監察医朝顔2 6話のネタバレ あらすじと感想!桑原は何を見たのか?
スポンサーリンク

監察医朝顔2 6話のネタバレ あらすじ

https://twitter.com/kantele/status/1335811273351557120?s=20

嶋田が持っていた1本の歯が里子のだと言い、自分が死ぬまで持っていると言う。

平は、それが里子のものかは調べないと言う。
平は家が見つかったら被災地に引っ越すと言い、嶋田は里子のハンカチも持っているのを黙っていて申し訳なかったと詫びる。

嶋田が咳き込んでいたので平が心配すると嶋田は入院すると言い家の処分を頼む。

以前から桑原が接蝕していた田村が桐谷に追われ、桑原は桐谷に銃を捨てろと言ったが、
言う事を聞かず桐谷に発砲したが、田村を救えなかった。

朝顔が、帰らず電話にも出ない桑原を心配するとテレビ報道で昨夜警官が鈍器のようなもので殴られ犯人が銃を奪って逃走中と報じている。
すると平から電話が入り聞き込みや検問で忙しいのだろうと朝顔をなだめる。

県警本部の瀧川は現場にいた桑原を呼ぶ。そこに所轄の山倉が来るが所轄は現場から追い出される。

事件のせいで保育園が休みになり朝顔はつぐみを連れて職場に行くと藤堂の息子もそこに田村の遺体が来て
桑原は手についた血痕を見つめる。

監察官の五十嵐が桑原を尋問し、桐谷という田村の交際相手が田村を脅していたので桑原は桐谷の足を撃ったと言うが、
威嚇射撃もせずいきなり撃ったのかと五十嵐が問い、防犯カメラに桐谷が写っていなく桑原が田村を撃ったように見えて、

桐谷が現場に本当にいたのかと五十嵐が問い詰める。

丸尾は遺体の解剖は茶子にお願いしたいといい桑原捜査員が事件に関わっている疑いがあり朝顔は外れて欲しいと言う。

朝顔はすみませんと言い、解剖チームから外れる。
すると、忍が家に来て朝顔と夕食を食べ、忍は桑原の無実を信じると励ます。

田村は午前6時頃に頭部を撃たれたと推測されて解剖すると、
銃創だけでなく後頭部に激しい損傷がある。

警官が奪われた銃も桑原の銃の口径も38だが、発砲されたのが、桑原の銃かどうかわからない。
朝顔は山倉に尋ねると、監察官に、桑原は田村から風営法違反の件で証拠を押さえようとしていたと言う。

事件当日、桑原は田村から連絡があり日の出港に行くと田村がいて、
桐谷が背後で銃を構えていたので、銃を捨てろと言いながら右足を撃ったと言う。

五十嵐は手元が狂って田村を撃ったのかと言う。
桐谷の銃に玉がなく桑原が疑われ桑原はやって来た山倉に桐谷が犯人だというと、

五十嵐がおこって遮るが、山倉は桐谷を調べるように部下に指示する。

今度は身元不明の男性の焼死体が山林で発見され朝顔が解剖する。
体に入れ墨がみつかり山倉が捜査し桐谷の死体と判明する。

死後に焼かれ死後1日半以上経過していると推測され桐谷が田村の死亡前に死んでいて、
脳の切りだしの結果、正面から撃たれていた。瀧川が桑原に何を見たのかと問い詰める。

スポンサーリンク

監察医朝顔2 6話のネタバレ 感想

田村が銃で撃たれ、桑原は桐谷に銃を捨てろと言ったが、言う事を聞かず桐谷に発砲したが、
田村を救えず、監察官の五十嵐が桑原を尋問し、桑原は桐谷の足を撃ったと言うが、威嚇射撃もせず、いきなり撃ち、防犯カメラに桐谷が写っていなく、
桑原が田村を撃ったように見えて、桑原が信用されていないのでピンチだ。桑原が田村と愛人関係だった証拠隠滅で殺したのかと推測も出来た。
しかも、警官が奪われた銃も桑原の銃の口径も38だが、発砲されたのが桑原の銃かどうかわからない。
朝顔は山倉に尋ねると、監察官に、桑原は田村から風営法違反の件で証拠を押さえようとしていたと言う。桑原は、やって来た山倉に桐谷が犯人だというと、五十嵐が起こって遮るが、
山倉は桐谷を調べるように部下に指示したのは、せめてもの救いだ。
今度は身元不明の男性の焼死体が山林で発見され、朝顔が解剖する。体に入れ墨がみつかり山倉が捜査し桐谷の死体と判明する。
死後に焼かれ死後1日半以上経過していると推測された。 そ
の上、桐谷が田村の死亡前に死んでいて、脳の切りだしの結果、正面から撃たれていた。

つまり、桐谷は田村が撃たれた前に死んでいたとことになり、
桑原は嘘つきだと疑われても仕方ないので、益々ピンチだ。

朝顔の解剖の間違いか死体の死亡推定時間が偽装されたか、
死体そのものが他人と入れ替わったかでないと桑原は不利だ。

~リフレさん. 男性. 年齢. 60代 ~

スポンサーリンク