監察医朝顔2 16話のあらすじ予想/考察と見どころ!平の刑事に駆ける思いとは?!
スポンサーリンク

監察医朝顔2 16話のあらすじ予想

やっと幸せな時間が訪れると思っていた朝顔たちですが、

以外にも早く浩之の容体があt化してしまいました。

 

そして、朝顔たちにとって最悪の事件が幕を開ける事になってしまいました。

 

本当の犯人は誰なのか。

 

浩之の最後の瞬間、朝顔は何を話すのでしょうか。

 

今回は、「監察医朝顔2」16話の考察と予想あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

「監察医朝顔2」16話のあらすじ予想

 

入院していた大じいじ・浩之(柄本明)の容体が急変してしまいました。

 

病院から知らせを受けた朝顔(上野樹里)は、急いで岩手の病院へ向かいます。

 

浩之の最後が近づいているので、最後の嘘だと思って、

浩之が大事に持ってくれていた歯は、里子(石田ひかり)のものだったと伝えようと考えていました。

 

ですが、浩之は朝顔が来ても目を覚ます事もなかったのです。

 

裁判への出廷を控えていた朝顔は公判が近づいており神奈川に戻らないといけませんでした。

 

浩之が目を覚ます事だけを考えて日々の生活を送りながら、

嘘をつくことが賢明なのか朝顔は自問自答していました。

 

その頃、桑原はいろんな人の助けもあり神奈川県警に復帰する事になっていましたが、

とっても意外な男性と再会する事になります。

 

その男は、マンホールを盗んだ事で、桑原に逮捕されていた今野(上島竜兵)でしたが、

今野はとても以外なものを見てしまったと桑原に伝えに来たのです。

 

今野は、犯人の顔を見たと言いました。

 

犯人を見たら情報をくださいと呼びかけられたチラシを持ってきていた今野は

このチラシに書いてある似顔絵に似た男を見たと語りました。

 

チラシに書いてある似顔絵の男が起こした事件は、

当時30代の三田村夫婦と7歳だった長男が自宅で何者かに惨殺されました。

 

殺された人の右の頬には十字の傷があり、

目撃証言などもあって知人が逮捕されましたが、証拠がなく不起訴になってしまっていたのです。

 

その事件の犯人を見た今野でしたが、思わぬ事件が起こりました。

 

事件当時のまま保存された家で、殺人事件が起こってしまいました。

 

男性の遺体が発見され、その遺体の右頬には十字の傷がつけられていました。

 

解剖するために、朝顔たちの居る大学に運ばれ解剖が行われるのですが、一体誰が犯人なのか。

 

事件は何故、また動き出したのでしょうか。

 

不起訴になった知人が犯人なのか。

それとも目撃情報がまた出てくるのか。

 

朝顔が関わってきた事件史上最悪の事件の幕が開けます。

 

そして、浩之にはどう伝え、最期の瞬間の二人の会話も気になります。

 

平も当時起きた事件を知っているので、

今回事件の捜査の何か役に立てばとノートを持っていきます。

 

みんなで事件解決に乗り出します。

 

スポンサーリンク

「監察医朝顔2」展開予想や考察

遂にやってきてしまいました。

 

浩之さんの最期が近づいてきています。

 

里子さんがなくなっているとしても、遺骨も戻ってくる事もないまま、手袋だけでした。

 

行方不明になってしまっている人は今でも沢山居ますが、無念だと思います。

 

朝顔も少し前までは仙ノ浦に行く事も出来ませんでしたがいけるようになり色々ありました。

 

一度は家族もバラバラになってしまいましたが、

また一緒に暮らせるようになり大じいじも本当に安心したと思います。

 

最期に朝顔はどうしてもいい報告をしたいと思って

嘘をつこうとしていますが浩之の為になるとは思えません。

 

今後の展開予想ですが、平が自分が何もかも忘れてしまう前に、

最後に自分が警察官だった証を残したいと今残っている刑事の魂で、

朝顔たちと一家惨殺事件の捜査を始めます。

 

前は家族が殺害されていたにも関わらず今回は一人の男性である事が気になります。

 

どうして、一人だったのか、当時の事を知っている人でなければ

この事件を模倣犯の様にする事は出来ませんが同一犯人なのか、

それとも模倣犯なのかが気になります。

 

桑原も帰ってきてすぐの事件で、戸惑うかもしれませんが、

どうしても事件を解決したいと思っている平の気持ちにみんな触発されてしまいそうです。

 

そして、事件は無事に解決した後少しずつ平の記憶が消えて行ってしまいそうな予感がしています。

 

数年後の朝顔の世界観が描かれ平は入院しているか天国に逝ってしまい、

桑原と朝顔、つぐみの生活が始まっているのではないかと思います。

 

でも桑原は、つぐみに兄弟を作ってあげたいと思っていたので、

もしかすると弟か妹が出来ているのかもしれません。

 

それであれば悲しいだけでなくほんわかした最後の結末になるのかもしれません。

 

事件は、解決するのか、何も解決しないままという事は無いと思いますが、

平が薬で記憶も失っていなくて、里子さんの遺体も見つかったとするならば、

もっと複雑ですが朝顔たちに取ってはいい結末なのかもしれません。

 

お母さんの事をもっと色々語ってほしいと思っている

朝顔が録音している音声はまたいつか聞ける事があるのでしょうか。

 

そこも気になっているのですが。

 

どこまでいっても不詳の死がなくなることは無いのかもしれません。

 

でも、これだけ朝顔や茶子先生のように解剖してでも、

何かを読み取ってくれようとしてくれる先生が居たら

家族は少しでも救われるのではないでしょうか。

 

今回は「監察医朝顔2」16話の考察と予想あらすじをご紹介しました。

スポンサーリンク