でっけぇ風呂場で待ってます 1話のネタバレ あらすじと感想!なぜ梅が丘がマグロ漁船に?
スポンサーリンク

でっけぇ風呂場で待ってます 1話のネタバレ あらすじ

経営難の鳳の湯を何とかしたいと朝湯を申し出た梅が丘(佐藤勝利)でしたが、初日から寝坊してしまいます。
松見(北山宏光)は朝6時から朝湯なのに、7時になっても起きてこない梅が丘と、遅れてやってきた瀧(長谷川忍)を叱り飛ばしていました。

 

朝湯に入りたいとやってきた男性客(戸塚純貴)は開店していないことを知り、がっかりしてそのまま去って行きました。

 

牛乳配達に来た端本(平田敦子)は梅が丘にメロメロで、いつものように優しく接していました。
しかし、瀧には冷たく、暴言を吐きあっています。
どうやら彼女は若いイケメンに弱いようで、松見に対しても優しい言葉をかけていました。

 

結局、通常通りの開店となり、それまで梅が丘と瀧は罰で風呂掃除を命じられました。
渋々風呂掃除をしていた梅が丘と瀧でしたが、その時、運送屋(じろう)がやってきました。

 

海外からの観光客の忘れ物を届けるために、松見が荷物を送ろうとしていました。
しかし、運送料を払おうとしましたが、あったはずのお金がありません。

 

そのお金は400万円入っている封筒で、それが無くなっていました。
このお金は梅が丘が1年かけてマグロ漁船で働いて、松見に渡したものでした。

 

慌てる3人でしたが、その時松ヶ丘は朝に風呂に入ろうとやってきた男が怪しいと言い出しました。
その時、牛乳屋の端本が川で溺れていた男がいると叫び、その後、運送屋がその男を連れて入ってきました。

 

ずぶぬれで寒がる男を前に、見た目の様子や目つきが悪いと言い出し、瀧と端本はこの男が犯人だと決めつけました。

 

梅が丘はこの男が悪そうな人には見えないと言い、寒がる彼を風呂に入れてあげようとしますが、そういう雰囲気ではなくなっていました。
そこで、松見は男がなぜここにやってきたのか、彼にその理由を聞き出しました。

 

彼の説明は分かりにくく、結局、梅が丘が彼の言いたいことを代弁してくれ、ようやく内容が分かりました。
どうやら男がここにやってきた理由は大浴場に飾ってある壁画を見たかったからだと言いました。

 

どうやらこの壁画は有名な画家が描いたようで、男はずっとこれを探していました。
この話を聞いた松見は生前の経営者だったおやっさん(吉田鋼太郎)からある話を聞いた事がありました。

 

それはある日、汚いじいさんをタダで風呂に入れてあげたら、壁画を描かせてくれと言って、この絵を描いて行ったということでした。

松見と梅が丘を救ってくれ、ここに置かせてくれたのはおやっさんでした。
松見たちはおやっさんの写真を見ながら、改めて彼に感謝をしていました。

 

ようやく真相が解けたことで、ようやく男はお風呂に入ることができました。
そして、端本は「400万円見つかったら教えてね」と言って、去って行きました。
再びそのことに気付いた瀧は今度こそ警察に電話しようと受話器を取りました。

 

その時、松ヶ丘がその封筒を見つけました。
どうやら、昨夜彼が酔っ払って、ここで眠る時に枕代わりに400万円の封筒を頭の下に置いていたようです。
松ヶ丘は2人に謝り、3人で久しぶりにでっけぇ風呂に入ろうと言いました。

 

風呂から上がってこない運送屋を身に浴室へ行ってみると、彼がのぼせて倒れていました。
慌てて3人は彼を助け出しました。
その横で男は風呂に入りながら、ずっと壁画を眺め続けていました。

スポンサーリンク

でっけぇ風呂場で待ってます 1話の感想

https://twitter.com/kis_haru_7/status/1353757133523836929?s=20

松見はこの銭湯屋の息子ではなく、おやっさんに助けてもらったようでした。ですが、彼がいたからこそ、おやっさんが亡くなった後も、この鳳の湯を続けることができたのでしょう。梅が丘がマグロ漁船に乗っていたのは、この鳳の湯を立て直す資金を稼ぐためだったとしたら、本当に凄いことです。松見もマグロ漁船に乗ったことがあるようで、2人とも凄い経験をしているのだと思いました。400万円の現金が入った封筒をそのまま置いておくと言うのが驚きでした。ですが、ここの人達はみな良い人で、誰もそれを盗むような人はいないのでしょう。それでも瀧や端本はお客を疑っていました。お客の男は挙動不審だったこともあり、疑われても仕方が無かったのかもしれません。結局、お金は梅が丘が枕代わりにしていたようで見つかって本当に良かったです。ここで警察を読んだら、かなり大騒ぎになっていたことでしょう。紅一点の登場の端本さんですが、明らかに瀧の彼女に対する態度が横柄という科、女性を全く意識していないように思いました。ですが、もしかしたらこの二人が一番なんでも言い合えて、お似合いなのではないかと思ってしまいました。彼女にとって松宮梅が丘は可愛い息子みたいな感じのようにも見えました。久しぶりにこのような笑いの入ったドラマを観ることが出来てとても楽しかったです。
ペンネーム:ウメコ~50代女性~
スポンサーリンク