アノニマス 4話のネタバレ あらすじと感想!倉木に嘘の情報を流したのは誰?
スポンサーリンク

アノニマス 4話のネタバレ あらすじ

万丞渉が1人釣り堀にいると男が近づいて来て、渡し物があると封筒を手渡す。

男が去った後、中身を確認するとアドレスが書かれた紙が入っていた。

万丞は携帯を取り出し、情報が欲しいと書かれていたアドレスにメールを送る。

 

すると、あなたにとって正義とはなんですかと返信が来る。

一方、指殺人対策室には、都内で税理士をしている

男性と共に妻がやって来るが、元アイドルの平坂澪だとわかり、菅沼凛々子は驚く。

菅沼と越谷真二郎が興奮する中、2人は本題に入ろうとする。

 

そんな中、万丞が出勤して来る。2人の相談というのは、

週刊誌に取り上げられた「ねこねこW不倫」についてだった。この記事が出てから、

澪の仕事先にもクレームや脅迫メールが届くようになっていた。

しかし、そんな事実は無く、出版社を相手取り、

訴訟を起こそうと考えている事を夫婦は話す。

 

万丞は澪の表情が気になり、記事の内容がデマか調べ始める。

そんな中、裏K察に澪の不倫の記事がアップされる。

澪の自宅を訪れた万丞と碓氷咲良は、記事の内容が事実で、

半年前から月に1回ほど密会していた事を知る。

 

夫が自分を見ていないと感じ、マッチングアプリで相手と知り合っていた。

相手の名前などはわからず、うつせみ、ソマリという名で呼び合っていた。

裏K察に柳田の仕業と書いていた事から、

澪に心当たりがないか尋ねると名前を聞いた瞬間、取り乱すのだった。

 

柳田は3年前、夫婦を地獄に突き落とした張本人だった。

宅配便を届けに来た男は、澪が元アイドルの平坂澪だと知ると、

大ファンだと伝えてサインを求めて来る。澪は恐怖を感じ

玄関の鍵を閉めるが、それ以来、男のストーカー行為は日に日にエスカレートしていっていた

 

懲役1年執行猶予3年の罪となるが、男は懲りずに再び澪の前に姿を現していた。

澪の心の拠り所となっていたのがうつせみの存在だったが、

マッチングアプリのアカウントから名前が消える。

しかし、その後すぐにうつせみから連絡が入り、

家族にバレそうになり、1回削除した事を伝える。

 

万丞達が柳田の捜査を進める中、柳田の姿を見つけるが取り逃がしてしまう。

そんな中、澪のSNSにねこやなぎという人物から、

明日の収録を見に行くと連絡が入る。

誰も知らないはずの情報だったが、

唯一知ってたのが、うつせみだとわかる。

 

万丞は四宮純一に、うつせみについて調べるよう伝える。

すると、うつせみを名乗っていた男が、

現在すずむしというアカウント名を使っている事がわかる。

柊有起哉という歯科医師で、澪の件で家族が崩壊してしまったと愚痴っていた。

 

そして、収録日当日、現場に怪しい男が現れたとして

夫が後を追いかけるが、取り逃がしてしまい腕に怪我を負う。

現場に落ちていた包丁は、柳田の物だった。

澪は夫が守ってくれた事に感謝し、

不倫していた事実を打ち明けるのだった。

 

その後、捜査で柳田の包丁が盗まれていた事がわかり、

防犯カメラの映像から澪の夫の犯行だとわかる。

夫は澪が不倫している事を許せず、

アカウント削除後のうつせみ名を乗っ取り、

妻とやり取りをしていた。

真相が明らかとなったものの、夫婦はやり直す決断をする。

 

そして、万丞と羽鳥賢三の因縁が明らかになる。

2年前ある殺人事件の捜査で、被疑者とは別に

真犯人がいるとの情報をもとに、倉木セナは単独捜査を行う。

容疑者を深追いし過ぎて銃で撃たれ、

相棒の暴走を止められなかったとして、

万丞は一線を退く事となる。

 

その後、倉木が得た情報はガセネタだったとわかる。

その頃、万丞は、車椅子に座る、ある人物の元を訪れていた。

その正体は相棒の倉木であった。

スポンサーリンク

アノニマス 4話の感想

指殺人対策室に舞い込んで来た、事件の相談。
不倫騒動の記事により苦しんでいた、元アイドル平坂澪。
身に覚えのない事だと話しており、誹謗中傷の犯人を
捕まえて事件は解決すると思っていました。しかし、不倫は事実であり、夫の愛情が得られないが故の
行動だという事が判明します。

夫がある身でいけない事とわかりながら、
うつせみの優しさに惹かれていく。
その気持ちは良くわかりますが、相手の家庭も壊す事となり、
もう少し考えて行動して欲しかったなと思いました。

その一方で、澪の夫も同じような気持ちを抱いており、
夫婦の気持ちのすれ違いが今回の騒動を起こしてしまいました。
夫婦としてもう一度やり直す事を決断した2人。

今度はすれ違いが生じないよう、
しっかりコミュニケーションを取って欲しいなと思いました。
そして、万丞の相棒であった倉木。

倉木の事で苦しむ万丞の様子から、
倉木が亡くなったと思い込んでいたのですが、
生きていた事がわかりました。

万丞が倉木に話しかけるものの反応は無く、
銃で撃たれた際、もしかしたら記憶喪失に
なってしまったのではないかと感じてしまいました。
しかし、倉木に嘘の情報を流したのは誰なのだろうか。
万丞は、この真相を探ろうとしているのかもしれません。

ペンネーム:くるみちゃん:30代女性

スポンサーリンク