【公式見逃し動画】35歳の少女の無料視聴方法は?無料配信サイト情報をいち早く
スポンサーリンク

35歳の少女の動画の見逃し配信を無料視聴する方法

 ドラマ「35歳の少女」の見逃し動画を無料視聴できるのはHuluです!

Huluは35歳の少女のほか日本テレビ系列のドラマを独占配信しているそうです。

 今ならHuluは初回2週間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません。

Huluの特徴

・35歳の少女のほか日テレの動画が豊富!

・人気映画・ドラマ・アニメ等70,000本以上!

・スポーツ中継、ニュース、音楽ライブ等も楽しめます!

・最新のドラマなど旬のコンテンツがライブで楽しめる!

・マルチデバイス対応で いつでも・どこでも視聴可能!

スポンサーリンク

35歳の少女見逃し配信状況を他の無料動画配信情報と比較

配信サービス名 配信状況 無料期間
Hulu 2週間今すぐ視聴
FODプレミアム 2週間今すぐ視聴
Paravi 2週間今すぐ視聴
U-NEXT 31日間今すぐ視聴
dTV 31日間今すぐ視聴
TSUTAYATV&DISCAS 30日間今すぐ視聴

「35歳の少女」を快適に無料視聴するにはHuluがおすすめです!

https://twitter.com/shojo35/status/1338332206624731136?s=20

全話を独占配信中

 2週間の間に解約すれば無料

Huluの登録方法と解約手続きの方法

登録方法は簡単5ステップ
①Huluにアクセス
②今すぐ無料でおためしをタップ
③アカウントの新規登録(お持ちのメアドでOK)
④支払い方法の登録(クレジットやその他)
⑤2週間の無料トライアルを開始をタップ
たった3分程度で簡単完了!Huluから確認メールがあなたの登録したメールアドレスに届くので、そのURLをクリックすれば登録完了!※支払い情報の登録をしても無料トライアル中に解約すれば料金は発生しませんので安心して下さい
解約方法も簡単4ステップで完了
① Hulu公式サイトへアクセス⇒「マイページ」
②「アカウント」をタップ
③ IDとパスワードを入力
④「契約を解除する」をタップ⇒解約完了

「ご解約が終了しました」と画面に表示されればOK!

Huluの概要
主な項目 詳細表示
無料期間 14日間
無料期間中の解約 可能です
月間の料金 1026円(税込み)無料期間終了後
ダウンロード 可能です
見放題の作品数 70000本
独占配信 日本テレビ系ドラマ
2週間の間に解約すれば無料
「紹介している作品は、2020年12月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありま
すので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。」

Huluでは以下の作品も配信中!
◆#リモラブ~普通の恋は邪道~
◆東京タラレバ娘
◆私たちはどうかしている
◆未満警察ミッドナイトランナー
◆おじさんはカワイイものがお好き
◆親バカ青春白書
◆メンズ校
◆シロでもクロでもない世界でパンダは笑う
◆THE HEAD
◆コーヒー&バニラ
◆フランケンシュタインの恋
◆極主夫道
※動画共有サイトのDailymotion、Pandora、9tsuなどは
動画が無許可でアップロードされて違法サイトですのでおすすめできません!なぜならウィルスに感染する恐れがあるので視聴するなら
安心安全な公式動画配信サービスのご利用を推奨します。
スポンサーリンク

35歳の少女の放送曜日時間/出演者

放送月日 2020年10月14日~
放送曜日/時間 毎週土曜日の22:00~
脚本 遊川和彦
主題歌 キングヌー「三文小説」
登場人物/キャスト
  • 柴咲コウ/今村望美
  • 坂口健太郎/広瀬結人
  • 橋本愛/時岡愛美
  • 田中哲司/今井進次
  • 富田靖子/今村加奈
  • 竜星涼/今村達也
  • 鈴木保奈美/時岡多恵
  • 細田善彦/相沢秀男
  • 大友花恋/林田藤子
放送局 日本テレビ(日テレ)

35歳の少女のあらすじと感想

35歳の少女のあらすじ

幸せの象徴のような新築の一軒家・今村家。お遣いを頼まれ意気揚々と出かけた10歳の長女・望美のぞみはその日、自転車のブレーキが壊れているとも知らず坂道を飛ばしていた。しかし次の瞬間、コントロールを失った自転車は崖から大きく放り出され……。

病室で目を覚ました望美(柴咲コウ)の目の前に広がるのはなんと25年後の『現在』!実は事故の後25年間眠り続けた彼女は、母・多恵たえ(鈴木保奈美)の必死の介護によって奇跡的に目を覚ましたのだった。しかし、明るく優しかった多恵は笑顔を見せない冷たい女性に、格好良かった頼れる父・進次しんじ(田中哲司)はパッとしない中年に、可愛かった妹・愛美まなみ(橋本愛)は不機嫌で刺々しい大人に変わり果てていた。そして望美自身は、心は10歳、体は35歳の『35歳の少女』である自分を受け入れられず……。

現在に馴染めないまま退院を迎えた日。多恵はお祝いにすき焼きを用意していた。実はすき焼きは家族にとって因縁の料理。まだ声の出せない望美を囲み、ある“秘密”を抱えたぎこちない家族の食卓が始まる。そこに望美の初恋相手・広瀬結人ひろせゆうと(坂口健太郎)が訪ねてくるが……。35歳の少女公式サイト(https://www.ntv.co.jp/shojo35/story/01.html)

35歳の少女の感想

30代:女性
「35歳の少女」は、柴咲コウが演じる主人公・望美が10歳の時に事故に合い、意識を取り戻さないまま25年が経過し、目覚めた時にタイトル通り身体は35歳なのに心は10歳のままという状態から物語はスタートします。幸せな子供時代が一瞬にして不幸になってしまう訳ですが、望美だけじゃなく望美を取り巻く登場人物がみんな不幸という設定。両親は離婚をしてしまい、妹は絶縁状態、初恋の相手も教師になるものの生徒が自殺した事をきっかけに退職。柴咲コウの演技自体は子供っぽい表情から回が進むにつれて大人びた表情になりその演技の幅が凄いと思う一方で、脚本がイマイチな点が気になってしまいました。望美が新興宗教の教祖的な存在になったり、ユーチューバーになったりとその都度何でと思って観ていましたが、最終回は今までの不幸は一体何だったんだろうと思うような展開に困惑してしまいました。最終回だからハッピーエンドでなければいけないと脚本家が思っているのかどうか分かりませんが、ご都合主義でいきなり全てが上手くいき始めても感情移入して良かったねとは思えず、正直観なければ良かったと思ってしまいました。
30代: 女性
「35歳の少女」は、最初は25年も眠り続けて急に目覚めるなんてことはあり得ないと思いましたが、10歳の事故に遭った当時のままだったからこそ周りの人々を変えることができたのだと思います。大人になってからは忘れてしまった幼い頃の純粋な気持ちがみんなの心に響いていい方向に向かえたところがよかったです。良くなかったところは母が亡くなってしまったところです。寝たきりの希美に一番親身になって向き合い自分の人生よりも優先して生きてきた母だから、大人になったのぞみと共に生きていて欲しいと思いました。最後はみんなハッピーエンドで、結人君は素敵な先生になることができたし父親と再婚した息子もハウスメーカーで働き始め、真奈ちゃんも夢を叶えてデザイナーの会社に就職でき何よりも希美が35歳にしてアナウンサーの夢を叶えることができたのはよかったと思いました。事故に遭った希美が25年の時を経て目覚めた意味があるドラマでした。
40代:男性
このドラマに関してはいろいろと不満というかそれはおかしいだろと感じる場面が多々ありました。先ずは目を覚ました望美のために多恵が気を使い望美の初恋の相手結人を呼んであげた場面です。代行業をしていた結人が夢見るような世界ではないとブチ切れだしたのが不可解でした。何故、久しぶりに出会った望美達の雰囲気にそこまで苛立つ結人がいたのかよくわからなかったです。結人が異常なほどヒートアップしていたのが驚きのシーンでした。そして望美が結人の家を出たあとに突如、覚醒してしまったのも不思議な光景でした。冷め切っていて何もかも悟ったような望美というのが違和感を感じました。いきなり人間が変わってしまった望美というのはちょっとやり過ぎの変貌で戸惑ってしまいました。最終回にしてもシリアスな雰囲気のドラマだった割にはみんながハッピーエンドみたいな感じだったのは物足りなかったです。ここまでの暗い目の展開はなんだったんだろうとは思ってしまいました。
30代:男性
僕が好きだった「過保護のカホコ」や「同期のサクラ」のドラマを手掛けた遊川和彦さん脚本。そして演技に定評があるキャストばかりが並びとても期待していたのですが、10話では全然まとまらなかったのか最初から設定に無理があったのかなと感じました。正直最終回に無理やり終わらせようとした感が拭い切れず、そのため最終回の質がとても悪く残念なドラマになってしまったと思います。
1話目で今までにないドラマで引き付けられましたが、9話までに出演者ほぼ全員が不幸に陥り、「え?これあと一回で終われるの?」と誰もが感じたと思いましたが最終回でまさか全員が夢をかなえてハッピーエンドになるという「今までの話は何だったんだ」というドラマでした。
柴咲コウさんの演技が本当に素晴らしかっただけに本当に残念です。途中でyoutuberもどきになったり役としてはどうかと思いましたが、中身が10歳の心からの芝居は本当にすごいと圧倒されました。このドラマはこけたかもしれませんが、是非また柴咲コウさんには別のドラマで主演として帰ってきてほしいと切に願います。
30代:女性
自転車事故にあった10歳から25年間眠り続けた主人公・望美が目覚めて35歳となった自分を受け入れられない姿や10歳当時に思い描いていた明るい未来になっていない現実に思い悩む姿に胸が痛みました。バラバラになってしまった家族を元に戻そうと必死になる望美が見られますが、思い通りにいかず、回を追う毎に精神年齢が成長していくと共に現実の厳しさを知り、人と関わりを拒否する展開が現実の厳しさをより強く感じさせました。絶望とも感じる望美の行動ですが、母親の死によって自分がどれだけ無駄な時間を過ごしていたかに気付き、失った存在の大きさから向き合う大切さに気づかされる展開に涙が止まりませんでした。望美の空白の25年間を自身の人生をかけて埋めてくれていた母親の愛情を知り、生きることに再び向き合う姿が見られる結末は心震えました。生きる意味とは何かを教えてくれた作品であり、生きていることこそが奇跡であり、生きていくことは奇跡の連続だと感じた素晴らしい作品でした。
スポンサーリンク