恋はつづくよどこまでも 5話のネタバレ あらすじと感想!二人の距離が急接近。。。
スポンサーリンク

恋はつづくよどこまでも 5話のネタバレ あらすじ

前回の4話で元入院患者で七瀬のストーカーと化した田沢と天堂がもみ合いになり庇った七瀬がケガをしましたが、

 

最後には治療だと言ってキスをしてもらっていました。

 

さらに第5話では二人が近づきます。

 

なんと命の危機を感じた七瀬がとっさに天堂への想いとやりたかったこと言い、

 

乗り切ったら付き合うと言ってくれた約束を果たしてくれたのです。

 

ただ病院内では公私混同したくないという天堂は七瀬に交際の事実は周りに明かさないように口止めします。

 

5年越しの片想いがやっと実り喜びが隠しきれない様子の七瀬・・・。

七瀬を密かに思う天堂の同期来生は二人の進展に気づいた様子を見せていました。

 

あと七瀬の同僚の看護師、仁志は恋した相手・流子の元彼が病院の副院長・小石川だと知り絶望してしまいました。

 

自分と小石川をどうしても比べてしまいコンプレックスを感じてしまったのです。

 

一方、循環器内科の主任ナースの根岸の息子・真司が不整脈治療のために七瀬たちの病院に入院して来ます。

 

年齢も近い七瀬は少しでも真司の不安を軽減できたらと自ら治療の介助メンバーに加わりたいと名乗りを上げます。

 

メンバーに加わりたいと名乗り出るが、根岸は七瀬が天堂と一緒にいると浮かれてしまったり、

 

他にもまだまだナースとして未熟だと思っているので

 

つい息子を思うあまり、天堂に七瀬を介助メンバーから外してほしいと告げてしまいます。

 

そのせいか介助メンバーから外される七瀬。

それを知った七瀬は介助メンバーの選定をした天堂に公私混同しているのは自分だと言ってしまいます。

 

ただどうも言い過ぎたと後から落ち込む七瀬・・・。すると真司が突然発作を起こした知らせが入ります。

 

天堂たちは急な発作に戸惑いますが、普段、真司と交流していた七瀬が手術室に駆け込み、発作の原因を言い当ててしまいます。

 

おかげで真司の発作はおさまりました。

 

根岸は七瀬を外してほしいといったことを謝りお礼を言います。

 

介助メンバーから外されたのは天堂の意向でなかったことを知る七瀬。

 

誤解が解け天堂と仲直りします。

https://twitter.com/dooDoo_gif/status/1227603124178677760?s=20

なぜか天堂はバレンタインデーだからとチョココロネを七瀬にプレゼントしてくれました。

 

さらに真司の件で七瀬のことを見直したのか循環器内科のメンバーの前で七瀬の事を「俺の彼女だから」と公言します。

 

驚くメンバーたちを尻目に七瀬はしあわせMAXとなります。

 

そこへ驚く人物が登場します。天堂の元恋人・みのりに顔が瓜二つの妹・みおりでした。

スポンサーリンク

恋はつづくよどこまでも 5話のネタバレ 感想

天堂のツンデレ感がたまらなく好きです。

やっとみんなの前でも「俺の彼女だから」と言ってくれたし、あとは仕事でドジさえしなければ安心して七瀬を見ていられます。

でもチョココロネを仲直りにくれるなんてまだまだ子供扱いされてるかも。

仁志くんは天堂の姉、流子さんの元彼が小石川だと知ってしまい落ち込んでいましたが、

大事なのは流子さんが誰を今思っているかだと思うんですよね。

年齢も違うのだし比べても仕方ないとも思いました。

根岸の息子・真司が急に発作を起こした時はどうなるかと思いましたが、

七瀬が真司と話したことを思いだし原因が分かったので良かったです。

やはり賢さや知識は必要ですが、役に立ちたいと思う気持ちって大切ですよね。

天堂の同期、来生からも七瀬は想われていましたが、みんなの前で公然と恋人宣言があったのでさすがにあきらめそう。

来生を想うナースもいるので新しい恋をしてほしいなぁと思います。

すべてがうまく収まったと思ったら、

ラストに天堂の亡くなった恋人の妹・みおりが登場しまだまだ何かが起こりそうな予感がします。

単に姉妹というだけでなく顔が瓜二つだと天堂も心穏やかじゃないのではと思ってしまいます。

ただ顔で好きになった訳ではないので大丈夫だとも思います。
ペンネーム:aiko~40代女性~

スポンサーリンク