俺の家の話 6話のネタバレ あらすじと感想!遂に決まったハワイ旅行だったが・・・
スポンサーリンク

俺の家の話 6話のネタバレ あらすじ

https://twitter.com/oreie2021/status/1365066311777230848?s=20

遂に家族旅行が始まりました!

 

寿三郎さんを笑わせることができて、家族旅行を楽しむことができたのでしょうか。

 

そして、謎の男・潤沢のたかっしは誰なのでしょうか。

 

今回は「俺の家の話」6話のあらすじ感想についてご紹介していきたいとおもいます。

 

・「俺の家の話」6話あらすじストーリー

 

5話は、本当に旅行に行けるのかも不明でしたが、なんとか寿限無(桐谷健太)も落ち着いたのか旅行に行けるようになりました。

 

そりゃ腹違いの弟と分かれば知っていたのか分かりませんが寿一(長瀬智也)に反抗したくなる気持ちも分からなくはないです。

 

寿三郎(西田敏行)さんは、5話から会いたい女の人が出てくる出てくる…。

 

もう本当に驚きましたが、6話ではやっと、25年ぶりの旅行に出掛けますが…。

 

ハワイに行く予定をしていましたが、寿三郎さんの希望でハワイアンリゾートにやってきました。

 

えって思いましたが、寿一は、寿三郎さんの最後の旅行になるかも知れないので、行きたいところに行かせてあげたいとなんでもお願いを聞いていました。

 

車のなかで寿三郎さんの帰りを待っている家族は、愚痴がいっぱいです。

 

ちはる(田中みな実)は、寿三郎さんを追いかけてイタリアに行った事を話、今はちはるは農業を行っている事を話しました。

 

今では夫と仲良く過ごしているのですが、寿三郎さんはまだ自分の事を好きだと思っていたのに、思っていませんでした。

 

寿三郎さんは能のおめんをあげましたが、ひとつ100万円するおめんをちはるさんにあげてしまったと知った寿限無は少し怒りぎみでした。

 

さくらはひとり家で過ごしていましたが、寿三郎さんからラインなどは来ますが、さくらは今までお金持ちと付き合ってきましたが、どうして筋肉バカを好きになってしまったのかと不思議に思っていました。

 

でも、寿一からラインが来ると舞い上がってしまっています。

 

ご飯を食べ終わりやっと、ハワイアンリゾートに行けると思ったのに全然前に進みません。

 

本当に何件女の人のもとへ行ったのか分かりませんが、やっとリゾートにつきました。

 

寿一からは、メッセージはなく画像しか送られて来ないことに不満を覚えていましたが、寿三郎さんはまた女の人のところに行きました。

 

まゆみさんと一緒に行きたいといいましたが、どうして寿三郎さんが女の人にそんなに会いたいのか分からない寿一は聞きましたが、寿三郎さんは寿一の息子まで連れていってしまいました。

 

まゆみさんに、会いに来ましたが「どうして今来たの」と言われました。

 

そうすると、潤沢のリーダーたかっし(阿部サダヲ)がやってきました。

 

寿三郎さんはまゆみさんとの時間を邪魔されたと怒りそのまま帰ってしまいました。

 

しかし、結婚の約束をしたはずなのにどうしてまゆみさんはなんで今来たのって言ったのでしょうか。

 

まぁ20年も待たされてしまったらその言葉が出てきても仕方ないと思いますが、リゾートに帰ってきてお風呂に入る事にしました。

 

すると、寿三郎さんがちょっとの事で愚痴を話すのですが、寿一は今日ずっと言えなかったことをぶちまけました。

 

お風呂を手伝いに来た寿限無たちは寿一が怒っている事に驚き寿一も怒りが沈まないので、お風呂を後にしましたがズボンを脱いでいたことを忘れていました。

 

そこに、寿一に会いたくて仕方なかったさくらちゃんがやってきました。

 

寿一と話して、少し落ち着きましたが、介護はどうしようもなく悲しくなったりもしますが、それが介護と言うものだと教えてくれました。

 

寿一は自分に会いに来たとは知らずに話をしていますが、どうしても誕生日にさくらは寿一に会いたかったのです。

 

翌日、ちゃんとまゆみさんと話すことができて、寿三郎さんは満足しました。

 

その頃、リゾートでは潤沢のコンサートが行われていました。

 

そこで、潤沢の他のメンバーが積雪の為に来ることができなくなってしまい代役に寿一、寿限無たち3人が選ばれました。

 

寿限無もいやがるのかと思いましたが、いやがる事もなく参加して笑っていました。

 

寿一も寿限無たちが笑っているところを見て、今回の旅行は間違っていなかったと安心しました。

 

寿一たちが歌った後に、寿三郎さんも帰ってきて寿三郎さんも歌を歌うことになりました。

 

最後の歌になるかも知れないとみんなが聞き入っていました。

 

寿限無もやっと反抗期から抜け出したのか、家族になることができました。

 

写真もちゃんと撮影することもできて旅行は何事もなくおわり、いい写真を飾る事ができました。

 

次の話は、ちょっと深刻になってしまいそうですが、7話も楽しみにしていきたいです。

 

寿三郎さんが最後まで沢山笑えますように願いたいですね。

スポンサーリンク

俺の家の話 6話の感想

https://twitter.com/oreie2021/status/1365240454552326149?s=20

いい旅行になってよかったですね。

寿三郎さんも、ちゃんと女性と話し合う事ができて、まだ気持ちがあったのかも知れません。

久しぶりに西田敏行さんの歌声まで聞けてよかったです。

寿三郎さんも長く制限された生活を送っているので、介護している人だけでなくストレスも溜まってきます。

なので、怒りが寿三郎さんも爆発してしまうみたいです。

寿一も今回は怒ってしまいましたが、本当はこの旅行を楽しもうと思ってきたとか気づきました。

怒りを沈めて寿限無も、今回は反抗期ではなくできる限り協力してみんなで、話をしていい旅行にしてくれました。

笑顔で子供の頃行ったハワイ旅行よりも楽しめて、本当によかったです。

さくらちゃんもひそかに会いに来たかったのか寿一さんに会いにやってきました。

こんなにも純粋に世阿弥と知っているだけではないですね。

寿一の人柄が本当に好きになって、その人が世阿弥だったと言うだけ。

それでも、さくらちゃんにとっては運命の人。

いつまでも寿三郎さんの婚約者のフリを続ける事はできないです。

だけど、もう寿三郎さんにも刻一刻とタイムリミットが迫ってきているので、本当に誰が跡を継ぐのかがきになります。

寿一さんは寿限無に譲りそうだし、寿限無は20年家を出ていたからと行ってもやっぱり正当な後継者だとおもって寿一さんに譲りそうな気もしてしまいますが…。

そればかりは分かりませんが、6話は本当に感動の回だったのではないでしょうか。
ゆゆいさん:25歳女性~

スポンサーリンク