恋はつづくよどこまでも 6話のネタバレ あらすじと感想!七瀬の尾行の結末・・・
スポンサーリンク

恋はつづくよどこまでも 6話のネタバレ あらすじ

6話では魔王・天堂が公然と「俺の彼女だから」と七瀬を恋人と認める発言をし、七瀬以下みんなを驚かせます。

そこへ天堂の亡くなった恋人・みのりの妹が現れます。

 

顔が瓜二つのみおりに天堂と同期の来生は言葉を失います。

一方、七瀬を応援してくれる流子の恋は相手の仁志が元彼・小石川にコンプレックスを抱き停滞中です。

 

がそんな中、天堂と七瀬がデートしようと予定を合わせた休日にハプニングが・・・。天堂に急きょ大阪でのセミナーの登壇が依頼されたのです。

 

しかもそのセミナーには天堂の亡くなった恋人にそっくりな妹・みおりも参加すると聞き、心配が募る七瀬。ついて行こうとしますが「仕事だから待っていろ」と言われてしまいます。

 

ただ天堂の姉でいつも七瀬の味方をしてくれる流子の後押しをうけ、隠れて大阪へ行くことにします。

尾行していた七瀬ですが、途中で居合わせた男性が倒れてしまうハプニングが発生します。

救急手当をする七瀬の前になんと天堂の姿が・・・。天堂は七瀬の尾行に気づいていたのでした。

倒れた男性は天堂の適切な処置もあり無事に命を取り留めます。

遅まきながらたこ焼きデートを楽しむ二人。

流子の予約してくれたホテルに戻るとダブルベッドのスイートルームで、テンションが上がってそわそわする七瀬。

 

しかも七瀬のバッグには流子が可愛い下着まで入れてくれていました。

ドキドキしながら寝室へ行くと天堂は寝てしまっています。

少し落胆したものの寝顔を見て嬉しそうな七瀬。

 

せめてキスしようと寝顔に近づきますが、照れたのか躊躇してそのまま眠りました。

ただ本当は起きていた天堂が眠った七瀬にキスをしました。

 

病院では仁志が看護師としての成長を見せており、先輩から褒められていました。

そして七瀬が魔王・天堂へあきらめず告白して恋を実らせたことを聞き、自分もと奮起し再び流子へアタックすることに。

翌朝、目覚めた七瀬ですが、天堂はすでにセミナーへ出かけていました。

慌てて追いかける七瀬。セミナーが終わると、みおりが七瀬の元にやって来ます。

 

天堂が七瀬と付き合っていると聞いて、どんな女性か気になった様子。

姉・みのりと正反対の性格の七瀬に驚くみおり。東京へ戻ると、患者・和田の容体が急変していましたが、

 

天堂は無事に成功させみおりは見惚れたて、天堂に「好きになりました」と告白。

その告白を裏で聞いてしまった七瀬は胸中おだやかではありません。

 

落ち込んで公園でお酒を飲む七瀬の所へ来生が通り掛かります。七瀬が天堂のことで悩みを打ち明けると、なんと来生から告白が・・・。終幕。

スポンサーリンク

恋はつづくよどこまでも 6話のネタバレ 感想

公然と「俺の彼女だから」と言ってくれた天堂。
上から目線は変わらないものの公認って嬉しいですよね。同期の仁志くんも流子の元彼・小石川へのコンプレックスを持っていたけど、
七瀬の恋が実ったことで奮起したみたいだし良かったです。天堂の亡くなった恋人・みのりの妹・みおりが登場しまたひと波乱ありそう。
姉の今の恋人がどんな人か気になるのは分かるけど、姉と七瀬を比べるのは違うと思います。医者を目指していたひととは優秀さは違うけど、
七瀬はハートで天堂を振り向かせているので落ち込まなくてもいいのにとも思いました。来生からも告白されていましたが、天堂から公認になってから言っても惑わせるだけとも思います。

もちろん、天堂への想いは変わらなそうなのでどっちにしてもフラれてそうだけど、
自分の気持ちを伝えないと前に進まないとは思いますが。

流子は七瀬を応援してくれてほんと心強いです。
ダブルベッドのスイートルームに可愛い下着って後方支援がハンパないなぁと思いました。

たこ焼きデートが可愛かったです。
みおりが天堂に告白したり色々ありますが、天堂も七瀬をちゃんと思っているので
心配せずにこのまま付き合っていって欲しいです。

公認だと何かあった時切ないけど、七瀬はみんなに応援されてるから大丈夫だと思います。
ペンネーム:aiko~40代女性~

スポンサーリンク