君と世界が終わる日に 9話 あらすじ予想|考察と見どころ!ワクチンは偽物なの?
スポンサーリンク

君と世界が終わる日に 9話 あらすじ予想|考察

最終回が段々と近づいてきた「君と世界が終わる日に」

 

最愛の人を忘れようと思って生きていこうとしましたが、再会できたのです。

 

でも、待っていたのは残酷な運命なのか、それとも二人は幸せになれるのでしょうか。

 

今回は、「君と世界が終わる日に」9話の考察とあらすじ予想をご紹介していきたいと思います。

 

「君と世界が終わる日に」9話のあらすじ

 

来美(中条あやみ)は、島にやってきて、生き残る為に近づいてくるのは人間だと分かるまで安心する事なく撃てと銃を預かります。

 

来美の背後から近寄ってきていた響(竹内涼真)

 

ミンジュンを襲ったのが女であることを聞いていた響は、「お前がミンジュンを襲ったのか」と聞き振り返ったら殺すと脅します。

 

その声に最初は、固まってしまって来美は動けませんでしたが、死んだと思っていた恋人が生きていてくれた事を嬉しがります。

 

もう、会いたくて仕方なかった来美は後ろを振り向いてしまい、響は相手も確認せずに矢で打ち抜いてしまいます。

 

ぐったりしてしまった来美は処置を受けますが、いつどうなってもおかしくない状態だったのです。

 

紹子も、勝利に撃たれてしまった事が原因で命の危機に陥ってしまっていました。

 

島には医療器具もなく、薬も無い状態でもういつ意識が無くなってもおかしくない状態でした。

 

そこで、紹子の事を撃ってしまった罪悪感がある勝利がある一つの提案をします。

 

しかし、勝利は妹の仇を取ってやろうと思ってここにやってきていたのです。

 

自分の彼女を撃ってしまった罪悪感に駆られていた響は早く殺してくれと命を投げ出そうとしますが、そんなことしても来美はよくなりません。

 

島の施設の前では、等々力を人質に取り自衛官と対立していた仲間たちでしたが、桑田(浅香航大)は駐屯地への小さな疑問を確立させます。

 

その日の夜、駐屯地から桑田がまた島に現れこれからの事を交渉していくのですが、駐屯地では既に首藤がワクチンを避難民に投与していたのです。

 

ワクチンは出来ていないはずだったにもかかわらず首藤は何をしようとしているのか。

 

紹子の抗生物質を手に入れたい仲間をこれ以上失いたくない響は駐屯地との交渉を始めていきます。

 

でも、交渉に出てきたのは響も以外の人物でした。

 

果たして誰なのでしょうか。

スポンサーリンク

君と世界が終わる日に 9話 考察と見どころ

驚きの展開でした。

 

どうしてこんな展開になってしまうのでしょう。

 

本当なら ゴーレムがいなかったら 二人は結婚して幸せになっていたかもしれないのに。

 

首藤は何を考えているのかわかりません。

 

ワクチンができたと言っても、それが本当かは分からないし、以前 抗生物質は出来ていましたが ミンジュンを助けれると思って 持って帰ったのに、助かりませんでした。

 

だとしたら 今打っているワクチンは、偽物です。

 

安心させるために、信用させるために打っているとしか思えません。

 

何を考えているのかわかりませんが、ゴーレムにするワクチンは持っているのかもしれません。

 

響の母親がゴーレムになってしまった。

 

その理由がよくわかりません。

 

その時主治医をしていたのだからゴーレムワクチンは持っているはずです。

 

ということは ゴーレムを治すワクチンを持っていません。

 

なら今打っているワクチンは 全員をゴーレム化させてしまうかもしれません。

 

何が最初から目的だったのか分かりませんが 響への 憎しみを 持った原因も分かりません 全てがはてなの状態なのです。

 

 

今首藤が行っている事は、バイオテロと同じことです。

 

もし、ゴーレム化させる事が目的なら、来美も今後どうなってしまうのかは分かりません。

 

響の苦しんだ顔が好きなのでしょうか。

 

来美を洗脳して響に一番苦しみを与えたいのか。

 

そこまで、響を恨む原因がないのです、最初に響を苦しめたのは首藤です。

 

最後まで解決しないのは、もう一つ来美の事です。

 

ゴーレムワクチンを来美に打っていたのだとするならば、来美もゴーレム化してしまう可能性があるはずです。

 

だけど、来美はゴーレム化していません。

 

本当にワクチンを作るつもりだったのか、最初どうしてゴーレム研究をしようと思ったのかそこも御前崎がいてくれるので分かってきそうです。

 

謎が解決したと思ったらまた謎が深まっていくどうすればいいのでしょうか。

 

桑田も、首藤にはいい考えをもってないので支配しようとしていると考えていました。

 

急に自衛隊長もいなくなってしまったので、ゴーレムになっている事も知らないだろうし、琴子の事も知らないはずです。

 

首藤が最初から何を考えているのか分からなかったので、手の上で転がされているだけでしたが、形勢逆転するところをみてみたいです。

 

今回は「君と世界が終わる日に」9話の考察とあらすじ予想についてご紹介しました。

スポンサーリンク