でっけぇ風呂場で待ってます 5話のネタバレ あらすじと感想!バレンタインチョコに纏わる出来事!
スポンサーリンク

でっけぇ風呂場で待ってます 5話のネタバレ あらすじ

真夜中の鵬の湯で、するする、お湯の滴る音が。

そうとは知らず、朝の営業準備をする番頭・松見芯(北山宏光)と梅ヶ丘龍大(佐藤勝利)。

しかし、二人の容姿・身なりに変化が。梅ヶ丘は美容院で髪型を整え、

 

松見はチョーカーをつけティシャツは女性受けしそうなざっくりキレのいいものに。

それも、牛乳屋の端本さんの配達を手伝い、大江戸女学園に配達に行ってから。

女学生から人気を得、「写真撮っていいですか?」なんて言われるように。
ただ、鵬の湯のもう一人の仲間、瀧薫(長谷川忍)は人気はどうか。

 

日焼けサロンに行ったらしく、真っ黒な顔だが。

すると、鵬の湯にバレンタイン・チョコが沢山到着。

瀧の用意しているサングラスは、MCハマーばりの時代的な…。

「毎度様っす」(配達人)(じろう)。瀧にはまだ一つもチョコは来ていない。

「よっ、チョコ大名、我ら庶民に施しを!」(牛乳屋の端本ケンイチ(野間口徹))。

 

そう言う明るい人もいます。すると、夜中に鵬の湯の浴場で

お湯を流す音を聞いたと言う人・塹江(賀谷壮也)が。カメラをセットしてみようかと。

幽霊が苦手な梅ヶ丘は嫌がるが。夜中の鵬の湯はこわい。

古い銭湯の中、明かりが灯されていないと。板の間が軋み、ガラス戸が揺れ、

やはり若干湿気があって。そんな所に幽霊が出るなんて、

 

疑いが掛かると。松見、梅ヶ丘、塹江、端本りほ(平田敦子)はビクビク震えるのでした。
そこへ、誰か人がやって来た。それは、瀧薫。そそっとよ大浴場で何かしている。

どう言ったらいいか。こういうときは、「オイ!そこで何してんだい??」(端本りほ)。

自宅の風呂が壊れた??、いや、服を着たまま。

もう帰るというが。荷物が明らかになった。

 

松見芯と梅ヶ丘龍大が女学生からもらったチョコレート。

カメラも回っていて、そそっとチョコを鵬の湯のお湯で溶かして流していた!。
人間ホラー??、「いや、真実の愛というのは必ずあるから」と励ます、駆けつけた端本ケンイチ。

やはり幽霊なわけはなかった。でも、こっちもちょっとだけこわい感じもある、でしょうねぇ。

「ずっと、一緒に鵬の湯で働いてきて、松見と梅ヶ丘だけチョコをもらって、悔しかった」。

「でも、せっかくくれたので申し訳ないので、鵬の湯のお湯に溶かしてから捨てていた」と。

その点は、瀧も申し訳ないと思っていたわけです。

少しは差し引いて考えてあげた方がいいかも。
そっと仕掛けておいたカメラの映像には、はっきり瀧の「妖怪チョコ流し」のような所業が。

端本ケンイチがいう「真実の愛」は瀧にとって、いつやって来るのでしょう。

見栄は張るし、プライドも高い。鵬の湯の貴重な戦力となっている仲間だけど、

ほかではなかなか優しく迎え入れてくれないでしょうか。

 

そういう部分も、懐の大きい松見と愛想がよく愛嬌よしのかわいい後輩・梅ヶ丘となら、

それも真実の愛かもしれませんね。チョコを捨てられてしまったけれど、

二人はあまり怒っていなかったのですよ。バレンタインに友情を確認。

それも一つの財産、でしょうね。ご経験はないでしょうか。

そういう気持ちになる事はバレンタインならではというのも、

やっぱり大事な事なのです。思い出しました。

スポンサーリンク

でっけぇ風呂場で待ってます 5話の感想

ちょっとびっくりしましたが、
鵬の湯の「万年アルバイト」・瀧薫役の長谷川忍さんの
演技は上手かったですね。
手首の動きの微妙なバランス。それも夜中にこっそり古い銭湯の大浴場で行っているこのです。
物音がよく鳴り響いて、スリルがあるはずです。
ドキドキはこの場面であまりしない人なんですね。
腹を立て過ぎていたとは思いたくない。
けれど、雰囲気あります。幽霊騒ぎになってもおかしくないはずです。
長谷川さんの手首の動きはかなり爽やかというか、さっぱりしていた。
いや、微妙に恨みをたたえていた??。
本当に微妙。その絶妙なバランスが上手い。
なかなか難しい悪性格の表現。じわじわ心に現れてくるかもしれない
後悔の念も押し返しありと伝えていた。
なら、そんな事やめればいいのに!と思います。が、やめられない。
意地になってしまう中年男性のひょうきんさ。
許されないはずのひょうきんな気分。
受け狙い、笑い取り、そういう展開がそのあと予定されていたのではないか
私はそう思いたい。
そうでなければ、ちょっと寂し過ぎると思いますよ。
お風呂屋の営業にも関わるわけですし。歌って踊って。サングラスを掛けて
MCハマーの真似でもしてもらった方がいいのではないでしょうか。
スポンサーリンク