たのかもしれません。

スポンサーリンク