俺の家の話 1話のネタバレ あらすじと感想!まさか、さくらが詐欺犯?!
スポンサーリンク

俺の家の話 1話のネタバレ あらすじ

冒頭、プロレスのシーン。有名プロレスラーの寿一は能の家系に産まれました。

しかし親に反発し、家を出てプロレスラーになりました。

寿一はずっと父親の顔色を伺いながら大人になり、

父親の寿三郎からは後継になる様言われてきました。

 

しかし16歳で母が亡くなり、そこからすぐ寿一はプロレスラーを目指します。

しかしそれは苦労の連続で決して容易なものではなく、

今のジムの会長に拾ってもらうまでは大変な人生。

 

そんな寿一もいい年となってもう引退も考える年です。

そんなある日、寿三郎が危篤だと呼ばれ病院に駆けつけます。

そこには兄弟達がおり実に25年振りの再会でした。

妹の舞から一昨年に寿三郎は脳梗塞で倒れた事があり今回に至るとの事。

最初は舞の顔すらわからなかった寿一に兄弟たちは苛立ちを見せます。

そして久しぶりの実家に帰った寿一は兄弟達とまた会話。

 

そこには養子の寿限無もおりそこでは寿三郎に

もしものことがあった時の後の事を話し合い。

違和感を感じた寿一ですが、兄弟たちはとっくに経験済み。

そして辛かった介護の大変さを聞きます。

兄弟達は寿一に愛想をつかせますが寿限無は残り、寿一に家を継いで欲しいと言います。

悩む寿一は父親の事を思い出しながら息子との関わり方を考えます。

そして寿三郎とはプロレスで繋がっていた事を回想しました。

少ない繋がりですが涙する寿一は病院に行きますが知らない女性がいます。

 

寿三郎に話しかけながらも女性とも会話。その中で自分がこの家を継ぐと言います。

そして寿一の引退試合。

後日何と寿三郎が復活!元気そうにしながら先日の病院にいた女性が登場。

何と彼女が介護の担当に来てから好きになってしまい結婚すると言い出します。

そして自分の遺産も彼女にあげるとの事。

ある夜親子で話し合いますが寿三郎がどうしても継ぎたいならいう事を聞けと言います。

想いにふける寿一ですがかくして寿一は寿三郎の介護に挑戦、

さくらに指示を受けながら風呂に入れる練習。

 

何で俺がこんな事するの?と思いながら三人で風呂場でやろうとしますが、

こんな父親の姿に逆に自分で寿三郎を洗うことが出来ません。

そして風呂場を出ていく寿一。

 

後日、ケアマネージャーが家に来て寿三郎の認知症テストをする事になります。

拒否する寿一ですが寿三郎は承諾。

意気揚々と臨みますがうまく答えられず怪しい雰囲気を見せます。

戸惑う周りと何より寿三郎本人が堪えている様子。

そして要介護認定が正式に下されます。

能に関しては衰えを感じないですが、

自分の能力低下に肩を落とすところを寿一に励まされ、

風呂に入れてもらいました。

 

ある日踊介がネットを見てると不穏な書き込みがあり

さくらが詐欺犯かも、との疑いがかけられます。

スポンサーリンク

俺の家の話 1話の感想

25年も家を出て、いきなり父親の介護をしろと言われても戸惑うのは当然です。
昔の元気で体が動く時の父親の姿のイメージで来てるから、
いくら風貌が変わっても実際これはできるだろうと
思っても出来なかったりして寿一はショックなんだと思います。またそれにつけて体だけでなく、
頭の方も老いが入り非常に見ていられないですね。
自分が同じ立場だとやはり辛いと思いますが、
割り切ってやらなきゃいけないのが介護。

またその過酷さは想像を絶するので、
普通の生活をしながら介護をするってそんな事で
悩むヒマすらないんだろうなとは思います。

登場し始めは、いきなり退院して復活!
と言ってみたり若い女性と結婚してみたり
ハチャメチャで元気な人間国宝を演じてましたがそこは人間。

等身大の自分の今の父親に徐々に
気持ちを合わせていく寿一を観るのが何かいつか
自分もこういう風に思う時が来るのかなと感じます。

しかしさくらの素性がまだまだわからないので、
この過程には一波乱も二波乱もありそうですね。

あれだけベタベタしてると、
本当に寿三郎の事を好きなのかなと思ってしまいますが
演技の可能性もありそうですね。
そこの展開も含めて、この先どうなるか楽しみです!
ペンネーム:かものはあま~30代男性~

スポンサーリンク