青のSP 10話最終回 ネタバレ あらすじと感想!隆平が遂に真相を暴く!
スポンサーリンク

青のSP スクールポリス 10話最終回 ネタバレ あらすじ

最終回、隆平は真相にたどり着く事が出来るのか。

香里の願った未来とは一体何なのでしょうか。

香澄と、美月の隠している事はなんなのでしょうか。

今回は「青のSP」10話(最終回)のあらすじストーリーと感想をご紹介します。

 

青のSP 10話(最終回)のあらすじストーリー

 

隆平(藤原竜也)は、香澄が美月と同じ学校を志望していることを知ります。

なにか隠している事があるんじゃないかと思って隆平は調べます。

岡部は木島を銃で撃ち、約束が違うと詰め寄っていた事を知ります。

木島に話を聞こうとしますが、意識が戻っていないので話をきくことができませんでした。

 

岡部は、逃げていますが今までの精神状態とは違います。

今何を犯してもおかしくない状態になっていますが、赤嶺中学では、この話で持ちきりでした。

 

隆平が次に狙われるのではないかと他の先生も心配していますが、

隆平は何度も三枝に電話して行方を聞きますが、

三枝は心配しているのに耳を隆平は傾けません。

 

香澄は、岡部の会話をしている生徒の傍で警戒しているように話に耳を傾けます。

岡部の事はニュースにもなっているので、美月は動向をしりたいのか必死にニュースを見ています。

隆平は、どうして岡部をはめるようなマネをしたのかと聞きますが、美月ははぐらかします。

香澄の家庭事情が明らかになる

香澄の三者面談が始まり、美月と同じ学校を希望している事を知ります。

母親も進路には賛成していますが、その時、涼子(真木よう子)は

初めて教育長が父親であることを知ります。

 

父親でも、認めたくないのか、涼子の前で悪口を言います。

その足で美月の所に行き、隆平にばれそうだと話していると岡部が物陰から出てきます。

わざと襲わせるようにしたと岡部は聞いてしまい、逆上してしまいました。

 

警察もやってきて、岡部の部屋の押収物から

通帳とはがきを見つけてきて、疑問に思っていました。

そのまま木島の元へ向かい、目が覚めたばかりなのに尋問したのです。

 

次の日、岡部の件で隆平が香澄たちの所にやってきて、話を聞き始めました。

美月は、岡部から保険を解約して得た420万円を慰謝料として受け取っていたのです。

最悪の事は免れましたが、お金を要求したのは美月の母親だったのです。

これは立派な恐喝罪なのです。

 

美月がそのお金を要求したのは高校に行く費用が420万円だったのです。

420万円は返すことも出来ない。

岡部は、婚約者も失ってしまい、職も失ってしまったのです。

陥れられた岡部が被害者だったのです。

美月がこれまでの経緯を全て打ち明ける

美月は嘘をつくのは辛いと聞き、全て今までの事を話しました。

香澄が助けてくれただけと話しましたが、それは別で香澄は

美月が困っていたのでちゃんと助けたのです。

 

自分達がよかったらいいなんて最低なのです。

香澄たちがやったことは何度謝っても、謝りきれない。

償うことはできないんです。

香澄と美月が安易にしたことで香里が亡くなってしまった。

被害者を何人も作ったのです。

 

香里は、教師になりたくて大学に入り直して受験勉強をして教師になったのです。

その事も何も知らず一生懸命だったのに、

そんな香里の気持ちも何も知らずに、こんなことを犯してしまったのです。

 

岡部は何も知らず、香澄たちに事情を聞きたかったので、学校に入ってきていました。

岡部を止めようとして三枝が撃たれてしまいました。

香澄たちのもとへ向かい、立てこもりを起こしました。

怖すぎて前に出ていけない二人でしたが、涼子が絶対に撃たないでと説得しました。

 

何度も銃声が聞こえて涼子はそれにも動じずに涼子は守ろうとしましたが、

岡部は隆平も殺害しようとしていると話しました。

ちゃんと急所にあてなければ、自分が今度は逮捕されると思えと隆平は言いました。

岡部はおもちゃのようですが、家にあるもので銃を作っていたのです。

隆平が銃声をあびてしまう

隆平は逮捕する代わりに自分が撃たれてしまいました。

逮捕する事は出来ましたが、隆平は帰ってきませんでした。

意識を失ってしまった時に香里が夢に出てきて、

無茶なことをしないでと、忠告しました。

 

事件が起こって直ぐにマスコミがやって来ていましたが、

涼子の気持ちをカメラの前で語りました。

その頃、教育長が、副教育長に罪をのすりつけようとしていましたが、

文科大臣から教育長に罪を擦り付けられたのです。

 

なので、教育長は居なくなってしまったのです。

そして、隆平もどこかに行ってしまい学校にはやっと慣れて平和な日々がやってきました。

受験勉強にも集中しているような感じになり涼子は、嬉しくなりました。

 

涼子は、今隆平が何をしているのかと話に行きました。

本当に警察が関与しない学校ができていくようになればいいねと二人で話しをしました。

スポンサーリンク

青のSP スクールポリス 10話最終回 感想

びっくりしました!

セクハラがあったのは本当だったけど。

でも、それを利用してお金を取ろうと考えるとは思いませんでした。

そして、 もうひとつは香里の過去です。

1度大学に入り直して、どうしても先生になりたかつたかったから、
一生懸命になっていたんだなって思いました。

楽しいだろうと希望を持って先生になったのに、
隆平も香里を失う怖さ、大切な人を失う怖さを知ってしまいました。

だからこそ、大切な人を失うような事をしたらいけないのです。

多分、香澄たちも怖かったはずです。

いつバレてしまうか分からない状態で、本当に怖かったけど、
みんな怯えながら生活していたのだと思います。

隆平はやっと、香里の死の真相をきちんと知る事が出来て良かったと思います。

新しい風が吹いて学校に本当に平和が来ることがあればいいですが、
いじめに真面目に対応してくれるような先生が出来たら嬉しいです。

スポンサーリンク