オーマイボス恋は別冊で 8話のあらすじ予想/考察と見どころ!麗子が奈未(上白石萌音)にパワハラの事実?!
スポンサーリンク

オーマイボス恋は別冊で 8話のあらすじ予想

https://twitter.com/q5JQanMfx1DpgO9/status/1366487075508289539?s=20

やっと、潤之介と心が通じ合って、奈未も安心しました。

 

恋も最高潮にキュンキュンする時期ですが、

そんな時麗子に噂が出てきてしまいます。

 

MIYAVI史上最高のプロジェクトも動き出し、

今後の雑誌廃刊危機を乗り越えるべく編集部が動き出します。

 

今回は「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」8話の考察と予想あらすじをご紹介していきたいと思います。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」8話の予想あらすじ

音羽堂も、吸収合併が決まりつつあり、「MIYAVI」も残り

2号で廃刊するかもしれない危機に陥ってしまっています。

 

麗子(菜々緒)は、宇賀神(ユースケ・サンタマリア)に

「残り2号は麗子の好きなようにMIYAVI」を創刊してほしいと願いました。

 

麗子は、今までは自分が作りたいものというよりも音羽堂を救う事を目的にしていました。

 

今回は、MIYAVIを自分なりに自分が楽しめる雑誌の様に

新しいプロジェクトを進めようとしていました。

 

そこで、動き出したプロジェクトは、COACHとMIYAVIのコラボではなく、

中小企業ではあるが最近人気が出てきているISOBEの化粧水とのコラボも決定しました。

 

しかし、順調に動き出したと思っていたプロジェクトの中で、

編集部に一枚のゲラが送信されてきました。

 

内容は、麗子が奈未(上白石萌音)にパワハラをしているのではないかという内容で、

これが事実なのであれば編集長を解任しないといけないという話が出ていました。

 

編集部でも本当なのか解散の危機まで、出てきていますが、

奈未は麗子の傍を離れようとしていません。

 

アシスタントは自分だけだと話し、MIYAVIの廃刊危機を

麗子と一緒に乗り越えようと心に誓っていました。

 

そんな大変な時期でしたが、潤之介(玉森裕太)と奈未は、

心が通じ合い正式に付き合う事になりました。

 

距離も縮まり、仕事も手に付かないほど、にやけてしまっていました。

 

潤之介は、奈未に愛情表現された事を嬉しく思い、

今まで以上に二人は仲良くなっていました。

 

半同居の生活を送りながら、プライベートも充実していましたが、

中沢との関係をはっきりさせてはいませんでした。

 

そして、潤之介にも転機が訪れていました。

 

金沢の実家に帰った際に、宝来グループを継ぐために

勉強をしていく事を前向きに考えていると話しました。

 

しかし、継ぐなら帰ってくる時に付き合っている

彼女を連れて帰ってきなさいと言われていました。

 

でも、奈未にそれをお願いするのは結婚してしまえば

潤之介を支えていきなさいと言っているようで、

潤之介は奈未には無理な決断をさせたくなかったのです。

 

仕事なのか潤之介なのかを選ばせるようで、

一番好きな人を悩ませたくなかったのです。

スポンサーリンク

オーマイボス恋は別冊で 8話の考察と見どころ!

https://twitter.com/nar_ryusei0916/status/1364470801240449024?s=20

今後の展開を予想していきましょう。

 

完全オリジナル脚本なので、あくまで筆者の考えですが、

麗子は今まで自分の載せたいものを載せるというよりは、

数字の事を考えて雑誌を作っていたように思います。

 

今回は、新しいものを載せていこうとしているので、

化粧水プロジェクトは大変ですが、創刊すると数字が

伸びてくるのではないかと思います。

 

でも、麗子の事を陥れようとしてくる人がいるのではないでしょうか。

 

奈未に対してのパワハラも疑われていますが、

奈未は本当に麗子の事を信頼しているのです。

 

雑誌へのかける思いや、奈未は最初は編集部で麗子の雑用係を

やる事に納得はしていませんでした。

 

でも、今では、MIYAVIが創刊されて自分の名前も載ったり、

家族も安心させる事ができました。

 

麗子と一緒に居ると新しい体験が出来たのです。

 

そして、潤之介と出会う事も出来てよかったと思います。

 

MIYAVIがなくなってしまうかもしれない、

この危機を乗り越えていくには麗子も奈未も二人が

力を合わせればいいコンビになります。

 

麗子がやりたいように、MIYAVIを作り上げて、

読者に認められて存続出来るといいなっと思っています。

 

そして、潤之介の方はスランプなのかもしれません。

 

奈未とはうまくいきましたが、写真のコンテストに

応募してもイマイチぱっとしませんでした。

 

実家の宝来グループを継ぐ事は時間の問題かもしれないので、

写真をやめて勉強していかないといけません。

 

でも、宝来グループを継ぐなら今真剣に

お付き合いしている人を親に紹介しないといけません。

 

いないのであれば、またお見合いをさせられる事になってしまいますが、

奈未は今仕事を頑張っているので、

あまり負担をかけたいとは潤之介も思っていません。

 

でももう離れたいとも思っていないはずです。

 

仕事を優先して潤之介とは離れてしまうのか。

 

潤之介を優先して仕事を離れていくのか。

 

奈未ならどっちも選びそうな気がしますが、

こういう時援護してくれるのが麗子なのではないでしょうか。

 

なんだかんだいって麗子は奈未を面白いと買っている所があるので、

仲の良い義理の姉妹になっていきそうな感じがしませんか?

 

ハッピーエンドな結末をお願いしたいです。

 

今回は「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」8話の考察と予想あらすじをご紹介しました。

スポンサーリンク