モコミ ネタバレ 8話のあらすじや感想!萌子美に異変が!佑矢とのこれかはどうなるの?
スポンサーリンク

モコミ ネタバレ 8話のあらすじ

花や物達の声が突然聞こえなくなり、清水萌子美は不安を抱く。

その事を岸田佑矢に相談すると、佑矢はびっくりしたねと声をかけ、

僕といっぱい話そうと伝えるのだった。

佑矢の言葉に萌子美は頷き、ありがとう佑矢君と思わず呼んでしまい、

慌てて佑矢さんと言い直すのだった。そんな萌子美を見て佑矢は笑い、

大丈夫だよ萌子美ちゃんと言ってから、萌子美さんと言い直す。

 

このやり取りで萌子美の顔に、ようやく笑顔が浮かぶのだった。

花屋で白濱という人物から11時来店の予約を受け付ける中、

依田涼音は萌子美に驚かされた事を俊祐に伝える。

客からの要望のスタンダードなフラワーアレンジメント作りに苦戦していたが、

俊祐のハサミを使った瞬間、突然出来た事を明かす。

俊祐はどういう事なのか、困惑するのだった。

伸寛が田舎暮らしを提案する

一方、清水家では、妻から弁当を作ってもらい伸寛が上機嫌の中、

妻に話したい事があると伝える。伸寛は、これからの事だと切り出し、

田舎暮らしをしたい事を打ち明ける。

しかし、妻からは無理に決まっていると即座に否定されるのだった。

 

ちょっとぐらい考えてもと伸寛は伝えるが、妻は弁当を作ったくらいで

調子に乗らないでと不機嫌そうに、その場を離れて行く。

2人の会話を偶然立ち聞きした祖父は、

千華子に対して感じ悪いなと伝えるのだった。

伸寛は、今なら話せる雰囲気だと思ったのになと落胆するのだった。

萌子美が佑矢との夕食を望む!

元気の無い様子の萌子美を母が心配し、夕飯に何か食べたい物があるかと尋ねる。

すると、佑矢を夕食に招きたい事を伝えられる。

 

母からの承諾を得ると萌子美は、佑矢がバイトで遅くなる為、

一緒に後から食べる事を伝える。

萌子美は自分の部屋に入り、ぬいぐるみのトミーに話しかけるが、

何の反応も無い事に落胆する。

 

俊祐が帰宅すると家族が夕飯を食べずに待っており、

祖父がお腹が減ったと訴えていた。

そんな中、チャイムが鳴り、佑矢が自宅にやって来る。

佑矢が家族に挨拶する中、萌子美が姿を現し、

部屋で一緒に食べる事を伝える。

 

萌子美の意外な行動に両親は戸惑い、心配そうに部屋に入る2人を見つめていた。

そろそろご飯を食べ終わっている時間にも関わらず、

2人が部屋から降りて来ない事に父は心配をする。

佑矢は萌子美が寂しく無い様に話し相手になっただけで、やましい点は一切無かった。

俊祐の怒りがまた爆発!

男を部屋に連れ込む妹の姿を見て、俊祐は最近調子に乗ってると暴言を吐くのだった。

佑矢の見送りをした後、兄は萌子美を呼び止め、注意をする。

そこで花や物の声が聞こえなくなった事を知る。

落ち込む妹に対して、俊祐はそれ以上何も言えなくなってしまう。

そして、妹が花や物と話せなくなったのは自分が暴言を吐き、

深く傷つけたせいではないかと頭を悩ませる。

 

祖父に相談するが、放って置くようにと言われる。

静まり返った部屋で萌子美は、眠れぬ夜を過ごす。

それでも萌子美は、花屋の仕事を必死にこなしそんな中、

女性に絶大な人気を誇る白濱亜嵐が店にフラワーアレンジメントを取りに来て、

従業員達は思わず歓喜の声を上げる。

祖父が田舎暮らしを後押し

家族で夕飯を食べる中、祖父は移住の件をどうするのかと話し掛けて来る。

突然の父の提案に家族は皆驚き、戸惑いを感じる。

そんな中、税理士事務所の顧客が減っている事を知る。

部下が独立して、顧客を持っていってしまっていた。

 

そこで伸寛は、田舎で事務所を構えて野菜を作りながら、

のんびり暮らしたいと思うようになっていた。

伸寛にとってそれが自分らしく生きられる方法だったのだ。

萌子美がモコミでなくなる!?

萌子美は、佑矢を呼び出し、自分がどこにいるのか分からなくなった事を伝える。

自分の特技である花や物の声が聞こえなくなった事に萌子美は、

恐怖を感じていた。そんな萌子美の手を握り佑矢は不安を和らげるのだった。

スポンサーリンク

モコミ ネタバレ 8話の感想

俊祐の件が落ち着いた中、今度は萌子美に異変が起きてしまいました。
あんなに物の声が聞こえていた萌子美の身に、一体何が起こったのだろうか。
周囲の人にとっては、物の声が聞こえないというのが普通ですが、
萌子美にとっては声が聞こえ無くなるというのは、
いつもの日常が奪われてしまったのと同じ事です。萌子美自身突然の出来事に、とても不安だったと思います。
ようやく笑顔を見せるようになっていたのに、暗い表情を浮かべている事が心配となりました。
そんな中、萌子美の話に耳を傾け、親身に話を聞いてくれる佑矢の存在は、
とても心強かったと思います。支えてくれる人の有難さを改めて感じました。早く萌子美の症状が改善されると良いのですが、
何をきっかけに戻るか分からないというのが辛い点です。
佑矢の励ましで、何とか平常心を保とうとしていた萌子美でしたが、
今まで経験した事の無い恐怖に胸が押し潰されそうになっていました。萌子美が涙を流す姿を見ていたら、どうにかしてあげたいなと思ってしまいました。
萌子美が不安を抱える一方で、清水家には田舎暮らしをしたいという、
父の新たな野望が明らかとなりました。父の気持ちもわかりますが、
今の家族の暮らしを考えたら、なかなか難しいように感じてしまいました。

スポンサーリンク