オーマイボス恋は別冊で 9話 ネタバレ あらすじと感想!相手の幸せを思って別れるのか?!
スポンサーリンク

オーマイボス恋は別冊で 9話 ネタバレ あらすじ

結婚間近の潤之介と奈未。

ご両親への挨拶を済ませますが、素直に喜べない奈未がいます。

そして麗子が行方不明。

今回は「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」9話のあらすじと

感想をご紹介していきたいと思います。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」9話のあらすじストーリー

 

潤之介のプロポーズを受けて奈未は喜んでいました。

 

そして、カメラマンの仕事を片付けて金沢に帰った潤之介でしたが、

会社回りは思った以上にしんどい生活でした。

 

お父さんは?お父さんは?と聞かれて、

自分の力では何も認めてもらうことはできないのかと不安にもなっていました。

 

奈未に電話する事で潤之介は少し笑顔になっていました。

 

ご両親に潤之介は、奈未の事を紹介したいと話していました。

 

東京で、一緒に食事会をしようと計画をたてていましたが、

奈未は緊張してしまっています。

 

その頃、編集部では今後の事をかんがえて新しい編集長もやってきていました。

 

仕事は、何事も問題なく進んでいっているように思いましたが、

みんな麗子のときのような活気はありません。

 

奈未も、急に居なくなってしまった麗子の事を心配していましたが、

食事会なら会えるのではないかと思いましたが、

麗子は来るのかもわからないと家族では事後報告当たり前になっている麗子でした。

 

宇賀神は居場所を知っている感じがしましたが、

口どめされているのでなにも言えないと奈未にも言いました。

 

その日の晩、潤之介と一緒に、ごはんを食べることになっていた奈未。

 

お鍋の材料を買って潤之介は奈未の家に向かうところでしたが、

そこで理緒(倉科カナ)に出会いました。

 

理緒は腱鞘炎になったと言っていましたが、うそでした。

 

やはり、手術が必要になり、できれば付き添ってほしいとお願いされました。

 

奈未と結婚することも報告し喜んでいましたが、

一人だけでは決められないと奈未に相談しました。

 

奈未は、嫌な予感はしながらでも、病気だからと思い付き添うことを許しました。

 

次の日、会社に出勤すると経理の書類に宝来との印鑑があり、

経理部になぜか麗子がいたのです。

 

どうして、こんなことになっているのかも分からず、奈未は驚きました。

 

食事会を乗り切り、奈未とご両親は打ち解けましたが、

麗子とお父さんがうまくいっていない事を知ります。

 

パリに行く時もきちんと言葉をかけてあげることもなく、

ずっと一人で麗子は頑張ってきました。

 

お父さんは引いたレールの上で行動しないと

本当に不愉快になってしまうそうです。

 

だけど、それでは何も成長はしません。

 

だからこそ、麗子は一つでも成功するために必死に頑張っているのです。

 

経理部に行ったのも何か理由があるはずです。

 

やっとのことで、お父さんに再会する場所を作り、

麗子と話し合う事ができました。

 

その時、やっとお父さんと一緒に話し合う事ができて、

今までのことを謝ってくれたので、麗子は涙を流して

二人はわだかまりをとることができました。

 

その一方で、理緒にあった奈未は、今思っている事を相談しましたが、

編集者になる事が夢になったのではないかと言いました。

 

それが心の中にあった奈未の気持ちを爆発させて、

潤之介とちゃんと話すことにしました。

 

潤之介は中沢と一緒にご飯に行き、奈未とのことを伝えて

これから絶対に幸せにすると誓いましたが、

中沢は、奈未が何か不安に思っている事があるのではないかと言いました。

 

少しずつ奈未の気持ちを感じていたので、話し合う時に二人は、

ちゃんと話をしながら奈未が幸せになる方法は

今は一緒にいない事なんじゃないかという結論になってしまいました。

 

二人は涙を流しながら、奈未は指輪を返し離れ離れになってしまいました。

 

本当にそれが最善のことだったのかは分かりません。

 

でも、今はそうするしかなかったのです。

 

納得はしていないと思いますが、順之介と離れて、

泣いている奈未の前に中沢が王子様のように現れました。

 

泣いていると思ったとか、ほんまに紳士です。

 

二人の関係はどう生ってしまうのでしょうか?!

 

来週はもう最終回です。

 

麗子の涙を見て、もっと奈未は一緒に仕事がしたくなったんだろうと思います。

 

潤之介の指輪を返された時の顔が可哀想で、

1人でたたずんだまま、涙を流していました。

スポンサーリンク

オーマイボス恋は別冊で 9話 感想

別れちゃいましたね。

相手の幸せを思って別れると言うのはすごく辛いです。

多分本当は別れたくなかったと思うけど、

奈未も最初は人並みの幸せを掴み取りたかったと思って東京に出てきました。

でも、潤之介と出会って、麗子と出会って全てが変わっていったのだと思います。

仕事の面白さを知って今は結婚する時じゃないそう思ったのだと思います。

金沢に行ってご両親にご挨拶をしてそこまではすごくよかったけど

ほんとに幸せの絶頂にいたんだなと感じました。

雑誌の存続も決まってこれからもっと面白い雑誌を

作っていけるその気持ちが今は結婚よりも楽しくなったんだなと

筆者も仕事をしているので分かります。

最初は別に何の意味もなかったけど、

夢もなかったけど、今の仕事が天職になることもあります。

奈未はいろいろ経験をしながら今の仕事が

1番楽しいと心の中で考えていた結果が破局だったのです。

2人はすごく辛いし中沢もすごいタイミングで奈未の前に現れたなと思いました。

でも奈未は潤之介のことが好きだし、

今は仕事に打ち込まないといけないし、

最終回で奈未が幸せになっていることを願いたいです

スポンサーリンク