俺の家の話 3話のネタベレ あらすじ 感想とSNSの声!蝶野、長州、武藤御三家の共演だ!
スポンサーリンク

俺の家の話 3話のネタベレ あらすじ

「父ちゃんは褒められなかったんだよ」。

あの家も能も嫌いで、学校からの帰り、脚がすくんだ。

それは観山寿一(長瀬智也)の子ども時代。

人間国宝の父・寿三郎(西田敏行)からは全く認めてもらえなかったのです。
しかし、寿一の子・秀生には甘く、長男の寿一を目の敵にしているのでは⁉︎。

 

内心父を信じられない寿一なのでした。

その人間国宝が歳を取り、要介護1となりました。

本音が聞けるようになったのでしょうか。

 

一歩一歩歩み寄り、親子は心を開いていこうとしています。

「親父の風呂は俺が入れる!」、宣言した寿一は親父の気持ちを知りたがっています。

ところが、週5のヘルパーのさくら(戸田恵梨香)と婚約したいと。

そして遺産はさくらに譲るというのです。

https://twitter.com/Bar_swandive/status/1356167038159319045?s=20

寿三郎の寿一に対する口の悪さは相変わらず。やはり⁉︎。

自分は嫌われているのだろうか。なぜ⁉︎。
しかし、寿一は、ブリザード寿として

プロレスでプエルトリコ・チャンピオンになった事もある猛者。

 

物事はさっぱりとわかりやすく、後を引かない解決をしたいと思っているのでは。

そうしなければ、「親父」と呼ぶ親父の晩年に遺産や名誉を巡って、

不審な人物がうろうろとしてしまう事もあるのです。

ヘルパーのさくらには、遺産相続の後妻業の常習者の疑いが。

 

長男の自分の責任として、親父との感情のしこりを直し、

家族を不幸にしないようにしたい。
寿一は、引退したはずのプロレスに謎の覆面選手として出場。

親父はプロレスは好きだった。

二人の共通の会話はプロレスで「能よりプロレスの方が好きかもしれない」と

寿一は門弟の寿限無(桐谷健太)に話しています。

親父との思い出と話題作りと関係はあるのでしょうか。

 

寿三郎を介護する為に、嫌いだった観山家に帰って来た寿一。

少しずつ二人の距離は近づいています。その甲斐あって、

寿三郎の状態は「要支援2」に下がりました。

にこやかに冗談も飛び出すほど元気になり、

寿一の所属するさんたまプロレスにさくらと観戦も。

寿一のリング名は、スーパー世阿弥マシーン。

佇まいも能の体幹の引き締まりを感じさせるもの。

凛として、不思議な貫禄が。能の稽古を続け

大きな体を揺すりながら、大奮闘。

 

仮に、父に好かれ過ぎなくても、納得はできそうな寿一の男らしさ、

プロレスラーイズムみたいです。
父・寿三郎も負けていません。

 

寿一がそっと覗くと、エンディング・ノートには、

「いつか能の舞台に立つ」と書き込まれていました。

親子の意地の張り合いはお互い負けられないまま続いていきそうです。

 

スポンサーリンク

俺の家の話 3話の感想

元プロレスラーの長州力、武藤敬司、蝶野正洋、勢揃いです。

「圧、顔面の圧が凄い!」と寿一は言ってました。

往年の若々しさはありませんが、

顔は鍛え上げたたたかいの圧力がものを言っているようです。

中年から熟年の年代を励ます部分へ大でしょうね。

なかなか長寿でない職業でないかと長州の腰の曲がり方を見て、

こちらも負けて欲しくないと感じました。

もっと背が大きかった気がしたので。

胸を張って、ドンとゆく。プロレスラーらしさのわかりやすい部分として

間違いない部分。観山寿一はその点、打ち出しているようです。

非常に好感が持てる部分です。

肩を怒らせ、風を切って歩いてきての晩年、

その反動が反感が何らかの形になると怖いのです。

一つ、筋目を通してと感じさせますね。ドンと来い、観山流。

人間国宝の跡を継ぐ無謀のようで、大放言のようなドン。

筋が通っているのは、破天荒自慢偏りのプロレス界だけでしょうか。

しかし、寿三郎は寿一に期待をして止まないように見える。

人間国宝になっても、親子の情は断てない。

そのように見えます。なのに、正直にその事を伝えない。

どうしてなんでしょうね。

お互い照れ臭がって。気持ちを伝えられない。

きっとお互いが好きなんでしょうね。
ペンネーム:黒赤さくらんぼさん:40代男性~

スポンサーリンク

俺の家の話 3話 SNSの声!

・今回は好きな回だったな 寿一は世阿弥マシーンを

通して父親が褒めてくれたのが嬉しかったんだろうな?

 

・世阿弥マシーンの試合からの餃子作りのくだり

笑った 本当、何で餃子にしたのかw
そして長州さん武藤さん蝶野さんの豪華なゲスト

プロレス全然知らないわたしでもおお!ってなった

 

・さくらさんと桜を見る会 盗んだバイクで走り出すさくら兄

そのマスクじゃない(プロレスのマスク バームクーヘン切ろうと包丁持ってる状態で、

蝶野たち強面プロレス面子に頭下げられてるところを

見られる寿一 体幹鍛えまくって能の動きでプロレスする寿一

 

・長瀬くんが、最後のドラマて事で、見てます。

親の事と、重ねたりして、ホント考えさせられます。

20時台に新日プロセスあってて、蝶野久しぶりーて見てたら、ドラマ出てた??

 

・途中からだけど、俺の家の話第3話観た。

長洲さんに武藤さんに蝶野さんに、

古舘さんの実況にと往年の新日ファンは泣いて喜びそう。

 

・キャストもいいし、長瀬くんがレスラーっぽい体型になってるのがすごい。

でも介護絡みで余りに突っ込み所多すぎてストーリー入ってこないよ。

職業病だわね

 

・クドカンのドラマは実在の有名人が本人役で出るのが多いので、

長州力は恒例のアレねと見てましたが、

蝶野氏もムタ氏も出てかつ全員に

土下座させてるところほんっと面白かったです??

 

・知らずに「体幹」を褒められたあたり、ですよね

西田敏行さんの演技も渋いし、泣けますね

蝶野さんの迫力、武藤さんの自然な演技、

長州さんの言わされ感??、個性が強過ぎてめっちゃ笑いました??w

 

・沢山の要素が詰まり過ぎてるのにとっちらからず、

笑って泣ける脚本が書けるの、ほんま世界でもクドカンさんしかいないのでは。

能もプロレスもリアルネタもオマージュも。

(長州、武藤、蝶野までも) 持つもの持たざる者の話も。

でもって描きたいのは介護だと言うね…

 

・「俺の家の話・第三話」見終わりました。

ついつい見てしまいますね…自分は独り者だけど、

今はたくさんの人に支えられて生きている。いや…生かされている。

塞ぎ込むのは早い…自分のやれる事はやりたい。

しかし長州さん&武藤さん&蝶野さんの三人が揃うのは凄い。

 

・長州力だけでなく武藤に蝶野まで揃えるとは? さんたまスゲえな(笑)

さくらちゃんの家の話、切なかった

だから金にうるさくなってしまったか。

それにしても、スーパー世阿弥マシンカッコいい

寿一っちゃん、ちょっぴり褒められましたな

 

・「俺の家の話」、〈カゾクをグループにたとえるなら、活動休止と解散の違い〉って...「快感っ!」ならぬ「体幹っ!」や「盗んだバイク」など、わかるかなっ?

わかんねえだろうなぁ??的な昭和の記号が今日は多かったな。

ムタや蝶野も揃い踏み。

 

・俺の家の話第3話めっちゃ面白かったです!

プロレスのシーンがめっちゃ面白かったです!

それとすごかったです!蝶野さんたちが

出てきたのも面白かったです!

良いシーンもあったので良かったです!来週も楽しみです

 

・今期リアタイでしっかり観てるドラマ。

タイガーアンドドラゴン好きだったからという理由で

観始めたけど思っていたより深い!

介護もだけど子どもが多動とか、離婚とか。

そんでもって、長州さんと武藤さんと蝶野さん揃っちゃうし。豪華だわ

 

・俺の家の話 蝶野に長州、今週も夫は楽しそう!

そして吹き替えなしのプロレスシーン(だよね?)長瀬くんを褒めてる

麒麟がくるはもうすぐ終わりだけど一緒に見る連ドラがあって良かった。

 

・蝶野さんと武藤さんと長州さんが画面に

ぎゅうぎゅう詰まってて長瀬くんは体幹体幹言われ

プロレス祭りみたいなのに高砂ですり足で

能楽で能楽のはずな話…脳の処理能力が限界

 

・俺の家の話。 レジェンド降臨。 長州さん、武藤さん、蝶野さん。

スゲェ…。民放の人気ドラマにでとる。

『やるのか!やんねぇのか!寿!』

『お前のプロレスラーは こんなものか!』

『形変えちゃうぞ!』 『形変えるってなんすか…。 だから』

長瀬智也さんとの絡み最高でした!!!

 

・さんたまプロレスって長州と武藤と蝶野が

関わってるのに財政難ってどういうプロレス界の世界線なんだ?w

いや、もしかしたらその3人が関わってるから財政難なんじゃないか?w

 

・(三島)「パンツは何色だ?」って聞いた時、蝶野が一瞬「はァ?」って

顔した後に自分が性的な目で見られてる

微塵も思わないで自分のズボンをちょっとずらして

「あーっと…く、黒っすけど…」って答えてくれるのがすごく興奮する。

 

・前半マジで笑ったwwww 長州さん蝶野さん武藤さんマジウケる!

そして能とプロレスの融合?? さすがクドカン!!!

 

・蝶野が 「ことぶきぃー」って正体しゃべるの

マサ斎藤から引き継いだのか そうか、

マスクマンにすれば プロレスラーが入ってもイケるね

 

・西田敏行さん…口が悪い役が多すぎてハマちゃんより

アウトレイジのイメージになりつつあるよ。

それに強面の三人はプロレス界の重鎮じゃないか。

蝶野さんはガルパンおじさんのイメージが強くて出ただけで笑顔になりますよ。

 

・武藤と蝶野出るから俺の家の話見てるんだけど、

今の自分の環境とリンクしてものすごく興味深い。

で、それはそれとして、プロレスだと一番器用な武藤が、

演技したら一番不器用なの面白いな。

俺の家の話 4話の見どころ

スーパー世阿弥マシンとしてプロレス界での活動を再開した寿一(長瀬智也)は、寿三郎(西田敏行)のエンディングノートを眺めながら、”寿限無(桐谷健太)のおとしまえ”の意味が分からず首をかしげていた 。当の寿限無に聞いても、でてくるのはトンチンカンなことばかり。一方その頃、踊介(永山絢斗)は、さくら(戸田恵梨香)の昔の写真を入手し、寿一と舞(江口のりこ)にさらなる疑惑を持ち出すが、2人に一蹴されてしまう。

そんな中、大州(道枝駿佑)と秀生(羽村仁成)による能の定期公演の話が持ち上がった。だが、大州は稽古にたびたび遅刻し、さらに反抗的な態度も重なり、舞の怒りは募るばかり。筋の良い秀生と比べられる大州に、寿一は昔の自分が重なって見え・・・。

スポンサーリンク