恋はつづくよどこまでも  最終回のネタバレ あらすじと感想!「俺と結婚しろ!」
スポンサーリンク

恋はつづくよどこまでも 最終回のネタバレ あらすじ

最初は天童先生の家で先生の恋人である同じ病院のナースである佐倉七瀬が朝食を作っているシーンから始まります。

そこに天童先生が起きてきて朝のキスをするキュンキュンシーンから始まりそこにお見合いに言っていたはずの天童先生の流子さんが抜け出し家に帰ってきます。

そこで、親のがセッティングしたお見合いを抜け出したことを謝罪に行くため天童先生に一緒に実家に帰って欲しいと頼みますが、

天童先生は父親とあまり上手くいっていないため、うんとは言わず一言で断りそこで流子さんは仲良くしている弟の彼女として七瀬を連れていき七瀬はとても緊張して向かいます。

流子さんとドSのお父さんにはとても険悪な雰囲気が流れていたためその状況をどうにかしようと七瀬は場を盛り上げようとしますが、それが逆効果になってお父さんに怒られてしまいます。

「部外者が口を出さないで欲しい」と言われたとき七瀬が自分の実家に行っているとは知らない天童先生が現れ、自分の両親に七瀬が自分の彼女であることを報告します。

そこでお父さんも納得をしその場の雰囲気がとても良くなります。場面は変わり天童先生と七瀬の働く病院に看護留学の話が舞い降り七瀬はその看護留学に興味を持ちますが、天童先生と離れたくない気持ちと自分には荷が重いと看護留学に踏み出すことができません。

その心境を読み取った天童先生は七瀬と初めて出会った神社に連れていきその神社の帰り道天童先生は七瀬に「留学行けよ」と言います。

七瀬は天童先生は自分と離れてもいいのかと思い落ち込みますが、先生は「自分も離れたくないに決まってるだろう、でも行きたいなら行け」と背中を押してくれ、七瀬は看護留学に行くことを決意します。

 

留学に出発する日天童先生は会見という仕事があり、その仕事が終わり次第空港に見送りに行く予定でした。しかし、その会見の途中、他の看護師が七瀬の乗る飛行機の時間が間違っていることに気づきます。

そこで記者会見会場にいる天童先生に飛行機の出発時間が間違っていたことを伝えに行くと天童先生は記者会見を他の先生に委ね病院を飛び出しその頃七瀬も飛行機の出発時間が間違えていることに気づきます。

天童先生に会えないと落ち込んでいるところに走ってくる天童先生を見つけそこで先生とハグを交し向こうでのアドバイスなどをされます。

その後に「帰ってきたら俺と結婚しろ」とプロポーズされ指輪を渡されます。

時は流れ七瀬が看護留学から帰ってくる1年後になり新人研修などと重なり忙しく天童先生と七瀬のお祝いをできていない仲間たちは病院の課の人達でパーティーを開いてくれることになります。

すると式の途中で参列者のひとりが倒れてしまい式は中断してしまいます。病院に戻った先生たちは処置を終えたあと式で出来なかった誓いの言葉を言い合いキスをして終わります。

スポンサーリンク

恋はつづくよどこまでも 最終回のネタバレ 感想

感想と言われて最初に思いつくのは最高だったということです。

わたしはこのドラマが大好きで毎週楽しみにしていてこの最終回の放送前も何度も公開されていた予告を見返していました。

付き合っていた天童先生と七瀬のことを天童先生の両親が認めてくれたこともとても嬉しかったですし、何を言おうとこの2人が結婚まで進んだことがとても嬉しかったです。

私が一番好きなシーンは空港でのシーンです。飛行機の出発時間が間違っていたことにより、天童先生と七瀬は最後のお別れが出来ないのではないかと途中とてもヒヤヒヤしましたが、

ギリギリ間に合い先生の口から結婚という言葉が出た時は家で見ていた私も思わず声を出してしまいました。

天童先生から貰った指輪を指にはめてもらいそれをとても嬉しそうな顔で見せる七瀬の笑顔に見ているこっちまで幸せな気分になりました。

私はそのシーンで終わりだと思っていたのですが、七瀬が看護留学から帰ってくる1年後まで描かれていたのもとても嬉しかったです。

心身ともに成長した七瀬の姿を見れたことがとても幸せでした。幸せそうな2人をみていることで私までとても幸せな気分になり心が晴れやかになりました。このドラマに出会えて本当に良かったです。
ペンネーム:Mさん:20代女性

スポンサーリンク