にじいろカルテ 1話のネタバレ あらすじと感想!真空の倒れた原因は?!
スポンサーリンク

にじいろカルテ 1話のネタバレ あらすじ

真空が大学病院の救急センターで自分が生きて行く職場だと思うと嬉しいと言っていたのが、

突然、倒れてしまい多発性筋炎と診断され休養を指示される。

自己免疫性疾患で慢性の難病!真空は奨学金を帰さないといけないので、

働きたいというが、患者は要らないと上司にいわれ休職扱いになる。

 

母親からラーメン店がオープンになったと連絡が来て店で

ラーメンを食べるが病気の事は伝えていないようだ。
雨が降り霧ケ谷と雨宿りし、やがて虹が見えた。

 

真空にとっては霧ケ谷との出会いが運命的だ。

霧ケ谷は自分が虹ノ村の村役場の職員で

リンゴを店で売って貰っていると言う。

村おこしの仕事だと言って、りんごをくれた。
真空は診療所で内科医募集中のサイトを見つけてバスに乗っていた。

蒼山が畑にいた浅黄を呼びに来て真空が村につくと娘の日向に手招きされ、

入ると歓迎会の場所で霧ケ谷始め皆が歓迎した。

 

そこに浅黄と蒼山が来た。霧ケ谷は運命的な出会いだったと言う。

にじいろ商店が村唯一の店で古い学校が診療所兼住居だった。

真空の部屋は3階で寝室は屋根裏だったが嬉しかった。

浅黄は自分が改装したと蒼山が言わなかったと言って口論になった。

 

真空は健康状態が異常なしと申告したのを気にしているようで嵐は若い女性が来て喜んでいた。

日出夫らは診察して欲しいと言った。

一方、雪乃の行方を追って晴信が叫んでいた。

晴信は認知症があるようで村は人口が170人位だった。

浅黄は真空に田舎暮らし無医村で頑張るつもりで来たのかと言う。

https://twitter.com/lollipop__8749/status/1351754144038572033?s=20

浅黄は蒼山の母がと言いそうになって蒼山が遮った。

蒼山は浅黄の女房役じゃないと怒り蒼山は浅黄が畑と田舎が好きで来たと言うが、

浅黄は語る言葉は全てが真実とは限らないと言う。
真空は月1回、母親の介護の関係で東京に戻らないといけないと嘘を言っていた。

 

嵐は浅黄と蒼山が男女的な関係だと言い真空が商店に入るとパーテイーが待っていた。

浅黄と蒼山の歓迎ぶりと違うのを感じていた。

蒼山は自分が来た時は、看護師が男なのかと変に思われたと言う。
真空に筑紫が自分が独身だと言った。

 

すると雷がなり停電になり白倉は山で転落して倒れていた。
日出夫は連絡が取れないのは、おかしいと心配する。

すると雨尾から白倉が崖の下に落ちていると

連絡が来て霧ケ谷らが捜索に行き白倉を救助する。

https://twitter.com/WObkgzTcNCUvduU/status/1352052991616946176?s=20

雨尾が浅黄に頼まれた本が流されたと言うと取って来いと言う。
真空が点滴で処置し浅黄が怪我の縫合処置をする。

7才の子供の様子がおかしいと嵐が言い真空が往診する。

日出夫は白倉が死ぬのではないかと思い高校時代に小百合を

巡って白倉に嘘ついたのを謝った。

 

子供は熱中症だったので、皆が氷で体を冷やした。

白倉が意識を戻し皆で喜びその姿を見た真空も又、嬉しそうだったが、

真空は泣き出して嘘ついていたと言い、自分が病気を抱えていると言う。

 

症状が進行すると肺炎とか合併症を起こすかもと言い、

5年生存率が60~80%だと言う。

採用取り消しが怖くて言えなかったが働きたくて、

ここに居てはいけないかここしか行き場がないお願いしますと言う。

浅黄はいいんじゃないのと言い霧ケ谷は

問題ないに決まっているじゃないのいてくださいと言った。

日出夫は真空が医師免許持っていないのかと思ったと言う。

翌朝、虹が出ていた。

スポンサーリンク

にじいろカルテ 1話のネタバレ 感想

 

真空が大学病院の救急センターで生きがいを感じて働いていたのに
難病の多発性筋炎と診断され、奨学金も帰さないといけないのに、クビになり気の毒だ。母親にも病気の事は言えないようだ。
そんなときに、雨が降り霧ケ谷と雨宿りし、やがて虹が見えたのは、
真空にとっては希望の出会いのようだ。

真空が村につくと霧ケ谷始め皆が嬉しそうに
歓迎する顔が幸せの国のように見える。
浅黄は何故、真空がここに来たのか不思議そうに思えて、

真空に田舎暮らし、無医村で頑張るつもりで、来たのかと言うが、
真空がはっきり言えないのが辛そうだ。
浅黄は蒼山の母がと言いそうになって蒼山が遮ったので、

蒼山にも事情がありそうだが、浅黄も自由奔放に見えて
とても都会では務まらないように見える。

真空は月1回、母親の介護の関係で東京に
戻らないといけないと嘘を言ったのが苦しい。

嵐は浅黄と蒼山が男女的な関係だと言ったのでゲイなのかと思う。
熱中症の子供も白倉も皆が治療に協力する姿に
真空は泣き出して嘘ついていたと言う。

病気を抱えているが、働きたくてここしか行き場がない、
お願いしますと言う姿が痛々しい。

霧ケ谷は問題ないと言い、
日出夫は偽医者かと思ったと言うのが笑えた。

ほのぼのとした人間の触れ合いがある村は真空にとっての希望の虹に見えた。
ペンネーム:ブレイン~60代男性~

スポンサーリンク