恋はつづくよどこまでも 7話のネタバレ あらすじと感想!天堂VS上条・・・
スポンサーリンク

恋はつづくよどこまでも 7話のネタバレ あらすじ

 

天堂と佐倉の恋仲を中心にあちこちで3角関係が絡み合う!

まずは来生先生と佐倉について、来生先生は佐倉に告白するものの佐倉はきっぱりと断る。さすが佐倉。心に決めた人にはまっすぐです。

つぎは街で散歩してたらばったり会ったKRホールディングス(病院のスポンサー)の会社社長の息子上条。彼の遊び相手の女の子と別れ話をしている時に、

 

たまたま側を通った佐倉にうその新恋人として紹介されるトラブルに巻き込まれる。その後、実は大動脈炎症症候群という大きな病気を抱えており佐倉の病院のVIP室に入院することになる。

そんな中、佐倉を専属の看護師に任命をしてくる。入院生活の中で上条は佐倉に近づこうとしてくる。上条が佐倉に抱き着いた所をたまたま天堂がみてしまったり、天堂も心の中で穏やかではなくなっている。

そして、天堂の姉からもらった遊園地のチケットで天堂と佐倉は遊園地デートをすることになる。何だかんだ本命の二人。仲良くアイスを食べたり、観覧車にのったりと楽しむ。

 

二人が付き合えたことは『0.0001%の奇跡』ですねと佐倉は喜ぶ。佐倉がアイスを口につけて、天堂にキスを要求するシーンが印象的ですね。心がほっこりします。

その後、VIP室に入院していた上条は佐倉に告白をする。その中で心にかかえた『俺には何もない』という悩みを佐倉にうちあける。

そんな上条に佐倉は街で出会ったときに自分の優秀な彼氏とドジな佐倉は釣り合わないって話をしていたことを思い出す。

そんな佐倉に『だったらふさわしい相手になればいいだけだって』と上条に言われて、佐倉自身頑張ろうと思った・勇気を与えてもらったと告げる。

 

続けて『何もないわけないです。』と上条を励ます。ますます佐倉を好きになっていまった上条は、天堂に対して、佐倉のどこが良かったのかけしかける。

そんな態度に天堂も怒ったのか、上条に手をだしてしまう。

 

それから、いよいよ手術をすることとなった上条だが、無事に手術を終える。

手術後、天堂は働きづめで疲れがたまったのか体調不良で早退をする。

 

佐倉はそのことを後で知り、仕事が終わった後天堂に家にかけつけた。

天堂の病気は疲れがたまり風邪を引いたとの事だった。

佐倉はたまごかゆを作り、天堂の面倒を見る。

上条の手術の件で、なかなか二人でゆっくりできなかったので、ひさびさに二人だけの時間を過ごす。

 

いつもニコニコであたたかく見守ってくれる佐倉に天堂も癒される。

佐倉は天堂が食べ終わると、元気を出させる為にキスを自分からする。

天堂が『風邪がうつるぞ』と言うと『ばかだからうつりません。』と佐倉がかわいい返しをする。

 

そして、次の日、天堂は風邪も治り病院に出勤する。すると上条が車いすで近づいてくる。そして、天堂に向かって『あなたを暴力・精神的苦痛で訴えます。』と言い放つ。

 

次回予告)
天堂と上条の関係はどうなるか、また佐倉が病院からいなくなる?
次回も目が離せません。

スポンサーリンク

恋はつづくよどこまでも 7話のネタバレ 感想

この7話のテーマは、ずばりどんなに優秀な人でも、どんなに美男美女でも、
どんなに金持ちでも、どんなに能天気でも、心にかかえた悩みをもっているものだ。そのかかえた悩みを癒せるのは、『まっすぐな愛・深い愛』なんだなぁ~っていうことです。上条さんが佐倉を好きになったのも、看護師としてのまっすぐな愛を感じたからだと思います。その愛で彼の心が晴れたのは間違いありません。 また、天堂が風邪を引いた時も、今までなら一人で何とかしなければならなかったのに、

今は佐倉がそばでおかゆを作り、元気を出すためにキスをしてくれる。
佐倉のまっすぐで人を励ます愛のチカラに、私も佐倉の魅力に吸い込まれてしまうばかりです。

何だか当たり前のような・クサイような感じがするかもしれませんが、これは永遠の変わらない黄金のルールなんだと思います。

でも中々みつからないですよね~。 その愛を掴むためには、まっすぐな愛を持っている人を見つけるか、
自分がまっすぐな愛を与えられるような人になるしかない。

私は後者を選ぶ。すぐには到達できないかもしれないが、日々心きよらかに、

人を愛し、心を育て、佐倉のような心のキレイでまっすぐな愛を与えられる人になりたいと思いました。
ペンネーム:ななちゃんぱぱ:40代男性

スポンサーリンク