夫のちんぽが入らない 5話のネタバレ あらすじと感想!久美子が悩みをネット掲示板に書き込んだ結果!
スポンサーリンク

夫のちんぽが入らない 5話のネタバレ あらすじ

第五話は、研一(役:中村蒼)がソープランドに入っていく姿を

見届けながら久美子(石橋菜津美)は

自分の中学生時代のクラスメイトに

恵子という子がいたことを思い出します。

 

中学2年生の夏休みの間に恵子は

急に胸が大きくなりました。

 

修学旅行中に、バスに乗り遅れた恵子が

バスに向かって走っていくと

バスの中から男子生徒たちが

走って揺れる久美子の胸に騒ぎ立て

それ以降、久美子は男子の注目の的となりました。

 

大人しいタイプの性格だった恵子は

男子に胸のことを言われることが嫌で不登校になり

卒業後は遠くの町の高校へ進学していきました。

その後、何をしているか久美子は知りません。

それを思い出しながら久美子は、男にとって女性は

2パターンいるのだと考えるようにします。

男性の性の対象になる女性か

愛の対象になる女性か、です。

 

「夫をどうぞ、よろしくお願いいたします。」

と久美子は深々とソープランドにお辞儀をして

帰っていきます。

 

「大丈夫、大丈夫、気にしなければ大丈夫。

学級崩壊だって、気にしなければ大丈夫。」

久美子は何度も自分に言い聞かせます。

 

しかし、大丈夫なんかではありませんでした。

その帰り道に、前回の話であった事故寸前のトラブルが起きます。

 

久美子は、このままではいけないと思い

誰にも相談したことがなかった

夫のちんぽが入らないことや

仕事の抱えている問題についての悩みを

ネットの掲示板に書き込みます。

すると「ミッキー」という人と

メッセージのやり取りをするようになります。

 

翌日、久美子は小学校に出勤します。

久美子が担任する5年3組は

変わらず学級崩壊しており

生徒たちは席を離れて鬼ごっこをするなどしていて

全く授業になりません。

 

職員室へ行っても他の同僚たちが

久美子に覇気がないからだと

陰口を言っています。

 

ストレスでいっぱいになっている久美子に

ミッキーが直接会って話をしようと言ってきます。

 

久美子は相談に乗ってもらおうと思い

ミッキーと待ち合わせをしますが

会ってみるとミッキーとは男性でした。

 

ミッキーは女性だと久美子は思い込んでいたため

帰ろうとしますが

ミッキーに強引に誘われ

断り切れない久美子は

ラブホテルに連れていかれます。

話や相談もする間もなく

ミッキーは久美子をベッドへ連れていきます。

久美子は最初拒みますが

まともにセックスしてこなかった自分を振り返り

投げやりになりすぐに諦めます。

 

久美子はミッキーとも上手くできるはずないと

思っていましたが

なんとミッキーとは出来たのです。

 

その1回のために、久美子は何年もの間悩んできたのに

とショックを受けます。

 

そして結局、久美子はその悩みを分かち合えるのは

旦那の研一しかいないという結論に至ります。

 

久美子は急いで服を着て支度をし

ミッキーをおいてラブホテルから出ていきます。

帰宅した久美子は研一に相談しようとします。

しかし、研一は自分の仕事の悩みがあり

その相談を久美子に話し始めます。

 

研一の生徒が悩んでいるため

ご飯に連れて行って、ご飯を食べながら

相談に乗ったことを他の先生たちから

残業するなと指摘されたという話です。

 

話をしながら研一が久美子に抱き着こうとすると

ラブホテルでシャワーを浴びていなかった久美子は

慌てて研一から離れて

シャワーを浴びます。

 

久美子は急いでシャワーを浴び終えると

研一が寝ている寝室へ、申し訳なさそうに

ゆっくりと入っていきます。

 

そっと研一の隣に横になると

研一は久美子に抱き着きます。

すると、お互い手だけでセックスを始め

手だけで終わります。

セックスって何なんでしょう

と思いながら、久美子は眠りにつきます。

 

翌日の土曜日、研一はいつものように

ソープランドのポイントカードを持って

出かけていきます。

 

久美子は、ネットの掲示板を開き

先日掲示板で知り合ったミッキーという人に会ったら

男性でショックだったと

書き込みをします。

 

するとまた、ミッキーから

「次いつ会う?」

とメッセージが届きます。

 

それとは別に「アリハラ」という人からメッセージが届き

着信拒否をすればと提案され

久美子はミッキーを受信拒否にします。

 

週明け、学校に出勤した久美子は

自由に遊び回っている生徒の前で

授業を続けています。

 

すると突然、男性教師が教室に入ってきて

「静かにしろ!授業中だぞ!」

と怒鳴ります。

生徒たちは一斉に席につき

教室は静かになります。

 

男性教師が出ていき

久美子が授業を再開すると

生徒のリーダー的存在である寺田ミユキが

プリントを飛行機に折り

久美子にめがけて飛ばしてきます。

 

久美子がミユキに注意をすると

他の生徒も一斉に久美子へ紙飛行機を

飛ばし始めます。

 

この日を境に

久美子の生活は堕落していきます。

 

これまで書き込みしていた掲示板から

ミッキーの様に「直接会おう」と言ってくる男性に

会ってはラブホテルに通うという生活へ

変わっていってしまいます。

 

ここで第五話は終了です。

スポンサーリンク

夫のちんぽが入らない 5話の感想

第五話は、前回に引き続き

ソープランドに通う研一に久美子は

二人の関係について相談できずにいます。

研一のちんぽも入らないままです。

学級崩壊も改善することなく

むしろそれが日常となってしまい

悪化してく一方です。

ネットで相談することで

たくさんの意見がもらえる一方で

知らない人と簡単に繋がってしまい

久美子の場合は、気持ちが落ち込んでいる隙を突かれて

穏やかな生活が一変してしまいます。

これまでの久美子の性格や

研一との生活を考えると

想像できなかった展開となってしまいました。

久美子は仕事が上手くいかないのも

ちんぽが入らないせいだと考えていたのに

研一以外の人とはセックスできてしまう現実も

更に負担になっています。

最後は投げやりになってしまったのでしょうか…

個人的には、私と全く違うタイプの性格の久美子ですが

見ているとなぜか親近感が湧くような好感が持てる人物なので

折れずに頑張って欲しかったです。。

次回では、研一にバレてしまうのでしょうか、

変なドキドキ感がある話になりそうですね。

スポンサーリンク