青のSPスクールポリス 2話のネタバレ あらすじと感想!怪しいマスクの男の正体は?!
スポンサーリンク

青のSPスクールポリス 2話のネタバレ あらすじ

朝、チャイムと同時に学校の分厚い門を閉める嶋田隆平(藤原竜也)

教室では、朝礼が始まりますが、先週の事件の傷がまだ癒えていない生徒もいるようです。

 

職員室。浅村と水野楓(山口沙耶香)がお腹の中の赤ちゃんのエコー写真を見ながら話していると他の教師たちも寄ってきます。

不妊治療からの待望の妊娠という事もあり、「体がしんどい時は助けるから!」と妊婦である水野に協力的な姿勢を見せてくれる教師がいる一方、阿部裕亮(音尾琢真)や一ノ瀬悟(石井正則)は、とても迷惑がって嫌みを言ってきます。

浅村が「それ、マタハラです!」と注意すると黙りますが不満そうな様子・・・

突然悲鳴を上げる楓。

悲鳴を聞きつけ嶋田が駆けつけると、水野の引き出しの中にネズミの死骸が!!!

 

保健室に運ばれた水野。成田千佳(田畑志麻)は水野のお腹の子の事を心配して駆けつけましたが、ネズミの件も一ノ瀬が言いふらしてすでに生徒たちの噂になっていました。

成田は「もしかしたら二組の生徒かも…先生をこんな目に合わせて、許さない!絶対犯人見つけてやる!」と去っていきました。

嶋田が水野に何か隠していることはないかと尋ねると、「実は妊娠したことを快く思ってない人たちがいます。」と水野が話し始めました。

妊娠の話をした時校長の木島(高橋克実)、副校長の福島(峯村リエ)は中学三年生で受験を控えている子供たちの担任を持つ水野が妊娠したことで変な影響が出るかも。

とあからさまに嫌悪感を出してきたし、一部の保護者から身勝手や不潔などと抗議も受けたそうです。

 

教師だって人間だ!と浅村は校長に抗議に行きます。

全教師で水野先生を擁護する体制を作るべきだ!という浅村に、特別扱いはできないし、妊娠した同僚を気遣う指示を出せば他の先生の負担が増え働き方改革に関わってくる。と校長は理解を示してくれません。

 

教室では成田千佳が大林優也(荒木飛羽)に「あんたが水野先生の机にネズミ入れたんでしょ?!」と詰め寄っています。

成田は大林が「水野先生は流産すればいい」と言っていたと言いますが、大林は知らないと言います。

嶋田が成田に話を聞くと、SNSの裏アカで2組の女子たちが水野の悪口を書いている事を教えてくれました。でも水野先生を傷けたくないから黙っていたようです。

 

「成田さんは髪型やスマホケースも水野先生の真似をしているし、英語だけ成績もいいし、本当に水野先生の事が好きなのね。」と浅村が言うと成田は

自分の母親があまり自分に興味がない事や、水野先生は嫌な事があった時や困った時に察してくれる事、そしていつも水野先生がお母さんだったらな・・・と思う。と話すのでした。

 

嶋田は後輩の三枝弘樹(山田裕貴)に周辺のペットショップでネズミを購入した人がいないか調べさせていましたが、過去20日間の間でネズミを購入した人は居ませんでした。

こき使っといて、ありがとうの一言もない!とゴネる三枝ですが、嶋田に軽くあしらわれます。

 

この学校には亡霊がいる、と生徒が話していたのを思い出しながら夜の学校を見回りする嶋田。

物音がして駆けつけると、青木先生が水野の代わりに明日陸上部の朝練を見るからと、一時限目の理科の準備をしている所でした。

青木は、20代の頃は海外を放浪してたが、30歳を目前に焦り試しに受けた教員採用試験に合格したそうですが、

今はこの仕事を選んでよかったこの仕事を続けられるなら何でもすると思っている、と嶋田に語ります。

https://twitter.com/kantele/status/1351393953438855168?s=20

嶋田が青木に亡霊の件を訪ねると「1年前事故で亡くなった音楽の先生」の事を教えてくれました

事件の事を嶋田が調べます。小川香里という女性のニュースが出てきました。

 

翌日、学校に大林の母親が来て水野に平手打ちをし、昨日の事件の事で水野を責めます。誤解だと浅村が仲裁しますが、誤解だろうと犯人扱いしたのは事実、受験生の担任ならプライベート犠牲にして生徒に尽くせ、それが教師の仕事だ!と言います。

 

嶋田は、「威力業務妨害で逮捕する」と大林の母を連れて行こうとしますが、そこに大林が来て、「とっとと失せろ、くそばばあ!!」と母に向かって言い、母親は帰っていきました。

 

校長は大林の母親に事情を説明し事を収めてくれたのですが、産休の時期を早めたらどうかと言い出します。水野は自分の責任だと言いますが出産ギリギリまで働くし産後も二か月で復帰する。

https://twitter.com/bluesp_tue21/status/1351522298440921089?s=20

今の自分の生徒達はちゃんと送り出してから育休の事は改めて相談させてほしいと話すと、水野先生が三か月しか休まないなら臨時教師は雇わずに今いる先生でフォローしようと副校長が言い出し、

青木に水野の産休中の英語の授業を頼みました。青木は「大学卒業してから英語も使ってないので僕の発音は褒められたものじゃないし・・・」と渋ります・・・

 

 

嶋田は大学で薬の研究をしている父を持つ三上という生徒をトイレで捕まえます。

三上がが大林からお金を受け取り大学から実験用のマウスを盗んだと疑う嶋田に、三上は知らないと言いますが、防犯カメラをチェックすると言うと三上は白状しました。

 

嶋田の予想通り、ネズミの事件の犯人は大林でした。

 

先生に辞めてほしかった、役立たずの担任なんかいなくなればいい!という大林。

嶋田は大林を現行犯逮捕し連行しました。

大林は反省文を書き帰してもらえましたが、水野は大林ときちんと向き合えてなかったと自分を責めています・・・

https://twitter.com/bluesp_tue21/status/1350024330374119425?s=20

給食の時間に水野が水筒で飲み物を飲んだ途端、苦しみだしました。

お腹の子は無事でしたが、水筒から子宮の強壮剤としての作用が強く流産を流失する危険性があるパラリーゼが検出され、水野が水筒をもう一度確認すると、その水筒は水野が持っている水筒によく似ている別物でした。

 

浅村が大林を呼び出し、水筒をすり替えたのは大林なのか聞きますが、そこに嶋田が来て、「大林は水野先生を守ろうとしていた」と言います。

大林はSNSの裏アカで女子たちが水野先生の妊娠について書いているのを知り、自分が悪者になって水野先生に同情心が向くように仕向けたのでした。

 

母親が学校に抗議しに来たのを知り、本気で怒った大林を見て嶋田が気付いたのです。

 

水筒の件の犯人は大林ではありませんでした。

水野先生の水筒に入っていた特製ドリンクのレシピを成田千佳は知っていました。

そのレシピを誰かに話したことがあるか?と聞く嶋田に、成田は「ある」と…

 

 

退院した水野は病院を出て一人で夜道を歩いています。

携帯の電源が切れているため、連絡が取れなく、嶋田と浅村は必死に探し回りますが水野に危険が迫ります・・・

 

間一髪のところで嶋田が怪しい男を取り押さえ、男のマスクを取ると・・・

それは、青木先生でした。

水筒を入れ替えたのは青木。

青木は教員免許を偽造していて、水野の産休中、英語を教えるために教員免許証を提出することが出来ない。だから水野先生に早く産休に入ってもらい、臨時教師に入ってもらいたかったのです・・・

 

20代の頃から海外を旅していた青木ですが、英語の授業の代理を頼まれた時、咄嗟に「20代の頃から英語を使ってない」と言ってしまった為、嶋田はその時から青木を調べていたのでした。

 

教員免許には10年ごとの更新が必要なので、バレるのも時間の問題だったのに・・という浅村に青木は、

「それでも少しでも長くこの仕事を続けてたかった。だってこの仕事が好きだから。

僕よりダメな教師なんて沢山いる。僕はみんなの嫌がる仕事を引き受けていた。

水野先生だって生徒より子育てを選ぼうとしてたじゃないですか!なのになんで僕が辞めなきゃいけないんだ!」と言います。

 

そんな青木の顔ギリギリに、嶋田はバットを振り下ろしました。

 

「お前がやろうとしていたことはこういう事なんだよ!

一歩間違えば!お腹の子だけじゃなくて!水野先生も死んでたかもしれない!!」

青木は逮捕され青木の事件を知り、動揺する子供たち。そんな子供たちに嶋田が言います。

 

「今この学校には妊娠している先生がいる。妊婦なんてうざい、何かあったら面倒だ。そう思っている奴も大勢いる。だって一番大事なのは・・・自分だからな。

 

そう思いたい奴はそう思ってればいい。だけど一つだけ勘違いするな。

お腹の中にいる子に罪はない。そんなこともわからないようなバカがいたら、その時は容赦しない。俺が、根こそぎ逮捕してやる。」

https://twitter.com/donarino/status/1351439081033486336?s=20

 

水野はこのまま教師を続けるようです。

浅村は妊婦でも働きやすいスクールロイヤー制度を取り入れると話します。

 

「もっと早く導入されていたら、死なずに済んだかもな。」と嶋田は浅村に小川香里の写真を見せ、この学校が隠している事を教えてくれ、と言うのでした。

スポンサーリンク

青のSPスクールポリス 2話の感想

 

妊婦の青木先生への対応、ひどい先生が大半でしたね。
まだ男の人には理解できない世の中なのでしょうか・・・。お腹に子供がいるのに流産するかもしれない物を
飲ませた青木先生は、本当にありえないです。
いい先生だったかもしれないけれど、人としておかしいですね。最後に嶋田が言った、「お腹の子には罪はない」
いいセリフでしたが、じゃあ水野先生には罪はあるのか?と私は思ってしまいました。
そういうつもりで言ったのではないかもしれませんが・・・

妊娠は人に迷惑をかける、という考え方がそもそもおかしいです。
妊娠する時期を間違えたら、それは無責任になるのでしょうか。

大人たちより中学生の生徒たちの方が、
よっぽど水野先生を想って行動していたと思います。
大林君も成田さんも、担任の先生の為に一生懸命で・・・

子供でも悪いことをしたらすぐに逮捕する嶋田ですが、
教師たちは話せばわかると思っていますね。この点は、私は嶋田に共感します。
学校内で起きた事でも犯罪は犯罪。

昔は先生に殴られこっぴどく怒られたから良かったけれど、
今の時代教師がそんなことしたら、教師側が人生棒に振ることになりかねない。
本当に嫌な時代ですよね・・・・

事故死した教師、学校の秘密・・・

まだまだ謎が多い青のSP、来週も楽しみです♪
あんこさん~40代女性~

スポンサーリンク