青のSPスクールポリス 3話のネタバレ あらすじと感想!まさか!ドラッグの入手先があの人物・・・
スポンサーリンク

青のSPスクールポリス 3話のネタバレ あらすじ

赤嶺中学校では社会教師柴田透が3年生の副担任に任命され、

やる気に満ち溢れていた。

職員達の前で政治家の様な固い挨拶をする中、

数学教師の一ノ瀬悟が血相を変えて職員室に入って来る。

パソコンルームのDVDプレーヤー、HDD、プロジェクターが盗まれていた。

それらの備品はネット上に出品されており、スクールポリスの島田隆平は、

犯人を見つける為、購入手続きをする。

 

また学校内で逮捕者が出るのではと国語教師の浅村涼子は、不安を抱く。

それと同時に、島田から亡くなった音楽教師の

小川香里について聞かれた事を思い出す。

 

その夜、島田は小川が亡くなっていた現場を訪れ、

亡くなった光景を思い浮かべながら拳を握りしめていた。

商品が発送されたのを確認すると、島田は指紋照合を行う為、

学校の職員、生徒全員からの指紋採取を行う。

そんな中、生徒の一人が錯乱状態となり、病院に運ばれる。

その後、サッカー部の生徒ばかりに同じ症状が起きている事が判明する。

症状から島田は、ドラッグの使用を疑うが、

生徒達はドラッグの使用を否定していた。

 

島田は、生徒達の水筒に誰かが、ドラッグを仕込んだと考える。

真田一樹と三浦翔子に協力を求め、サッカー部に恨みを持つ人物を探して欲しいと頼む。

2人の調査により、恨みを持つ生徒2名の名前が浮上する。

その内の1人の潔白が証明され、

島田はもう1人の佐々木悠馬に話を聞きに行くが、突然逃走を図る。

その後、佐々木が備品を盗んだ事が証明され、

浅村は佐々木の行方を探す為、よく出入りしていたスポーツ店に向かう。

すると、この店でドラッグの売買が行われていた事実が発覚する。

島田は、佐々木のノートに別人の筆跡があった事に疑問を感じ、本人に尋ねる。

 

この事をきっかけに、サッカー部を陥れようとした犯人が明らかとなる。

犯人は、佐々木に好意を寄せていた長田彩香だった。

長田は佐々木に告白したものの、想いを受け止めてもらえず、

何とかして近づこうと佐々木の行きつけのスポーツ店に出入りしていた。

 

その際、ドラッグ売買の事に気が付き、今回の計画を思いつく。

サッカー部の生徒に怪我をさせられて、

サッカーの道を断たれてしまった佐々木の為に復讐すれば、

振り向いてもらえると考えていたのだ。

https://twitter.com/lav___s/status/1354092068952399872?s=20

その後、長田は薬物犯罪で取り調べを受ける事となり、

佐々木は、むしゃくしゃして備品を盗んだ事を謝罪する。

反省の色が見えた為、お咎め無しとなる。

その頃、島田は奈良橋英里に会いに行き、

小川の件について尋ねるが自分が小川を

殺したとまさかの返事が返って来るのだった。

スポンサーリンク

青のSPスクールポリス 3話の感想

学校内の備品が転売される事件が起きる中、
生徒にドラッグ使用の疑いが出て来ました。
中学生までもがドラッグに手を出す、
世の中となったのかと驚きました。

生徒達がどのようにしてドラッグを
手に入れたのか考えている中、
生徒達は使用を否定していました。

ただの言い訳かと思っていたのですが、
生徒達の真剣な眼差しから本当の事を言っているのだと感じました。

では、ドラッグ摂取をした時に起こる症状は何故起きたのだろうか。
この生徒達は、ある人物により陥れられていました。
犯人として疑ったのは、怪我をしてサッカー部を辞めた佐々木でした。

しかし、意外な犯人の名前が浮上しました。
まさか女子生徒による犯行だとは、
思っていませんでした。

それも好きな相手を振り向かせる為という、
身勝手な理由でした。
好きな相手に振り向いてもらえないのは辛い事です。

だからといって他人を巻き込んで、
犯罪に手を染めるなど絶対してはいけない行為です。
自分の犯してしまった罪の重さを感じ、
反省して欲しいと思いました。

そして、亡くなった小川について探る島田。
島田がこの学校のスクールポリスとなったのは、
小川の件を探る為なのではないかと感じました。
島田と小川の関係が気になります。
ペンネーム:みかんさん~30代女性~

スポンサーリンク