今際の国のアリス 5話 ネタバレ あらすじと感想!親友失ったアリスのたくましさ!
スポンサーリンク

今際の国のアリス 5話 ネタバレ あらすじ

ビーチの場所を煮付けるのにゲーム参加者きいてまわるアリス、ウサギですが、

その手掛かりをつかめないでいます。

そうした中ゲーム参加者見張ってたアリスが鬼ごっことのとき

アグニたちがロッカーキーをうでにつけてたこと思い出して、

ウサギに参加者の中につけてる人がいないか尋ねます。

 

アリス側は3人、ウサギ側も2人いて、

ゲームが終わるのを待って後をつければ、

それぞれ旧式の車で舞浜方面に向かい、

走っておいかけるアリスたち。

 

アリス、ウサギが遠くから目にしたのはビーチと

入口に手書きされた大きなホテルです。

そこは電気通ってるみたいで、灯りがついてます。

2人がビーチの様子双眼鏡で伺えば、

突如アリスは銃の台座で殴られ気絶し、

ウサギは黒い袋かぶせられて、連れていかれます。

 

そして、建物の中つれていかれたアリス、

ウサギ目にしたビーチはボーシヤ支配するまやかしの楽園です。

アリス、ウサギの前現れたボーシヤは

これまで絵札は1枚も出てないことで、

絵札以外のトランプカードすべて集めれば

元の世界戻れるといいます。

 

ですが、1度に戻れるの一人だけでビーチにいる

全員で多くのトランプカード集めることにより、

一人ずつ早く元の世界帰れるのだといいます。

 

さらにビーチで裏切り者は死が待つこと告げて、

アリスたちにもカード集め協力するよう命じます。

そしてゲーム開始時間となって、

ウサギとアリスは越別のゲーム参加します。

アリスが参加したのはダイヤ4の電球ゲームで、

このゲームでアリスが幹部にふさわしいか試されます。

 

このゲームはアリスの監視役でアンが付き添って、

そこにはクイナ以外におにごっこで一緒だった整備士タッタもいます。

そしてこのゲームは開閉自由なドアの中にある

電球が付くスイッチを充てるのです。

クリア条件は電球スイッチどれか答えられればクリアとなって、

水位上がって水面上がって電線に触れるとゲームオーバー。

 

水面が電線触れれば感電し、水が流れ込み水位上がっていきますが、

アンはアリスに回答を託します。

アンは回答導き出し方わかってるみたいですが、

あくまでアリスが幹部ふさわしいかのテストといってヒントを出しません。

ですが、アリスが勘に頼ってスイッチ入れることだけは絶対に許しません。

 

そのとき何かひらめくアリスが、ドア閉めようと告げて、

ドア閉めた状況でAのスイッチを入れしばらく待ちます。

水面が電線に使づけば、アリスはスイッチを切って、

ドア開けようと告げるのです。

そして、ドアを開けてBスイッチを入れれば、

アンはにやりと笑いますが、電球つきません。

 

アリスはクイナに電球触るよう叫びますが、

クイナがなかなか動かないで、

アンもいいから触ってと叫びます。

クイナが電球触れば電球が熱くなり、

その時アンがスイッチaとこたえれば、

ゲームクリアになります。

 

ゲームクリアしたアリスがビーチ戻るとウサギも

ゲームクリアしてアリスを探してます。

二人で生還喜び合ってれば、クイナが来て、

母が病気ではたらけなくて、

絶対生きて帰りたいと口にします。

 

クイナは今ビーチで権力握ってるのはアン、

クズリューたちが所属のリーダーのボーシヤ率いるカルト派、

ニラギたちが所属の元自衛官のアグニ率いる武闘派といいます。

今ぎりぎりで秩序保たれてますが2つの派閥いつ衝突してもおかしくない状況に。

スポンサーリンク

今際の国のアリス 5話 感想

結局ビーチはこの世界を動かしてるのはやつでも元の世界帰れる場所でもなくて、
ボーシヤという一人の男性が支配するだけの組織です。
さらにトランプを全種集めても帰れるのは一人のみで、
すぐ元の世界に帰れないばかりか全員のトランプカードを
そろえるとするとかなり年月かかり、これまでのゲームをかんがて、
ハートが不足してくこと明らかです。ですが、
メンバーの顔触れ見れば、アンなど優秀な人もいて、
今後アリスの助けになるかもしれません。
一方でウサギの件でアリスが武闘派に目を付けられて、
そのことが今後どう影響するのか心配です。
そして常にマシンガンなどもってる連中で、
相手がその気になれば元ニートのアリスはひとたまりありません。
武闘派連中はどう見てもやばくて、
できればかかわりあいたくないのですが、
カルトは、武闘派のバランスギリギリみたいで、
どう考えてもこの先絡まないわけに行きません。
そして、じっくり考えるとある程度機転きく人なら、
答え導き出せそうで宇賀、極限状態の中、電球熱くなるの気づき、
それ利用して確率を100パーセントにするのはそう思いつくものではありません。
それを主人公だけあり、相変わらず時間ぎりぎりといっても
導き出すことができるアリスは親友失ったことで一まわり成長し、
生き残りたい気持ちつよくなったのでしょう。
スポンサーリンク