オーマイボス恋は別冊でドラマ 2話のネタバレあらすじと感想!潤之介が奈美に本当の告白か?!
スポンサーリンク

オーマイボス恋は別冊でドラマ 2話のネタバレあらすじ

就職のために上京し、何故か剛腕編集長宝来麗子(菜々緒)の雑用係をすることになった鈴木奈未(上白石萌音)。

仕事をやめようと落ち込んでいた時、励ましてくれた宝来潤之介(玉森裕太)に

「彼女のフリをしてほしい」と頼まれ、奈未は潤之介のお姉さんに会いに行くのですが…

 

潤之介の姉はまさかの宝来麗子だったのです!!!

 

パニックになる奈未ですが潤之介は何も知らず、麗子に奈未を紹介します。

奈未を褒めまくる潤之介を必死に止める奈未ですが潤之介は気付きません。

「料理上手だし語学堪能だし仕事バリバリ出来る!と・・・

 

「へぇ~私今音羽堂出版にいるんだけど。」と冷めた目で言う麗子。

奈未が麗子の雑用係だと知り「偶然じゃん!!!」と喜ぶ潤之介ですが、奈未のパニックは止まりません。

 

潤之介との作戦会議で設定を決めておいた二人ですが、二人の努力もむなしく、思わぬ偶然で崩れ始めます。

冷静に質問を続ける麗子にたどたどしくなる二人・・・

奈未がこの間失恋した『けんちゃん』の名前を潤之介がうっかり口にしてしまい、

『私けん玉チャンピオンなんです!!』と奈未は咄嗟にごまかすのですが

潤之介は天然なのか、奈未の為にけん玉を探そうとしたり墓穴を掘り続けます・・・

 

なんとかその場を収め、麗子の家を去った二人ですが、奈未は明日からの職場の事を考えると憂鬱になります。

そんな奈未に潤之介は「俺は奈未ちゃんがいいな~と思って彼女になってほしいってお願いしたけど、

同僚にまで俺の彼女だと思われるの嫌だよね・・・」と言います。

 

その言葉に、考えてみればカメラマンの潤之介の周りには

綺麗な人が沢山いるのにどうして私なんだろう・・・もしかしたらこのまま何か起きるかも?と、思い

 

「私、潤之介さんが彼氏だったら、嬉しくないこともないですよ」と言う奈未。

奈未の手を握り、「じゃあこれは・・・二人だけの秘密。」と微笑む潤之介・・・

二人で明日からの作戦を立て、名付けて『偽装彼女としてボスとうまくやろう作戦!』

なんとか麗子に真実がバレず奈未が気に入られる様に必死の二人でした。

 

編集会議では、麗子の気に入る案がなかなか出ないしカルティエの広告も過去に音羽出版の別の雑誌の編集者が

担当の人を怒らせたことが原因でなかなか思うように進みません。

しかし中沢が出した〈漫画家とファッションのコラボ〉という案に麗子は反応します。

荒染右京という漫画家を麗子が推し交渉には奈未を連れていけと言います。なんと荒染右京の趣味はけん玉だったのです・・・

 

無理だと言う奈未にもしこれが成功したら弟の彼女として

親に推薦してあげてもいい、でも失敗したらもう来なくていい。と言い放つ麗子・・・

 

中沢に相談する奈未ですがそもそも荒巻先生の漫画を読めと冷たいながらにもアドバイスをしてくれました。

奈未から報告を受けた潤之介は、同僚からの誘いを断って奈未と作戦会議をします。

潤之介がけん玉を買ってきてくれますがけん玉の技の動画を見て

絶対にできないと悟り落ち込む奈未。潤之介は、「一緒に頑張ろう!」と励まします。

 

奈未が練習している間、潤之介は奈美の仕事を代わりにやってくれるし、けん玉を手にぶつけると優しく手当てしてくれます。

 

今度小さい個展をやるから見に来てよと言われ、

本当の恋人みたい!とはしゃぎ、潤之介にキスされる夢まで見る奈未・・・

しかし、潤之介は一枚の写真を見つめていました・・・

目が覚めると隣に潤之介がいますが、余韻に浸る暇もなく奈未は仕事に向かいました。

 

そして急に荒染先生とアポが取れてしまい、交渉に向かう奈未。

一緒に向かう半田(なだぎ武)に助けを求めると、

「大丈夫!君の出番はないよ!俺が荒染先生を落とすから!」と心強い言葉をくれたので奈未は安心しました・・・

が!半田が荒染先生を口説きますが反応が悪く・・・

半田はすぐに奈未にけん玉をやらせました・・・奈未はもちろん失敗します。

 

交渉決裂の責任を取らされ、麗子に仕事を辞めるよう告げられます。

 

私の責任じゃない、と潤之介に愚痴を言う奈未。優しく話を聞いてくれる潤之介に、

どうして彼女のフリをする相手に私を選んだの?と聞くと、

「恋に発展しそうな子にそんな事お願いできないでしょ?」と言われてしまいます。

 

そして麗子に呼び出され、奈未は責任逃れしようとしますが

「人並みがいいというならせめて、人並みに責任取ったら?」と言い返され、ますます落ち込みます・・・

でも、編集室見渡すと同僚たちが必死に荒染先生の交渉方法を考えていました。

諦めず努力する姿を見て自分の未熟さに気付き、奈未はけん玉の練習を始めました。

そして中沢に勧められた荒染先生の漫画を読みます・・・

もう一度一人で荒染先生の元に出向いた奈未はけん玉の技を成功させ嘘をついたことを謝り、

荒染先生の漫画の感想を興奮して話し先生の漫画のファンになった事を伝え荒染先生の元を去りました。

 

 

潤之介と奈未が出会った橋で待ち合わせた二人ですが、奈未の方から、「もう恋人のフリはやめにしよう」と告げます。

潤之介は「付き合ってたのは嘘なのに別れるのは本当みたいで寂しい」と言い・・・

握手をして二人は嘘の関係を終わらせました。嘘は本当にならない・・・奈未は自分に言い聞かせます。

 

潤之介との別れを知らせに麗子の元に向かった奈未ですが、

そこで荒染先生がイラストを受けてくれる事になった事を知らされ

交渉を成立させたごほうびにパーティーに連れて行ってあげる。と言われます。

 

宇賀神(ユースケ・サンタマリア)と麗子と共にパーティーに向かう奈未ですが、外国語が飛び交う華やかな場に戸惑います。

会場の前で麻美(高橋メアリージュン)が麗子に絡んで来て、奈未を馬鹿にしますが

麗子は「彼女は有能なアシスタントよ。」と堂々と言い放ちその場を去るのでした。

その後麗子はステージに立ち外国語で流暢にスピーチをし始めます。

そして突然けん玉を持ち出して、奈未にけん玉で会場を盛り上げなさい!と指示します。

奈未は嫌がりながらも言われた通りにけん玉をやりますが失敗してしまい、

麗子に「もう下がっていい」と言われてしまって、悔しさから会場を後にします・・・

 

何日か経って、荒染先生のイラストが編集部に届きました。

なんと・・・イラストのキャラクターはカルティエのブレスレットをしていました!!!

麗子はカルティエとの交渉まで成功させていたのです!

 

麗子の目的は初めからカルティエでした。カルティエのシモンが荒染先生のファンと知っていて

麗子が仕掛けた事でした。きっかけ作りのために奈未のけん玉を使ったのです。

 

あなたのけん玉で得た広告料、ざっと6000万。使えない道具も使い方次第・・・

 

という麗子に奈未は「私人並みになるまでもう逃げませんから!!!」と啖呵を切ります。

奈未のミスで編集部に届いてしまった大量のレモンをスタジオまで運んでいる奈未ですが、

つまづいてしまいレモンが坂を転がっていきました。そして、拾ってくれたのは・・・潤之介でした。

「どうしてここに?」

 

「奈未ちゃんに会いたかった。前は実際に付き合わないって言ったけど、

俺が奈未ちゃんを選んだ理由もう一個あった。なみちゃんなら信じられると思った、だから俺、奈未ちゃんがよかったんだ。」

 

言葉が見つからず、その場を去ろうとする奈未でしたが、潤之介は奈美の手をつかみ・・・

 

「俺の事、好き?」と聞くのでした・・・!!!!

スポンサーリンク

オーマイボス恋は別冊でドラマ 2話の感想

今回は、潤之介とのシーンが盛りだくさんでしたね!!!♪
嘘だとわかっていても、潤之介の行動や言葉にときめいてしまうのは、仕方ないと思います。
かっこよすぎです・・・玉森裕太さんだから・・・?( *´艸`)あんな男性居たら、世の中の女性はみんな惚れてしまいますよね!!!
でも潤之介が見つめていた写真が気になりますね。最後、俺の事すき?と聞いてきたけど、、いったいどういうつもりなんでしょうか!!
私なら、好きです!と食い気味に言っちゃうな~~~~(/ω\)
まさか元カノが出てくるとか、忘れられない女がいる、とか、、、?!そして今回の編集部もバタバタでしたね。
何手も先を読んで行動していた麗子編集長、さすがでした。初めて人並みの仕事を任され、初めて一生懸命になったという奈未。
麗子編集長の元で、やっていく覚悟を決めましたね!
個人的には、ユースケ・サンタマリアさん演じる副社長と麗子さんの関係が気になります!続きが早く見たいですね!♪
ピンキーさん~25歳女性~
スポンサーリンク