君と世界が終わる日に 3話のネタバレ あらすじと感想!響達に残された選択肢は・・・?!
スポンサーリンク

君と世界が終わる日に 3話のネタバレ

横須賀駐屯地に着き、救いを求めた間宮響達だったが、

本郷大樹が自衛官に発砲されて死亡する。

等々力比呂は、怒りに任せて自衛官に発砲をする。

 

身の危険を感じた響達は、本郷をその場に残し等々力を強引に車に乗せて、

その場を離れる。駐屯地では、相手側から先に発砲してきたと

虚偽の説明が上司に報告されていた。

テロ行為だとして、同じ集団を見つけた際射撃許可を申し出ていたが、

自衛官の桑田陸斗は納得のいかない様子でいた。

桑田が最初に見た報告書では、こちら側が先に発砲した事になっていた。

 

そして、発砲により亡くなったとされていた自衛官の遺体から出てきたのは、

自衛隊が使用するのと同じ銃弾だった。

部下の沢健太郎は、桑田の話を信じようとしなかったが、

報告書が誰かによって書き換えられたのは紛れも無い事実だった。

https://twitter.com/kimiseka_ntv/status/1355796300361420801?s=20

3日後、本郷を失って落胆する一同は、睡眠も充分にとれないまま昼夜歩き続け、

疲労困憊となっていた。

その頃、駐屯地では、小笠原来美の血液データを見た研究者の首藤公貴が、

不適な笑みを浮かべていた。

 

皆んなの足取りが重い中、響達は、ある商業施設を発見する。

ゾンビ達の雄叫びが遠くで聞こえた為、とりあえず商業施設内に入る事となる。

響達の様子を何者かが監視をしていた。

施設内は静まり返り皆んなが警戒しながら歩いていると、

突然ナイフを持った女性が響に襲いかかってくる。

 

響が化け物では無い事を説明すると、女性はその場に倒れ意識を失う。

来美は、見回りの自衛官を呼び止めて、この前の銃撃について質問をする。

自衛官は、テロ集団との噂があるが詳しい事はわからないと伝える。

来美は、大事な人が一緒かもしれない事を伝え、何か手掛かりはないかと尋ねる。

すると自衛官は、湾岸エリアでサンプルの採取をした際、

生存者らしき形跡を見た事を伝える。

銃や弓を所持していると聞き、来美はサンプル採取に同行させて欲しいと頼むが断られる。

 

女性の正体が、映画やドラマで活躍している

人気女優の中越美亜だった事がわかる。

今夜はここに泊まる事となり、皆んな必要な物をそれぞれ集める。

響は、ゾンビも現れない静けさに違和感を感じていた。

 

美亜も目を覚まし皆んなで夕食を食べ始める中、

等々力は、夜が明け次第ここを出発する事を伝える。

柊木佳奈恵は、ここに残って助けを待つ提案をするが、

等々力に否定される。

響は、意見を求められるが、等々力に従う事を伝える。

それを聞いた佳奈恵は怒り出し、

響が止めるのも聞かずに1人になりたいとその場を離れて行く。

1人泣く佳奈恵の元に足音が近づいて来る。

 

美亜から仲間にして欲しいと頼まれるが響は美亜の事を信じきれずにいた。

そんな中、刀を持った連中が姿を現わす。

彼らはゾンビをゴーレムと呼び、全て追い払ったのは自分達だと伝え、

好き勝手した対価として銃を要求する。

 

渡すのを拒否していると人質となった佳奈恵を連れて来る。

駐屯地で最後の検査が行われる中、来美はここに残りたい旨を伝える。

研究員の葛島俊を脅す中、首藤が現れて来美をゴーレム達の元へと連れて行く。

そして、サンプルを集めて、

ゴーレムに噛まれても感染しないワクチンの研究をしている事を伝える。

命をかけられるという来美に対して、ある試練が下される。

 

響達は、美亜の彼氏がゴーレムとなった事を知り、仲間として迎え入れる事を決断する。

そして銃も人質も守る策として、本郷の銃を使った計画を立てる。

来美は、ゴーレムからのサンプル採取を命じられる。

怯えながらもサンプル採取に成功し残る権利を得る。

そして、人質奪還の策が行われるが、美亜の裏切りに遭ってしまうのだった。

スポンサーリンク

君と世界が終わる日に 3話の感想

https://twitter.com/FranzCampanella/status/1355292400986415106?s=20

頼れる本郷の突然の死、訳がわからない状況の中、
響達に残された選択肢は、この場を去るという事でした。
何故、要救助者である響達に向かって自衛隊は発砲したのだろうか。しかも、上司には、響達の方から先に発砲したと虚偽の説明が行われている。
このような報告が行われたという事は、上からの指示ではなかった事がわかります。
そうなると部下の独断で、今回の件が行われた事になります。何故、上の許可もなく、部下はこのような行動を起こしたのだろうか。
要救助者を受け入れられない、何かの事情があったのかもしれません。
行き場を失った響達が辿り着いた先は、ある商業施設でした。そこにも生存者がいたのですが、まさかの出来事が響達を襲います。
生存者達が響達を脅し、武器を奪い取ろうとします。
自分達が生き残る為には、他人は関係がない。そういう考えなのかもしれませんが、
ゴーレム達と戦わなければならない状況の中、
生存者同士が助け合う方が良いと思うのですが。

仲間にして欲しいと助けを求めてきた女優の美亜。
美亜の話を聞く中で、響同様にすっかり騙されてしまいました。
美亜の裏切りに遭った響達に待ち受けるものとは、一体何なのだろうか。
また、サンプル採取に向かった来美の事も心配となります。
ペンネーム:ナッツさん~40代女性~

スポンサーリンク