レッドアイズ監視捜査班 5話のネタバレ あらすじと感想!伏見の婚約者を殺害したのは誰?
スポンサーリンク

レッドアイズ監視捜査班 5話のネタバレ あらすじ

レッドアイズも、5話中盤までやってきましたが、いかがでしょうか。

 

毎回展開が楽しみですね。

 

今回は、やっと伏見の婚約者を殺害した犯人「先生」の正体が分かります。

 

一体どうしてKSBCのメンバーを狙うのか。

 

そこが、まだわかりませんが、警察の中に情報を漏らしている人がいる事は確かなのではないかと伏見は思っています。

 

それでは早速「レッドアイズ 監視捜査班」5話をご紹介していきたいと思います。

 

「レッドアイズ 監視捜査班」5話のあらすじストーリー

 

島原由梨(松下奈緒)は、復讐の末、夫を殺害されてしまいます。

 

精神を心配した由梨は、カウンセリングを受ける事になりました。

 

しかし、鳥羽和樹(高嶋政伸)に由梨は、「私はカウンセリングを受ける必要はない」と言いましたが、話していくうちに和樹の言葉が心の中に自然に響いて来るようになります。

 

蠣崎(忍成修吾)の取り調べを行うことになりましたが、うまく行かずに、その足で、由梨の妹に会いに行く事になりましたが、妹は思い出したことがあると伏見(亀梨和也)に話す。

 

それは、蠣崎が「先生」と話す人がいた事を話しました。

 

伏見の婚約者を殺害した人物が「先生」と呼ばれる人物であり、警察の内部に情報を漏らしている人がいるのです。

 

伏見の事を、最終標的にしている事に間違いはないと思います。

 

そんな頃、爆破事件が発生しました。

 

犯人は、野球帽子をかぶった男性が犯人ですが、長篠(趣里)の顔が変わりました。

 

被害にあったのは刑事2人で、犯人は、声明文から犯人は警察に恨みを抱いている犯人なのではないかと疑いを深めていきました。

 

そして、長篠の行動も怪しく、伏見は小牧(松村北斗)に長篠のパソコンを調べるように言いました。

 

長篠は、事件が起こり2台分のカメラにアクセスしていたのに、一台分しかみんなには見せることはせずに映像を消去していました。

 

犯人の事を知っている長篠は、ひそかに犯人に連絡を取りますが、繋がりません。

 

長篠は疑いをかけられている事を知り、自分のロッカーを調べに来た湊川(シシド・カフカ)を襲おうとします。

 

言い逃れができないと察した長篠は、伏見達から逃げます。

 

由梨は、伏見達がこそこそしているのを知り、長篠の事を聞きます。

 

長篠は、以前事件に巻き込まれた事があり、その事件を担当していたのが今回犠牲になった二人の刑事です。

 

刑事はもう一人いるので、事件はもう一度起きます。

 

無事に長篠を確保しましたが、犯人から長篠は刑事を守ったのです。

 

長篠は、過去に誘拐事件に巻き込まれて、中年男性に誘拐されました。

 

犯人は、長篠の携帯を使って嘘のメールを兄に送りました。

 

怪しく思った兄は、警察に行きましたが、相手にしてもらう事ができずに何日か拘束されたあとに兄に見つけてもらいました。

 

兄は、長篠と逃げるとき犯人に出くわしてしまい、近くにあった凶器でなぐって殺害してしまったのです。

 

その上、犯人を殺害してしまった兄は、逮捕されてしまいました。

 

それからというもの、兄は刑事の3人の事を恨んでおり、犯行を行ってしまったのです。

 

兄・晋平(橋本淳)は、長篠宅にいたので、確保することにしましたが、後ろ姿が見えただけでした。

 

中の様子は分からず伏見が別方向から見たのは、マネキンでした。

 

家の中には爆弾が仕掛けられて降り、罠を作っていたのです。

 

逃げた晋平のあとをおっていると、青いジャンパーを着た男が現れ伏見と湊川を襲います。

 

長篠宛にKSBCに荷物が送られていました。

 

その中身は、爆弾で晋平は長篠が晋平を売ったと思っていました。

 

長篠以外は、KSBCを退出しろと指示を出しました。

 

由梨は、外で待つことにしましたが、晋平の目的は妹を殺害することではなかったはずです。

 

最初に、復讐のたねを作ったのは刑事3人だったかもしれません。

 

しかし、復讐を本当に実行するのかは晋平の心次第だったのです。

 

もう、何が目的か分からなくなっている晋平でしたが、伏見はあることが頭の中によぎりました。

 

妹を愛していた晋平が、必死で助けた妹を殺すはずがありません。

 

爆弾はフェイクで、本当は自分が死のうとしているのではないかと予感したのかも知れません。

 

長篠は、晋平が来てくれたことで命が助かり、外に出られる事ができたのです。

 

しかし、晋平の未来は警察によってたたれてしまい、もうあの頃に戻ってやりなおす事はできないと卑屈になっていました。

 

晋平の命も助かりました。

 

晋平は、KSBCがよく見える向かいのビルの屋上にいました。

 

人生を狂わされてしまった晋平は、もう何をしていいのか分からず力をなくしてしまい、また警察に捕まってしまいました。

 

長篠は今回の事で辞表を出すつもりでしたが、由梨にこれからは晋平のような人を出さないことに勤めなさいと話されました。

 

晋平のメールを調べていると、「先生」とかかれたメッセージを見つけました。

 

先生は一体何が目的なのか分かりませんが、伏見は、先生の正体を調べたくて家までやってきました。

 

そこには、伏見と湊川の事を襲ってきた男もいました。

 

伏見は、一生懸命に殴りにかかりますが、全然歯が立ちません。

 

 

スポンサーリンク

レッドアイズ監視捜査班 5話の感想

https://twitter.com/emily_rocks1126/status/1363131476540227585?s=20

長篠さんは、過去に卑劣な犯人に捕まってしまい二度と家に帰れないかもしれないと感じていました。

しかし、兄・晋平さんが助けてくれた事で、命も助かり、警察官になることができました。

でも、晋平は誘拐事件の犯人を襲われると思い殺害してしまいました。

犯人から身を守るためにした行動でも、犯人が死んでしまってるので晋平は逮捕されてしまいました。

晋平の未来は、それで崩れてしまい、刑事の事を警察の事を恨んでいました。

それも分からなくはないですし、晋平のどうして逮捕されないといけないのか、警察の助けを求めたのに警察はなにも助けてはくれませんでした。

それなのに、身を守る行動を取って傷つけたら自分が逮捕されないと行けない。

なにも謝ってくれる訳でもなく、事件をうやむやにして逮捕されるのは納得はできません。

そして、やっと黒幕の正体が分かりましたが、伏見の婚約者を殺害したのは、青いジャンパーを着たあの強い男なのか、そこがわかりません。

意識をうしなってしまった伏見はどうなるのでしょうか。

今回は「レッドアイズ 監視捜査班」5話のあらすじと感想をご紹介しました。
アランさん:20代女性~

スポンサーリンク