その女、ジルバ 2話のネタバレ あらすじと感想!新の滑稽な・・・
スポンサーリンク

その女、ジルバ 2話のネタバレ あらすじ

新は、憧れだったアパレル会社の販売員として働いていましたが、結婚直前になり婚約者に裏切られてしまい結婚が破談になった上リストラにより倉庫勤務に回されてしまい、

 

夢も貯金もなく恋人もいないというお先真っ暗な状態でパッとしない40歳の誕生日を迎え、いつものように出勤すると婚約を破棄した元カレである前園が新任の課長として紹介され、

よりによってこの世で一番会いたくない男と同じ職場で働くことになってしまいました。

 

そんなストレスまみれな誕生日の帰り道に、偶然レトロなバー「OLD JACK&ROSE」で40歳以上のホステスを募集している張り紙を見て、

 

時給2000円という高時給にも惹かれて新は思い切ってお店の扉を開けてみると、そこは超高齢熟女バーだということが判明し、

 

新はそこで見習いホステス「アララ」として働くことになりました。誰に祝われることもなくネガティブに感じていた40歳の誕生日を「OLD JACK&ROSE」のみんなに祝福され、

https://twitter.com/tokaitv_dodra/status/1350401308654649356?s=20

心から喜び感動し少し前向きな気持ちになり40代のスタートを切れました。パワフルな熟女ホステス達の明るくポジティブな姿に影響を受けて前向きになり楽しそうにしている新の姿を見て、

 

昼間の職場の同僚達からはホストに貢いでいるのではないかと疑われてしまいます。そんな中、「OLD JACK&ROSE」ではくじらママから料理を教わったり、

 

エリーやナマコやひなぎくといった熟女ホステスの先輩達から色々教わり、慣れないながらも一生懸命に接客をする新でしたが、

 

フロアが暗転しムーディーな音楽が流れ始め「OLD JACK&ROSE」恒例のダンスタイムが始まると、ダンス経験のない新はどうすれば良いのか分からずにひたすらオロオロしてしまいます。

 

そして、常連客の花山に誘われて一緒に踊ってみることになった新でしたが、その姿はまるで相撲の取り組みのようになってしまいフロアの中で周りを巻き込みながら激しくぶつかり、

https://twitter.com/tokaitv/status/1350216224605552640?s=20

最終的にお客さんの膝の上に着地してしまいました。

 

そんな新の姿を見かねたマスターの幸吉はダンスの特訓を言い渡し、新はダンスの練習に明け暮れます。

 

最初は基本のステップもうまく踊れなかった新ですが幸吉をはじめとするみんなの応援もあり、

みるみる上達していきダンスを踊る楽しさを知っていきます。

 

そして、再び常連客の花山がお店にやって来て一緒に踊ることになりますが以前とは違ってスムーズに息の合ったダンスを踊ることができました。

スポンサーリンク

その女、ジルバ 2話のネタバレ 感想

女性が40歳という年齢になるにあたっての心理などがとてもリアルに丁寧に描かれているドラマだと思い、
若いことが正義のように言われてしまうことの多い世の中で、

自分の年齢が上がっていくにつれて感じる女性の精神的なストレスや不安を代弁してくれるような作品だと思います。

私自身は30代なのでまだ新の気持ちが全て分かる訳ではありませんが、30歳になった時に感じた気持ちとも重なる部分も多くあったため共感しながら見ることができました。

そして、なんといっても池脇千鶴さんの役作りが素晴らしく、改めて女優としてのプロ意識の高い人なのだと思いましたし、

だからこそ40歳を迎えた女性のリアルな心情がダイレクトに伝わってきて見る人の心に響くのだと感じました。

「OLD JACK&ROSE」のみんなと出会ったことで前向きに明るくなっていく新の姿を見ているとこちらまでなんだか元気をもらい前向きになっていく気がしますし、

ダンスを練習し始めるようになってから家事をしたり昼間の仕事をしている時にもダンスのステップをしていたりする新の姿がとても可愛らしくてほっこりしながら癒されました。

これから更にどんどん素敵で魅力的な女性になっていく新の姿を楽しみにしたいと思います。
3. ペンネーム:ありー~30代女性~

スポンサーリンク