監察医朝顔 7話のネタバレ あらすじと感想!朝顔を脅しにかける卑劣な女性の結末は・・・
スポンサーリンク

監察医朝顔 7話のネタバレ あらすじ

第七話は、仙ノ浦震災復興センターから

里子の手袋と骨らしき物が一緒に見つかった

という連絡を受けた朝顔(役:上野樹里)のシーンから始まります。

 

朝顔はすぐに平(役:時任三郎)に電話で連絡します。

平は仕事を終え、つぐみのお迎えに行ってから

帰宅したところです。

 

そして朝顔から話を聞いた平は呆然としています。

 

朝顔が仕事を終え、帰宅すると平はすぐに荷物を持って

里子(役:石田ひかり)の手袋を受け取りに東北へ出発します。

翌日、朝顔はある事件の鑑定証人として裁判に出廷します。

事件の内容としては資産家男性が病死した事件で

妻の美魔女と呼ばれる白川亜里沙が

殺害したのではないかという事件です。

 

3年前にも亜里沙の元夫が病死で亡くなっており、4億円以上もの

資産を手に入れています。

 

その1年後に今回の夫と再婚し、たった3か月で病死

となり6億円以上の資産を手に入れています。

 

死亡した二人目の夫の状況証拠から一度逮捕されていますが

一審で無罪判決を受け、再鑑定となり

朝顔が鑑定証人として出廷したという流れです。

その頃、復興センターに到着していた平は里子の手袋を

係りの人から受け取ります。

その手袋は里子がしていたもので間違いありません。

 

一緒に見つかった骨様の物はDNA鑑定のために警察へ提出されており

朝顔の親族DNAと里子の骨と思われるDNAが照合され

明日結果が出ると話しをされます。

 

平は、その手袋が発見された橋へ行き

里子の捜索を始めます。

すると里子の捜索を反対していた里子の父親・嶋田浩之(役:柄本明)が訪れ

無言で一緒に捜索作業を手伝い出します。

 

一方、裁判所では朝顔が証言台に立ちます。

一審で鑑定した東横大学の鑑定結果は

胃腸炎の嘔吐物による窒息死と鑑定しています。

朝顔の見解としては

確かに胃と腸に慢性的な炎症が起きていたことと

通院していた胃カメラのデータとカルテを見ても

胃腸炎を患っていたということは間違いありません。

 

しかし、嘔吐した原因が胃腸炎によるものではなく

別の原因で引き起こされた物で

病死ではないと結論付けたと証言します。

 

遺体から金属アレルギー反応が見られます。

そして金属の中で摂取することで死に至るとされるのが水銀です。

つまり、水銀が死因ではないかと朝顔は話します。

すると突然、容疑者・亜里沙がわざとらしい演技で

胸痛を訴え、この日は閉廷となります。

 

翌日、裁判は朝顔の証言台に立ち再開します。

弁護士側は、水銀は銀歯にも含まれており

水やコーヒーを飲むだけで溶け出るため

それがアレルギーとなったのだと話します。

 

それに朝顔は、反論します。

銀歯の金歯は混合物であり

水銀が溶け出てもごく微量のため人が死ぬことはありません。

 

また、今回の水銀中毒症状は腎臓に慢性的な所見がみられため

遺体の毛髪の薬物検査をしたところ

3か月にわたって水銀を摂取していたことがわかりました。

3か月というのは、亜里沙と結婚した時期と一致します。

それに検察が付け加え、亜里沙の実家から

水銀が見つかったと証拠が提出されます。

 

すると亜里沙が朝顔に

「あんたも殺してやる!」

と騒ぎ出し、裁判所から連れ出されて

裁判は終了となります。

 

同じころ、平は復興センターに訪れます。

DNA鑑定の結果、骨は里子のものではありませんでした。

平は朝顔に電話で、そのことを伝えます。

朝顔の表情は複雑な心境の様子です。

 

それだけ伝え、平はもう一度橋の所へ行きます。

浩之にもDNA鑑定結果の報告をします。

 

浩之は残念な表情をして

「諦めてた、とっくの昔に。でもやっぱり会いたい、里子に。

次来る時は連絡しろ。」

と平に告げると軽トラックで帰っていきます。

 

平は帰り道、一人里子のことを想い

運転しながら涙が止まりません。

 

パーキングエリアで休憩をしながらも帰宅した平は

朝顔に里子の手袋を手渡します。

朝顔はその手袋を見ながら里子との思い出を話し始めます。

その手袋は元々朝顔が学生の頃使っていたものでした。

ボロボロだったから新しい手袋を買ってあげると

里子に言いましたが、この手袋がいいのと里子は

その手袋を使っていました。

 

そして一緒に見つかった骨は

瑞枝という近所に住んでいた

高齢女性の骨だったと平は話します。

津波があった日、里子は瑞枝の様子を見に行ってから

行方不明になっていました。

 

そしてその日は寒かったため、里子は瑞枝に手袋を貸したため

手袋と一緒に瑞枝の骨が見つかったのだと考えられます。

 

朝顔は

「お父さん、お母さん最後まで優しい人だったね。」

と平に涙ながらに笑顔で話します。

 

つぐみを寝かせ、朝顔と真也はつぐみを挟んで床に就きます。

真也は朝顔に

「よく頑張ったね、お父さんの前だったからでしょ。

もう我慢しなくていいよ。」

と声を掛けると朝顔は涙を流します。

 

そして翌朝の朝食では、平も朝顔もいつも通りに

明るく戻っています。

みんなで朝食を食べるところで第七話は終了です。

スポンサーリンク

監察医朝顔 7話の感想

第七話は、これまでの朝顔ドラマとは違った内容のものでした。

監察医では、裁判の証人として出廷することは

よくあることらしく、そこにスポットが当たった回でした。

朝顔は、行方不明となっている母親・里子の骨が

見つかったかもしれないという複雑な心境の中

法廷に立って証言しています。

その上、今回の容疑者となっている女性が

朝顔に脅しにかかってくる卑劣な女性でした。

そして結局、骨は里子のものではなく、

強気に振る舞う朝顔が、最後、真也に

「我慢しなくていいよ。」と声を掛けられるシーンは

一気に朝顔の緊張が解かれた感じが

とてもよく伝わってきました。

(初めて朝顔と真也の夫婦感を感じたシーンでした!)

朝顔にプレッシャーと里子が亡くなったという証拠が

見つかったかもしれないという境遇の中

真摯に監察医という仕事を全うする姿が

とてもかっこいいですよね。

平と浩之の関係は、これまで

かなり険悪なムードで

二人のまともな会話はありませんでしたが

里子の手袋が見つかったことがきっかけで

今回、二人の関係がほぐれてきています。

義父と婿の関係というのは

一般的にどういうものなのか分かりませんが

ギクシャクしている関係が

いい方向へ向かってくれると嬉しいですね。

この関係が最もデリケートな感じがします。

あやさん~30代女性^^

スポンサーリンク