君と世界が終わる日に 8話 あらすじ予想と考察や見どころ!佳奈恵だけが知っている秘密!
スポンサーリンク

君と世界が終わる日に 8話 あらすじ予想

ミンジュンも亡くなってしまい、この先は響だけが頼り。

 

そして、ミンジュンを襲った女がいる事を知り、響は復讐しようとします。

 

来美とも会えないと思い、一度繋がった無線も捨ててしまいました。

 

今後どうなってしまうのでしょうか。

 

今回は、「君と世界が終わる日に」8話の考察と

予想あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

「君と世界が終わる日に」8話のあらすじ予想

 

ミンジュン(キム・ジェヒョン)が、亡くなってしまい響(竹内涼真)は、

自分が来美(中条あやみ)の事を追いかけているからだと悔やみます。

 

駐屯地で姿を見たのは幻なのかもしれないと、

来美にはもう会う事はないと無線も捨てて、ミンジュンを狙った女を探すと宣言しました。

 

しかし、響はミンジュンを狙った女の正体が来美だという事も知らずに…。

 

家族のような存在を失くしてしまった事にみんなは涙をこらえて復讐心を燃やしていました。

 

響たちは、生き残っていくためにこの島だけはゴーレムに

占拠されてはいけないと坪井(小久保寿人)と話をします。

 

協力して猿ノ島を守らない限り、これから先に響たちが生きていける道はありません。

 

響は、ミンジュンの事や仲間の事だけを考えて冷静にやるべきことをこなしています。

 

来美の事は心の中では愛しているのかもしれませんが、

これから先仲間であり家族である存在を失いたくないのです。

 

必死に冷静に物事を進めていく響を仲間は心配していましたが、

特に響を心配していたのは佳奈恵(飯豊まりえ)でした。

 

外で寝ている響に静かに近づいて気持ちを伝える事は出来ないからとキスをしようとしていました。

 

その頃、駐屯地では新しい動きがありました。

 

ゴーレムが駐屯地内に発生してしまい、

今まで安全だと思っていた駐屯地内が危険地帯と化していたのです。

 

生存者も激減してしまいこのままでは駐屯地もゴーレムでいっぱいになってしまうので、

生存者はもう響たちだけになってしまいます。

 

そんなことは断じて避けなければいけませんが、首藤(滝藤賢一)が

完成間近だと話していたワクチンは嘘でした。

 

ワクチンは存在しないのです。

 

最愛の弟・ミンジュンを失ったジアン(玄理)は、

ワクチンがあるからとミンジュンをどうしても助けたくて

響に協力しましたがワクチンが無い上に首藤は

自分の事を信頼なんてしていなかったのです。

 

ワクチンが入っていると思っていた冷凍装置の中には

何が入っているのか知っているのは首藤だけです。

 

あれだけ必死に守るのですから、誰にも見られたくない

絶対に常温に戻してはいけない首藤のパンドラの箱なのでしょう。

 

駐屯地が危険な場所と化した後、等々力は自警団が結成されたメンバーの中にいました。

 

新しい安全な場所を求めて駐屯地の外の調査を刻一刻と始めていました。

 

来美も、首藤への信頼を絶大なものにしていましたが、

償いの為に必死に実験台になっている来美の事を等々力は諦めていませんでした。

 

響に取られたとばかり思っている等々力は、

今来美は響の事を忘れているとでも思っているのか優しく抱きしめました。

 

これから先、来美を守っていけるのは自分だけだと

なぜか思っている等々力は何を考えているのか分かりません。

 

調査で猿ノ島を訪れた等々力は響に島を明け渡すように話しましたが、

響は今までの怒りを全て等々力に向けます。

 

果たして、島を奪い取ろうとしている自警団のメンバーと

響たちの対決はどうなっていくのでしょうか。

 

そして、来美と響は再会できるのでしょうか。

スポンサーリンク

君と世界が終わる日に 8話 見どころ/考察

響は、ミンジュンを失ってしまった事で何もかもが嫌になってしまいます。

 

来美が愛奈を失った時の様に絶望していました。

 

二人は、お互いの事を忘れるかのように目の前の事に没頭していますが、

本当に忘れる事ができるのでしょうか。

 

全てが首藤の罠だと知った時来美がどちらを選ぶのかも気になります。

 

等々力はいつまでも過去の事を持ち出し響を恨んでいますが、

来美を好きになり響と付き合った来美の気持ちを尊重するのではなく、

自分なら守れると勘違いしています。

 

果たして本当にその方法が正しいのでしょうか。

 

そして、響はいまだに知りませんがミンジュンを襲ったのは来美だという事です。

 

仲間を失ってしまい、ミンジュンを襲った女がいる事をしり、

佳奈恵だけが来美がミンジュンを襲ったことを知っていて隠しています。

 

ここまでくると、本当に来美と響の仲は解消できないほどもつれてしまっています。

 

響が持っていた指輪がついたネックレスも来美は外してしまいどこに置いたのでしょうか。

 

実験台になると決めた時に外してからは、来美はつけている姿を見た事がありません。

 

あの瞬間、何もかも響の事も忘れると誓ったのでしょうか。

 

そうなら本当に響の事を愛していたのか不思議です。

 

この先の考察をすると、佳奈恵は純粋に響の事を愛しているのですが、

来美と響が再会して今までの事を話せば、少しは関係が戻ってしまうかもしれません。

 

そして、等々力と首藤が一番のネックです。

 

等々力は、来美を愛しているので、また何かしようとする可能性があります。

 

首藤は、ワクチンが出来ていない事を隠しながら冷凍装置の中には、

奥さんの遺体が眠っているのかもしれません。

 

完全に冷凍保存しておかないといけないという事は最初研究員たちは

全員ワクチンが入っているからこんなに

温度に厳しくしているのだと思っていましたが7話で全て違うと分かりました。

 

首藤のとても大事なものが入っている事には違いありませんが、

首藤を倒す為には装置の中に何が入っているのかがとても大事になってくると思います。

 

そして、ゴーレムは、ワクチンが出来ていないので、

どこから琴子に使った病原体が漏れたのかは知りませんが、

ワクチンがない以上ゴーレムをなくすことは出来ません。

 

果たして生き残れるのかは心配です。

 

また犠牲者が出る可能性はあります。

 

今回は「君と世界が終わる日に」8話の考察と予想あらすじをご紹介しました。

スポンサーリンク