君と世界が終わる日に 9話 ネタバレ あらすじと感想!やっと2人は再会したが響がピンチ!
スポンサーリンク

君と世界が終わる日に 9話 ネタバレ あらすじを紹介

やっと再会できたのに。

 

響は、後悔ばかりしていました。

 

もう一度2人はやり直すことは出来るのか。

 

今回は「君と世界が終わる日に」9話のあらすじストーリーと感想をご紹介していきたいと思います。

君と世界が終わる日に 9話のあらすじストーリー

 

響(竹内涼真)は、来美(中条あやみ)だと知らずに矢を放ってしまいます。

 

撃った後に、来美である事に気付き来美は、響を見て静かに涙を流します。

 

そこに、御前崎がやってきますが、ここでは適切な処置が出来ないので駐屯地に連れて帰ってもらおうとなります。

 

桑田(浅香航大)が居る場所まで連れて行っていき処置を受けさせますが、意識は戻らないままでした。

 

出血多量だった為、助かる見込みはないと思っていましたがジアン(玄理)の処置でなんとか持ちこたえました。

 

その時、駐屯地ではワクチンが出来たと避難民に注射していましたが、ワクチンは完成していなかったはずです。

 

桑田は、佳奈恵たちと対峙した時に、「先に攻撃してきたのはあなたたち」と聞き今まで抱いていた疑惑は確信に変わります。

 

島では、佳奈恵がミンジュンを刺したのは、来美だった事を伝え「許す事は出来ない」とみんなに話していました。

 

その頃、響は来美を撃ってしまった事を悔やみ茫然として島を歩いていました。

 

そこに、勝利が現れて妹を殺されたとナイフで刺そうとしました。

 

響は、思い切り刺していい、殺していいと勝利の前に投降しましたが、御前崎が止めに入りました。

 

生きる意味がもうないと思っている響は、抵抗しない事を御前崎にどうしたと言われましたが何も言い返す事が出来ません。

 

会いたかった、もう会えないと思って忘れようとしていたので現れた事が驚きでしたが、駐屯地でも動きがありました。

 

桑田が、規律違反の容疑をかけられて拘束されてしまいそうだったのですが、逃げ出す事に成功しました。

 

逃げ出す前に、自衛官に報告書を書き換える指示を出したのが首藤(滝藤賢一)だった事を聞きました。

 

みんながご飯を食べていると桑田が島にやってきて、響たちに助けを求めてきたのです。

 

今までの事を謝り、一緒に居させてくれないかと頼みに来たのですが、来美の事を聞き響は泣き崩れてしまいました。

 

愛する人の事を射抜いてしまったんだからこうなってもおかしくはありません。

 

来美は、目を覚まして首藤に響が生きていた事を話しましたが、テロリストの一員だったと殺されかけたとまた暗示をかけ始めました。

 

もう元に戻る事は出来ない。

 

ワクチンの開発の実験台になる事だけが、君の生きる価値があると言いました。

 

桑田は駐屯地で、ワクチンの接種が行われており御前崎はワクチンは偽物と話しました。

 

佳奈恵は、ずっと来美の事を恨んで憎んでいますが、甲本(マキタスポーツ)たちはミンジュンだったらどうしたのかとどう思ったのかと言います。

 

心が優しいミンジュンだったから、恨むことを嫌がるんじゃないかと言いました。

 

等々力の元へ行き来美が生きている事を報告しましたが、ナヨナヨしているんじゃなくて来美を助けに行ってあげてほしいと等々力は話したのです。

 

しばらくして、紹子が敗血症になっており抗生剤が必要だと御前崎が話、勝利は紹子を撃ったのが自分だとちゃんと告白したのです。

 

何で、撃ったのかと聞かれて何も答えられていませんでしたが、会うまでは響たちの事を殺すつもりで島にやってきましたが、思っていたテロリストの像とは違いました。

 

必死で生きていないと妹を殺されてしまったその気持ちと、妹がゴーレムになってしまったのは来美のせいだと凄く責めてしまったから、どうしても来美を助けてほしいとお願いしました。

 

抗生剤が必要なら自分を人質にして、抗生剤と交換してほしい、その役割は自分が担うとはっきり言ってくれました。

 

来美は、響が生きていた事を嬉しがりながら空を眺めていましたが、これからどうしていくのか響にも分かりません。

 

もし、今来美が仲間になるのは考える事が出来ないと思っている佳奈恵は紹子に絶対に後悔してほしくないと話し、外に居る響にミンジュンが「自分を刺したのが来美である事は言わないで」と告げたのです。

 

響の事を絶対に苦しめたくないと、自分が死んでしまう事は確実だから何も言わずに墓場まで持っていったのです。

 

島で、駐屯地との交渉が始まりましたが、少年を渡すので抗生剤と鎮痛剤を渡してほしとお願いしましたが、響は薬の分かる専門家を連れてきて欲しいと願います。

 

無線で、響と話している来美。

 

来美は感情が高ぶっていますが、響は用件を伝えて薬を用意してほしいと話し、来美を必ず連れてきて欲しいと言いました。

 

響は、戻れるならなんだってするから、時間はかかるかもしれないけど一緒に居たいと、ちゃんと伝えました。

 

自分の部屋に入ろうとする時、ワクチンを受けた患者の様子がおかしくて来美が見てみると明らかにおかしいのです。

 

首藤は副作用だから何も問題はないというのですが、ジアンの元へそのまま向かい、話を聞きましたがワクチンの事に疑問を持っています。

 

冷凍装置に入っていたのは、ワクチンではなく首藤の頭の中にあるのは響への復讐だけしか頭になく首藤の元へ向かい冷凍装置の中を確かめたのです。

 

ゴーレムの名前の由来は、操れるという事です。

 

ゴーレムになりたくないとワクチンが出来上がったと言えば人々を操る事が出来ると、ワクチンは完成していない事を来美に告げました。

 

冷凍装置にあるものをダメにした響を絶対に許さないと来美に言ったのです。

 

御前崎は、紹子の元夫のメモを発見して中身を見ているとシェルターがあり、ラジオ周波数73.4と合わせると希望の家という所につながる事が発覚。

 

その一方で、正午を迎え横須賀マリーナにやってきた響と自衛官たち。

 

来美にやっと会う事が出来て、響は今までの事を思い出していました。

 

自衛官には一人で来てほしいとお願いしていましたが、そんなことは守るはずもなく、先に銃を響たちに向けたのです。

 

薬が先、少年の引き渡しは薬の後です。

 

来美を、説得してどうしても一緒に帰りたい響でしたがなぜか急に来美が響に銃を向けたのです。

スポンサーリンク

君と世界が終わる日に 9話 感想

もう何を考えてるのかわかりません。

やっと再会できて、もう苦しい思いをしなくても一緒にいられるはずだったのに。

罠にはまってしまい、実験台になることで悲しい思いを乗り越えようとしていた。

誰かにすがりついていなければ、精神状態が持たなかったのです。

でもやっと2人は再会できたのに、どうして銃を響に向けたのでしょうか?

本当なら一緒にいたいはずなのに何か理由があるのかなと思いました。

首藤にこれ以上関わらせてはいけないそう思ったのかかばおうとした。

そう思うこともできますが、ならどうして銃を向けたのでしょうか。

何時間かかってもいい何年かかってもいいそう言ってくれた。

でも、来美は首藤を選んだのです。

そして、響は静かに涙をながしましたが、どうしてもう一緒にはいられないのでしょう。

冷凍装置の中を見てしまったから一緒に居られないのでしょうか。

それとも、ワクチンの実験台で自分の中にゴーレムのワクチンがありいつ発症するか分からないから一緒に居る事は出来ないのでしょうか。

謎が深まってしまいました。

 

今回は「君と世界が終わる日に」9話のあらすじストーリーと感想をご紹介しました。

スポンサーリンク